李在鎔副会長の令状棄却にサムスングループ株が反騰

李在鎔副会長の令状棄却にサムスングループ株が反騰
2017/01/19(木)

サムスン電子の李在鎔副会長に対する拘束令状が棄却されたことをうけ、サムスングループ株がいっせいに反騰した。

サムスングループが総帥オーナー拘束という過去初めての事態を避けたという安堵感が株価上昇を後押ししている。

19日午前9時50分現在のサムスン電子株は、前日に比べて2万2000ウォン(1.19%)上昇した186万9000ウォンで取り引きされている。

経営権継承の核とされているサムスン物産は、寄り付き直後に4%以上上昇したが、現在は2%の上昇で落ち着いている。

サムスンSDS・サムスンバイオロジクス・サムスン重工業なども小幅上昇している。

これに先立ち、李副会長がソウル中央地裁で令状実質審査を受けた18日、サムスン電子株は弱含みの取引(-0.05%)となった。

だが、特別検察官チームが李副会長に対する拘束令状を請求していた16日は2.14%下落した。

李副会長の持分が多いサムスン物産とサムスンSDSは連日下落が続いていた。
この日の反動をうけ、KOSPI(韓国総合株価指数)は1%近く上昇してのスタートだったが、現在はやや戻し、4.07ポイント(0.2%)上昇した2074.61となっている。

外国人投資家による517億ウォンの買いが入り、株価上昇を主導している。

個人投資家も108億ウォンを買う一方で、機関投資家は698億ウォンを売った。

コスダック(KOSDAQ)指数は9時50分現在、前営業日比1.81ポイント(0.29%)上昇した628.68を記録している。

ーーーーーーーーーーーー
うまく立ち回れば金持ちになれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です