…三菱重工、凄まじい凋落

未完のまま撤退の可能性…三菱重工、凄まじい凋落

2018/05/06(日) 04:45:22.76ID:CAP_USER9>>22>>26

MRJ90 飛行試験一号機
http://biz-journal.jp/images/post_18014_02.jpg

三菱グループのなかでも多大なる影響力を誇る三菱重工業・三菱UFJ銀行・三菱商事の3社は、三菱御三家とも称される。

その影響力は絶大だ。三菱グループは、三井・住友といった財閥系では新興でありながら、“組織の三菱”とされ、結束力が堅いことでも知られる。

三菱グループの中核をなすのは、三菱金曜会と呼ばれる三菱系列企業の会長・社長による懇親会に参加している主要27社だ。

その金曜会のなかでも、三菱重工は絶対的な存在として権勢を振るってきた。三菱重工は祖業の造船業を軸にして、軍事産業や原発・火力発電などの事業を展開してきた。

その規模もさることながら、三菱重工の“仕事”は、国家に欠かせない事業、というよりも国家そのものだった。

三菱グループ内では「三菱は国家なり」という言葉がある。

これは「三菱は私利私欲ではなく、国家のために働く」という企業理念を表しているが、その半面で「三菱が国家を支えている」という強い自負の表れでもある。

こうした言葉からも三菱の独尊ぶりは窺える。しかし、この言葉は正確ではない。

「三菱は国家なり」なのではなく、実体は「三菱重工は国家なり」なのだ。

「三菱重工は、グループ内では絶対的な権力を握る“長男”という扱い。それだけにプライドは高い。

2000年代までグループのリーダーたる実力を備えていた。最近は、プライドばかり高い“扱いづらい長男坊”と揶揄されている状態です」(経済誌記者)

そんな国家を裏で支える巨大な力を持つ大企業が今、大きく揺れている。

三菱重工が手掛けている事業が、軒並み不振に喘いでいるのだ。

■三菱重工本体にも不振の影

三菱重工は1970年に絶頂期を迎え、その後も長期にわたって我が世の春を謳歌していた。しかし、2016年に子会社の三菱自動車で燃費データ不正が発覚。

三菱自はたびたび不祥事を起こし、そのたびに三菱重工は尻拭いをさせられてきた。

そこには三菱の長男坊であるがゆえの責任感もあっただろうが、なによりも三菱自は三菱重工が1970年に一部門を分離独立させた会社だという側面も影響している。

三菱重工の“直系子孫”でもある三菱自の親会社は、当然ながら三菱重工。三菱自の凋落は、三菱重工の凋落でもある。

三菱重工を揺るがしているのは、三菱自動車だけではない。

三菱航空機もだ。YS-11以来途絶えていた国産旅客機の開発製造を期待されて2008年に設立した子会社・三菱航空機は、三菱リージョナルジェット(MRJ)を同年にロールアウト(報道公開)した。

それまでにもMRJは長い雌伏の期間があった。

それを経済誌ではたびたび揶揄されている。

それらの批判に負けず、MRJはようやくロールアウトした。しかし、その後もパッとしない。
MRJは「もうすぐ」「間もなく」と期待をもたせながら、延期に次ぐ延期を繰り返している。
その様子は、「まるで、ソバ屋の出前」(前出・経済誌記者)。そのためマスコミの間では「MRJは、このまま飛ばない可能性が高い」「単なる金食い虫」との認識が強まる一方だ。

三菱重工が事業化のために設立した子会社は、揃いも揃って不振に喘ぐ。

子会社だけなら、三菱重工の傷は浅い。だが、ついに三菱重工本体にも不振が忍び寄っている。

今年に入って、三菱重工は祖業である造船事業を、横浜に本社を構える三菱造船と長崎に本社を構える三菱重工海洋鉄構の2社に分社し、子会社化した。

三菱重工が造船業を分社・子会社化したことを「祖業を捨てた」と判断する関係者も少なくない。

今後、2社がどのような成長戦略を描くのかは不明だが、造船業界はM&A(合併・買収)を加速させており、他社に飲み込まれる可能性も指摘されている。

また、三菱重工はエネルギー事業でも苦しい立場にある。

三菱重工は日立製作所と共同で火力発電を手がける三菱日立パワーシステムズを14年に設立。火力発電では世界3位の規模を誇る同社だが、18年3月期の営業利益見通しは大幅に下方修正した。

東芝がコケた原発事業でも、三菱は同じ轍を踏もうとしている。

御三家の長男である三菱重工が醜態を晒しているなか、次男坊の三菱UFJ銀行もマイナス金利で苦しんでいる最中だ。

■三菱財閥内の政権交代

そんな沈滞ムードがはびこる三菱御三家のなかで、ひとり気を吐くのが三男坊の三菱商事だ。

三菱自は不祥事を起こして日産グループ傘下になったが、それでも三菱重工が一定の株式を保有していた。

このほど、三菱重工は保有する株式を三菱商事に売却する。

業界内では総合商社は7大商社と言われるが、現在のトップは伊藤忠商事。

しかし、伊藤忠は非財閥系であり、歴史や組織力を勘案すると「総合力は三菱商事が格段に上。
組織力は段違い」とライバルの総合商社社員は口にする。

 

三菱商事は食料ビジネスも絶好調。

ノルウェーのサーモン養殖業者に傘下におさめ、コンビニ大手・ローソンも完全子会社化した。
さらに、中国でも食料分野を拡大させている。従来から三菱商事が得意としている海外におけるガスや石炭などの資源の権益確保にも余念がない。

 

また、資源の権益確保のみならず三菱重工の領域であるエネルギー事業にも積極的に進出して、勢力の拡大を図っている。

 

三菱重工の不振によって、三菱グループ内のパワーバランスが変化を見せている。

三菱重工から三菱商事へ――。三菱グループ内での政権交代が、現実味を帯びてきた。
(文=小川裕夫/フリーランスライター)

ニュースサイトで読む: http://biz-journal.jp/2018/05/post_23224_2.html
Copyright c Business Journal All Rights Reserved.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です