謎の石「ユーパーライト」

2018/09/22

発見の米男性、探索ツアー

米ミシガン州に住む男性が光を放つ岩石をスペリオル湖の湖畔で発見した。

怪しく光るその石は「ユーパーライト(Yooperlite)」と名づけられた。
石の一部は溶岩と見られている。

発見したのは宝石や鉱石の商人であるリック・リンタマキ(Eric Rintamaki)で、ミシガン州のアッパー半島で、ブラックライトを持って岩石を探していた時に見つけた。

スペリオル湖には光を放つ石がたくさんあり、ブラックライトを使うことで発見しやすくなるという。

ユーパーライトという名前は、「Yooper」というアッパー半島に住む人たちのニックネームからとった。

ミシガン工科大学とサスカチュワン大学が調査を行った結果、

ユーパーライトには「蛍光性方ソーダ石含有閃長岩クラスト(syenite clast containing fluorescent sodalite)」という科学的な名前が与えられた。

この石はゴツゴツとした火成岩のかけらから出来ており、成分は花崗岩に似ている。

だが、ユーパーライトの最大の特徴は蛍光性方ソーダ石が含まれていることだ。

方ソーダ石(sodalite)は長波長の紫外線を浴びせると光り、ユーパーライトにはそれによる黄色っぽいオレンジの線がある。

ミシガン工科大学で行われた走査型電子顕微鏡(SEM)検査の結果、蛍光性の鉱物は方ソーダ石だということが分かった。

閃長岩はミシガン州ではよくある岩石だが、方ソーダ石が見つかったことを示す文献はこれまでない。

ユーパーライトはミシガン州にもともとあったものではなく、カナダのオンタリオ州にあるアルカリ貫入岩「Coldwell Alkaline Complex」から、大陸の氷河作用によって運ばれてきたものと研究チームは見ている。

方ソーダ石は1811年にグリーンランドで初めて見つかったが、1891年にオンタリオ州でも見つかって広く知られるようになった。色は深い青で天藍石やラピスラズリに似ている。

ユーパーライトを発見して以来、リンタマキはUVライトのデバイスをアップグレードし、ユーパーライトをイーベイで販売しているほか、「Yooperlites」というサイト(https://www.yooperlites.com/)を通じ、ユーパーライトを見つけるためのツアーの参加者を募集している。

リンタマキはユーパーライトをはじめとする素晴らしい岩石や鉱物を探しに、世界の人々が訪れてくれることを願っている。

日本人の対中感情

【米調査】

日本人の対中感情「中国に否定的」78%「習主席を信頼しない」約8割

2018/11/13(火)

・日本人の対中感情、依然否定的=「習主席信頼しない」約8割—米調査

【ワシントン時事】米世論調査機関ピュー・リサーチ・センターが12日に発表した世論調査によると、中国に対して否定的な感情を抱く日本人の割合は78%に上った。

93%だった2013年から毎年低下を続けているが、依然高い水準を維持していることが分かった。

中国の習近平国家主席を信頼しないとする人は76%だった。

一方で、79%が「中国は10年前よりも国際的に重要な役割を果たしている」と見なしていることも明らかになった。

調査は日本で5~6月にかけて行われ、1016人が回答した。

また、日本政府が外国人労働者の受け入れ拡大を検討する中、今回の調査では、移民の受け入れ人数について「現在の水準を維持すべきだ」が、58%を占めた。

移民の存在がテロの危険を高めるかについては「高めない」が60%で、「高める」の33%を上回った。

A級戦犯とユダヤ人

2018/11/12(月)

A級戦犯とユダヤ人

・東条英機  -満州に逃げてきたユダヤ人に穏健な措置を取るように指示し、ドイツからの抗議を一蹴。

・松岡洋石  -凍死寸前のユダヤ人難民のために列車を手配。神戸に来たユダヤ人のために便宜を計らう。

・荒木貞夫  -文部大臣の時、ドイツから在日ユダヤ人教師の追放を要求されるも、民族差別には 同意できないと拒否。

・東郷重徳  -亡命ユダヤ人医師の婚約者を救出。恩義を感じたその医師は、東郷の主治医となり、日本で死去。

・広田弘毅  -命のビザを発給した杉原千畝の尊敬する人物。亡命ユダヤ人音楽家の身元保証人となる。

・板垣征四郎-五相会議において、ユダヤ人も公平に扱うべきと主張し、その結果、ユダヤ人を公平に扱うのが日本の国策となった。

多くのユダヤ人を救った人物がA級戦犯にされた歴史を世界は知って居るのか?

年前の便所の落書き 美少年

1800年前の便所の落書き 美少年が自分のアレをビヨ~ン トルコ

2018/11/10(土)
古代ローマ時代のトルコの遺跡から、約1800年前の公衆トイレの遺跡が見つかった。

モザイクタイルで彩られた床から土を取り除けると、ギリシャ神話の美少年が自分の男性器を引っ張っている姿を描いたタイル画が現れた。

洋の東西を問わず「便所の落書き」というのは、品がよろしくないのが一般的だが、古代ギリシャやローマでも現代の感覚とあまり変わらないようだ。

米国ネブラスカ大学リンカーン校の考古学チームはこの夏、地中海に面したトルコ南部アンタキヤにあるアンティオキア遺跡の発掘調査中、西暦2世紀に作られた公衆トイレを発見。

発掘チームのリーダー、マイケル・ホフ氏によると、公衆トイレは当時の評議会の建物に隣接していた公衆浴場内に作られたものであることから、当時は多くの男性が使用した可能性が高いという。

チームによると、古代ローマ時代の遺跡からは多くの公衆浴場やトイレが発見されているが、便座やタイルが残っている例は少なく、この浴場でも唯一保存状態が良いのが、タイル画だという。

描かれているのは、ナルシストの語源となったギリシャ神話の美少年ナルキッソスと、トロイの王子でとして知られるガニュメデス。

ナルキッソスは自分の男性器を引っ張り出してうっとりと見つめる表情を浮かべている。

発掘者によると、この絵は水面に映った自分の美しい顔に見惚れて、口づけしようとして水死した伝説を下敷きにしたパロディの可能性が高いという。

一方、ガニュメデスのほうは、大きな鳥に抱えられるようにして空を飛んでいるが、その手には棒の先にスポンジのようなものがついた道具を握りしめている。

神話のガニュメデスはワシに化けた万能の神ゼウスにさらわれて、オリンポスの神々に酒を注ぐ給仕にさせられたとされるが、この絵では聖杯の代わりに、トイレ掃除用のスポンジを持たされているからオモシロイ。

「タイル画の意味を理解するためには神話を知らなければなりませんが、古代ローマの人たちは用を足しながら思わずニヤリとしたと思いますよ」とホフ氏。

アンティオキアは、「暴君」で知られる皇帝ネロの治世にあたる西暦1世紀に生まれた古代都市で、ピーク時には最大6000人以上の人口を抱えていたが、11世紀までに滅びたと考えられている。

考古学チームは、今回の発掘で別の公衆便所からも3000枚近い銀貨を見つけており、これらは地中海の海賊が後世に埋蔵した可能性があるという。
日本では「不浄の場所」というが、公衆便所には古代のロマンがたくさん詰まっているのだ。

(左がナルキッソス。自分の男性器を握りしめてうっとり?右がガニュメデス)

関西生コン事件

逮捕された武建一は、立憲民主党・辻元清美議員と親密な関係 (衆・大阪10区)

2018/11/10(土)

土日は政治スレOK

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」にジャーナリストの須田慎一郎が出演。関東では報じられない関西生コン事件について解説した。

関西生コン事件とは

この夏、滋賀県内の倉庫建設工事をめぐる恐喝未遂事件で、関西の生コン業界のドンが逮捕されたが、これに凍り付いたのが野党議員たち。

実はこのドンがさまざまな議員たちを支援していたということで、あまり報じられていなかった理由も含め、須田慎一郎が解説する。

飯田)先週リスナーの方からメールが来ました。「関西生コンについて関東ではぜんぜん話題になっていません。解説をお願いします」と。

エンディングで予告した後に心配するTwitterも来ていて、きょうも「これを特集して番組が何もなければいいけど」とあります。

須田)この話題、関東でメガメディアはまったく報じていません。関西でもほとんど報じられていません。

フジテレビ系列の関西テレビは腹が据わっていて、しっかり報道しました。

NHKはサラッと流し、他のメディアにいたってはまったく触れていません。

本来なら暴力団を取り締まる組対課が動く

須田)これはけっこう大きな問題です。そもそも8月28日に滋賀県警の普通なら暴力団を取り締まる組織犯罪対策課がこの事件を取り扱ったのが大きなポイントです。

滋賀県下で倉庫工事をやっていて、そこに生コンクリートを納入していた商社に「ウチから買え!」と圧力をかけたということで威力業務妨害で逮捕されたのです。

しかし、これだけでなく、その後は大阪府警警備部(公安)が逮捕に至った。

これ以外にも、京都府警も家宅捜査などの強制捜査に乗り出していて、奈良県警も同様です。

近畿2府4県内の、兵庫と和歌山を除く4府県がすでに動いているのです。

問題となった組織の正式名称は「全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部」です。

2つポイントがあって、1つは「労働者の産業別組合」です。もう1つは、これ以外に「協同組合」を組織していること。

生コン業者というのは中小業者で、コンクリートメーカーからコンクリを買い、それを生コンクリートにして水を加え、攪拌して、砂を加えて使える状態にする。

そしてミキサー車に乗せて、各工事現場へ運んで行く。

それを作っている中小業者の組合を組織して、統括していたのが今回逮捕された、生コン業界のドンと呼ばれる武建一被告です。

労働争議は刑法と民法が適用されないためこれまで逮捕できなかった

須田)組合員は労働争議を起こすのです。そこへ行って団体交渉を要求して、出て行こうとしているコンクリートミキサー車を実力で止める。

これは意外に知られていないのですが、生コンの寿命は90分で、すごく短いのです。

だから、現場近くに作る工場がないと間に合わず中小業者が多い。

それを妨害されると会社としては困ってしまうのです。

飯田)ミキサー車がグルグル回っている内部で固まってしまうのですね。

須田)だから、何らかの解決金を払い、争議を解決するのです。

これは現在の日本の法律がおかしいのですが、労働争議となると刑法と民法が及ばないのですよ。

そこで仮に暴力事件があったとしても、「組合活動だから」という大義名分で、刑事事件としてほとんど立件されない。

今回逮捕に漕ぎ着けた最大の理由は、「組合員がいないから」です。

大阪では特に典型例で、「組合員がいないにも関わらず搬出妨害していた」ということで逮捕になりました。

飯田)組合員のいない会社に行ったのですか?

須田)行って、「ウチから生コンを買え!」とね。

飯田)そうなると、争議以前の問題になるわけですね。

須田)あるいは「協同組合に入れ!」とかね。協同組合に入ると、生コンを業者が売るたびに1立方メートルにつき、数百円の上納金を払わなければいけないのです。

だから、言ってみれば労働組合とは名乗っていますが、実態上は暴力団組織と変わりません。だから組対課が動いたのですよ。

逮捕された武健一~辻元清美議員と親しい仲

須田)実は2つ大きな問題があります。1つは、このような法を逸脱した暴力団紛いの労働組合から、非常に親密な関係を結んで政治献金を受け取っていた国会議員がいることです。

その最右翼にいるとされているのが立憲民主党の辻元清美さんです。

彼女は確認できた段階でも昨年の旗開き、つまり新年の仕事始めに行き、
満面の笑みで挨拶して、捕まった武建一被告については「大阪のお父ちゃん」と呼んでいる、親しい状況です。それが1点目。

もう1つは、暴力団とのつながりです。

飯田)暴力団ともつながりが?

須田)いや、かなり疑われてはいるのですが、先述した労働組合運動活動をしてお金を集めた資金がどこに使われたかについて、決算報告書がまったく支離滅裂で、監査不能に陥っています。

公認会計士を入れて監査していますが、監査不能とか、そういう結論しか出ていない。

だから国税がこの辺にはちゃんとメスを入れないとダメだと思います。

「その辺の金が暴力団に動いているのでは?」という疑惑がある以上、キチンと決算・監査をやるべきです。

場合によっては政界にも流れている可能性があります。

飯田)「いま表に出ていない金」だけでも疑われる部分がありますが、監査できないとはすごいですね。

須田)警察のやるべき役割は、徹底的な資金使途を、きちんと行うことだと思います。

恐らく、今後は京都府警や奈良県警も事件化しますからね。

ただ、いろいろと野党の国会議員も動いています。

私の聞いたところでは、自民党の警察に顔が効く国会議員に頭を下げているとも聞いています。

そういう政治取引はせずに、キチンと事件化すべきことは事件化すべきだと思います。

韓国は国際法違反国家

「韓国は国際法違反国家」として在外公館に韓国と全面戦争に突入と通知

2018/11/09(金)

日本政府が強制徴用をめぐる韓国最高裁の判決に対し、本格的な国際世論戦を始めた。

「韓国は国際法違反国家」として世界の在外公館を中心に全面戦争に乗り出したのだ。

9日の産経新聞によると、日本政府は韓国最高裁の強制徴用判決が不当だという点を各国の在外公館を通じて発信するよう指示したと報じた。

すでに米国、英国、フランスなど一部の大使館は韓国最高裁の判決が出た直後、河野太外相の名義で発表した談話を英文版に翻訳し、ホームページと大使のSNSに掲載している。

さらに領事館を含む在外公館などに対し、現地メディアを積極的に活用すべきという指示も出した。

産経新聞は外務省幹部の言葉を引用し、「韓国最高裁の判断は明確な国際法違反に当たる」という内容で大使が現地メディアに寄稿するのが対外発信の中心になると伝えた。

別の外務省幹部は「日韓間の問題をひとごとだと考えている諸外国にも正しく理解してもらうには、今のタイミングで発信していくべきだ」と述べた。

日本政府が今回の韓国最高裁の判決を控え、他国への対応まで準備するなど緻密に戦略を立て
てきたことが分かる。

30日の最高裁の判決直後、李洙勲(イ・スフン)駐日韓国大使を呼び出した席で河野外相は
「なぜ韓国政府は立場を決めないのか」と抗議をしたという。

李大使が「首相室が対策を用意するので時間を置いて待ってほしい」と述べたことに対する反応だった。

実際、日本政府は公開的に何度も韓国政府の速やかな立場表明を促してきた。

河野外相は2日、自民党外交部会の議員と会った席で「(韓国最高裁の判決は)100%韓国側の責任で(韓国が)対応を考えなければいけない」とし「いつまでも(韓国側の対応を)待つことはできない」と述べた。

覚醒剤製造容疑

覚醒剤製造容疑:茨城の少年も逮捕 元大学生に原料郵送

2018/11/06

名古屋市緑区の元大学生の少年(19)が高性能爆薬などを製造したとされる事件で、愛知県警名東署捜査本部は6日、少年と共謀して覚醒剤を製造したとして茨城県古河市の派遣社員の少年(17)を覚せい剤取締法違反(製造)容疑で逮捕した。

2人はソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で知り合い、化学知識の情報交換をしていた。

捜査本部は、2人は共謀して8月19日ごろ、元大学生の自宅で覚醒剤約0.612グラムを製造したとしている。

2月ごろにSNSで知り合い、派遣社員の少年が元大学生に覚醒剤の原料の一部を郵送していたという。

派遣社員の少年は「覚醒剤を作っていたことは分かっていました」などと供述し、容疑を認めているという。

元大学生は6日までに、覚せい剤取締法違反(製造)と、3Dプリンターなどを使って拳銃を造ったとする武器等製造法違反(製造)の両容疑で、名古屋地検に追送検された。

元大学生は覚醒剤について、これまでの調べに「興味本位で市販薬から作った。

自分で使うつもりはなかった」と供述していた。

8月に県警に逮捕された後、大学を自主退学したという。

元大学生宅の捜索で、発射機能のあるプラスチック製拳銃や覚醒剤入りの液体が見つかっていた。

名古屋地検は10月17日、爆発物取締罰則違反、火薬類取締法違反、銃刀法違反、覚せい剤取締法違反(所持)の非行内容で名古屋家裁に送致していた。

領土議連、韓国に歴史的な文献や地図の明示を要求

領土議連、韓国に歴史的な文献や地図の明示を要求。島根県・竹島に上陸した韓国の国会議員に対する公開質問状送付

2018/11/06(火)

超党派の「日本の領土を守るため行動する議員連盟」の新藤義孝会長は6日、衆院議員会館で記者会見し、島根県・竹島に上陸した韓国の国会議員に対する公開質問状の内容を発表した。

韓国政府が竹島を領土と認識したことを証明する歴史的な文献や、自国領として扱っている地図などを明示するよう要求。

日韓両国の議員による協議機関の設置も提案した。

新藤氏は「日韓の真の関係をつくるためにも避けて通れない。

基本認識を聞かせてほしい」

と述べ、近く質問状を送付する考えを示した。

トルコ、古代ギリシャ風の衣装着た大使召還 「大スキャンダル」と批判

トルコ、古代ギリシャ風の衣装着た大使召還 「大スキャンダル」と批判

2018年11月05日

【11月5日 AFP】トルコ外務省は3日、建国記念の行事に古代ギリシャ風の衣装で参加したとして、駐ウガンダ大使を召還したと明らかにした。

トルコはギリシャ・ローマ文明が興亡した地でもあるが、国民の間にはギリシャに対する根強い反感がある。

召喚されたのは、女性のセデフ・ユブザルプ(Sedef Yavuzalp)駐ウガンダ大使。
ウガンダの首都カンパラで10月29日、1923年の同日にムスタファ・ケマル・アタチュルク(Mustafa Kemal Ataturk)がトルコ共和国を宣言したことを記念する年次祝賀イベントを主催した。

ところがウガンダ議会がツイッター(Twitter)に投稿したイベントの写真には、ユブザルプ氏がギリシャ風のローブをまとっている様子が写っていた。

隣に立つ男性のトルコ高官も古代ローマのトーガのような外衣を身に着けていた。

これに対し、民族主義的な論調で知られるトルコ日刊紙ソズジュ(Sozcu)は3日、ユブザルプ氏がギリシャ神話に登場するヘレネ(Helen of Troy)に、隣の男性がオリーブの冠をかぶって同じくギリシャ神話の神ゼウス(Zeus)に扮(ふん)したとして1面で批判。

「共和国宣言記念日(建国記念日)に起きた大変なスキャンダル」だと報じた。

近代トルコの領域にはギリシャ・ローマ文明の長い歴史が存在するが、トルコの民族主義者らは近代トルコ国家における「トルコ性」を強調する。

そのため彼らにとっては、トルコとギリシャの近縁さを感じさせる表現はご法度ということになる。

トルコ外務省は「ソーシャルメディアや報道機関に大使の写真が掲載されたことを受けて急きょ調査を開始した」と発表。

あわせて大使を召還したことも明らかにした。

報道によると、ユブザルプ氏はイベントで今年の「トロイア年(Year of Troy)」の広報活動をしていたのだという。

トロイアの遺跡はトルコ西部の町チャナッカレ(Canakkale)郊外にある。

(c)AFP

「撃てとは言っていない」

「撃てとは言っていない」 トランプ大統領、不法移民対策で発言後退

2018年11月03日

【11月3日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は2日、メキシコとの国境から米国への入国を試みる中米からの不法移民が米兵に投石すれば、米兵が移民に向けて発砲することもあり得るとしていた発言を後退させた。

トランプ大統領はホワイトハウス(White House)で報道陣に対し

「私は撃てとは言っていない」

「兵士たちは撃たなければならないということはない。私が望んでいるのは、こうした人々が投石をしないことだ」

と説明した。

さらに、メキシコ国境で投石する人や難民認定を申請する人は「長期間拘束されることになる」と述べた。

トランプ氏は1日、不法移民対策についての記者会見で、メキシコを通過して米国を目指している数千人の移民集団が、「悪意を持って暴力的に」メキシコ警察に向けて石を投げたと指摘し、次のように述べていた。

「われわれはそのような行為に我慢することはない。もしわが軍に石を投げたなら、わが軍は反撃する」

「私は兵士たちに石をライフルだと思えと言った。移民らがメキシコの軍や警察にしたのと同じように米軍に石を投げるなら、その石はライフルと同じだと思えと言った」

6日に迫る中間選挙を前にトランプ大統領の発言は日に日に攻撃的になっており、野党民主党がメキシコとの国境を開放し、「無法者」や「レイプ犯」などの脅威を呼び込もうとしていると非難している。(c)AFP