頭脳で勝負だノーベル賞受賞

日本人は体力のトリノ五輪より、頭脳で勝負だノーベル賞受賞 !!!

日本人のノーベル賞受賞者は、物理学、化学、医学・生理学の分野など受賞者数が何と12人もとイタリアに並び世界7位前後も受賞。

逆に人口14億人もがひしめく凶産独裁中国人たったの2人のみ、軍国韓国人も平和賞1人のみ、凶産北朝鮮人0人、台湾人0人、フィリピン人0人、・・・・・・・・・

..ttp://www.eps4.comlink.ne.jp/~simoyama/novel-all1.htm

今後はさらに、日本人のノーベル賞受賞者の時代がくると欧米文明を築き上げた欧米人たち自ら高く評価しているのだ。

ノーベル賞級という最強の頭脳を多く生んできた日本人は人類への正に偉大な貢献を今後もし続けていくのだ。

日本人は優れた欧米文明を急速に吸収し、さらに進化させてきた極めて有能な民族である。
それもアジアで最もアジア離れした極めて優秀な民族であり飛びぬけているのだ。

ノーベル賞級という最強の頭脳を多く生んできた日本人の優秀さには『 日本語 』の独特な構造も深く関わっているようだ。

日本人の先輩たちが『 約千二百年前 』の、平安時代初期の、9世紀[ 紀元800年 ]頃に生み出した『 日本語 』の“ひらがな”の出現によって文字は民衆化され、民衆の総能力、総意を最も集め易い進化する言語となり、会話、文章、小説、議論、情報、科学、学問、理論を展開し『 日本語 』は高度技術文明の発展に無限の能力を発揮していくのだ。

ところで『 日本語 』は実に微妙な表現が可能である。高度な論理の発展性にも優れていて、使い難い漢字を主言語とせず。日本人が独自に開発した“ひらがな”言語である。

この“ひらがな”が考えられたのは今から『 約千二百年前 』の、平安時代初期の、9世紀[ 紀元800年 ]頃のことである。

しかも“ひらがな”も“カタカナ”も同時期に誕生した。

優れた言語ほどアルファベットたった26文字のごとくに『 文字 』の記憶そのものに負担をかけず、子供たちがいかに成長の早い段階で『 会話 』『 倫理 』を発達させ、将来の高度な思考、論理性を養うことが、より『 高度文明社会 』を形成するために重要になってくる。

であるから逆に漢字のみの言語は致命的な欠陥言語だ。

要するに大量な漢字を単に覚えさせるだけに子供の成長が費やされ会話の発達が遅れ高度理論の展開など更々不可能にしてしまうのだ。

無駄に大量な漢字を覚えさせることで多くの脳の記憶領域を費やしてしまい、一番重要な『 創造的 』な超高度理論を発展する頭脳領域の余裕などなくなるのだ。

この致命的な欠陥を見事に解決したのが『 日本語 』である。

日本人の先輩たちが開発した『 日本語 』の“ひらがな”言語は、劣った漢字主言語の『 致命的な欠陥を完全に解決 』したのである。

また英語の『 I love you 』とは、要するに『 [私]、[好き]、[貴方] 』であり表現として実は味けもそっけもなく、大体が接続詞がないことに気付くだろう。

実はアルファベットたったの26文字だけだと言語表現に制限や問題が生じ、あるいは高度技術系の『 専門用語の増大 』により、文字数がやたらとダラダラ多くなる致命的な欠陥が生じている。

『 日本語 』の文字数は“ひらがな[カタカナ]”及び漢字を含めた『 2段階文字 』は通常で『 数百文字 』で、アルファベットたったの26文字の『 25倍前後 』となる。

この『 数百文字 』が現代の高度技術社会で、多くの異なる学界系の『 専門用語の増大 』にも唯一適応できる『 ノーベル賞級高度技術系言語 』とも言い得るのだ。

『 日本語 』は理論立てて思考する場合に極めて適した言語でもある。

『 日本語 』を覚えると煩わしい凶産中国や欧米の『 屈折型言語 』を嫌うのである。

逆にいわゆるバイリンガルという2重3重言語は頭脳領域を殆ど無駄に使うことになり、また凶産中国語は大量な漢字だけという脳の記憶領域を使い切る間抜け言語であり最悪である

日本の医学、薬学分野の研究開発にドイツ語や英語などとのバイリンガルを強制したため、医学、薬学分野ではノーベル賞級の研究開発が欧米に引けを取ることとなった。

高度理論の発展性に極めて優れた『 日本語 』を、無能でアホで間抜けな医学者どもや、アホで間抜けな薬学者どもがこともあろうに軽んじた結果である

“ひらがな”は漢字主言語に不可能だった極めて微妙な表現を可能にし、しかも漢字を補助文字としてしまうことで、成長段階の子供たちが漢字の字数を徐々に覚える『 成長型言語 』とし、また“ひらがな”を主文字とし漢字を組み合わせることで文章そのものにも『 創造性 』を持たせるという世界初の『 創造的知能言語 』としたのだ。

この『 日本語 』の非情に優れた特徴は、その後の『 日本人 』の頭脳機能を急速に成長させ、来るべき『 超高度文明社会 』に効率よく適応してきたと分析できるのではないか。

この故に、今後も次々と誕生するだろう日本人ノーベル賞受賞者たちの功績は、国家が個人が単に運がいいとか自由主義圏だとか資本主義圏にあるとかでもないのである。

何故なら国家崩壊した凶産[共産]主義圏にあった旧ソ連にも受賞者が多いからだ。

故に、劣る凶産[共産]主義中国人どもや朝鮮半島人どもの駄目な漢字主言語なんぞは致命的な欠陥言語である

アジア大陸と離れた『 日本国 』だからこそ『干渉』されず、優秀な『 日本語 』“ひらがな”言語体系を生むことができたのである。

このような恵まれた奇跡的な歴史背景を持つ『 日本国 』の民族的な優秀さ、偉大さには、とても連中では永遠に追い付けないという悲しい宿命があるのである

我が国が古い時代に輸入した使い難い漢字はそのままでは使わなかったのだ。

我々日本人は、原型に拘[こだわ]らない大改革、大改造、大改修をし、極めて微妙な表現も可能とする“ひらがな”を一挙にベース言語としてしまうのだ。

このベース言語“ひらがな”の出現によって、超高度に論理を発展できる言語『 日本語 』へと進化させてきたのだ。

今後もノーベル賞受賞者を多く誕生させるだろう日本人が開発した優れた『 日本語 』その奇跡的な言語は『 超高度な技術社会 』への最大最強の戦力となっているのだ。

逆に凶産中国語や、凶産北朝鮮語や、軍国韓国語なんぞは、扱い難い非民衆言語であり漢字のみ言語は究極の欠陥言語でしかないのだ

携帯電話にもコンピュータ言語にもまったく向かないと言う重大な欠陥は致命的である

『 日本語 』と言う優れた『 高度技術や理論を発達させる言語 』に、中朝韓バカ三国が憧[あこが]れ、羨[うらや]み、妬[ねた]み、優れた『 日本語 』を略奪したくなるのは間違いない

日本人が次々と新しい優れた文明を吸収し、さらにそれを発展可能にし、次々と優れた先進性を持つ信頼性の非常に高い高度な製造製品を世界で最初に開発可能にしてきたのも、例えば、高度な文明の象徴であるロボット技術が飛び抜けて世界一進んでいるのも、iモードで携帯電話を急速に普及させたのも『 日本語 』の威力である。

人の頭脳の限界を超えつつあるノーベル賞受賞級の超高度な研究開発者の頭脳の『 言語 』領域の効率は極めて重要なことが解る。

ノーベル賞受賞級の超高度な研究開発に携わる者は、『 言語 』そのものに思考の負担をいかにかけずに、最大限に頭脳を働かせることが極めて重要なのだ。

『 日本語 』は『 [これ][が]、[こう][なって]、[こう][なれば]、[こう][なる] 』と文体が順に並ぶ『 理詰型 』の言語である。

当然だがこの『 理詰型言語 』はノーベル賞受賞級の超高度な研究開発の理論発展型の究極的言語として極めて適しているのである。

逆に欧米や、凶産中国・朝鮮半島で使う言語、例えば英語の『 I have a pen 』は『 [わたし]、[持つ]、[1]、[ペン] 』となる『 屈折型言語 』であり接続詞があやふやで致命的な欠陥があるのだ。

『 日本語 』ならこれは『 私は一本のペンを持っている 』となるので状況もより正確でしかも、微妙な表現を可能にした『 繊細表現言語 』である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です