カズと読売閥

カズと読売閥 ーーⅠ

確かに、これまでカズさんの歴史が語られる時には、単身でブラジルに渡ったかのようなエピソードが紹介されてきました。実際は違うんですよ。

カズさんがブラジルで成功して、日本に逆上陸するまでの過程には全て納谷さんが関わっていましたからね」

一般的には容易に理解できない、複雑な親子関係──。

まだカズが9歳、兄・泰年(47)が10歳だった、76年4月6日、納谷氏は覚せい剤取締法違反の疑いで最初の逮捕をされた。

同著に引用された、納谷氏の地元で発行される静岡新聞に当時掲載された記事によれば、

〈納谷から覚せい剤を買っていた盛岡市内の元暴力団員の自供から、納谷が韓国で覚せい剤を大量に買い込んで国内の暴力団員などに売りさばいていた事実がわかり、盛岡署員らが内偵を進めていた。

(中略)納谷は、五年間は何度でも使える数次旅券を所持し、これまでに十数回も韓国へ渡っていることなどから、覚せい剤を買い入れるブローカーをしていたとみられ、同県警、同署では七日から納谷の覚せい剤密売ルートなどを追求する〉

と、生々しく書かれている。

「当時のことを納谷さん本人に確認すると、逮捕歴を隠すどころか

『俺は捕まっても口を割らなかった』などと自慢げに話したことには思わず笑ってしまいました。

ポイントはそこじゃないでしょうって」(田崎氏)

当時、納谷氏は静岡市内に日本初となるサッカー専門のスポーツ店を経営。

皮革製品の安い韓国でボールを製造し、輸入していた。それとこの逮捕は結び付けられ、逮捕直後の新聞では、

〈サッカーボールの中に覚せい剤を忍ばせ運んだ可能性もある〉などと糾弾されたものである。

しかし、実際には韓国からのボール製造、輸入と逮捕は無関係だった。

それでも納谷氏は懲りなかった。

78年7月8日に再び、麻薬取締法違反で逮捕され、翌79年2月にはとうとう懲役1年10月の実刑判決を食らったのだ。

——————

カズと読売閥 ーー2

 

2度目に逮捕されて出所したのち、納谷氏は82年から生活の基盤をブラジルに移していた。

〈このまま静岡に居続けるとまた問題が起こる可能性があった。

宣雄も環境を変えなければならないという自覚があった。

国外に出るならば、大好きなサッカーの強い国がいい。

宣雄がブラジルを選んだのは必然だった〉

遠い異国の地でも、規格外の豪傑はすぐになじんでしまう。

サッカー好きと、生来の商魂たくましさもマッチした。

日本にブラジルサッカーの試合映像を売る販売窓口や、日本からのサッカー留学生をブラジルのクラブに紹介するエージェントとして、ビジネスを成功させたのだ。

特に後者は、後述するがカズが脚光を浴びてブラジル留学の“広告塔”となったおかげで、繁盛したようである。

ところが儲かりすぎた結果か、外貨持ち出し禁止法違反で起訴される事態になった。

日本へ戻るため飛行機で飛び立つはずが、サンパウロ空港で逮捕されてしまったのだ。

ブラジルでは外貨の持ち出しは4000ドルまでと決められていた。

〈以下は宣雄の説明である。

「外為法でパクられた。留学生が日本で払うべきの留学費用をブラジルに持って来ちゃった。

(中略)『ええよ』と受け取った。

そういうのが何人もいて全部で500万円ぐらいたまっていた。

それを税関の人間に見つかってしまい、半分寄こせって言ってきたんだ。

あの国は捕まっても賄賂を渡せばなんとかなる(中略)でも、日本でも入っていたからブタ箱なんてどうってことはない。

行くならば行ってやらぁって言ったら本当に連れて行かれたよ」〉

当時を知るジャーナリストが話す。

「93年になって無罪判決を勝ち取っています。『持っていたお金は、日本側窓口への経費支払いに充てるものだった』という納谷氏の主張が認められました」

とはいえ逮捕直後は、弁護士を使って釈放されるまでの2週間、ブラジルでの留置場生活を余儀なくされている。

危険なにおいが漂う閉ざされた空間でも、納谷氏の独壇場だった。

〈「俺は(中略)日本でも二人殺して、10年入っていたことがあったからな」

宣雄の口から咄嗟に嘘が出た。

(中略)刑務所に入っていたのは本当のことだ。中のことを聞かれれば詳しく話せばいい。

(中略)次第に中にいる男たちの素性が明らかになった。

偽金作りの名人、 コカインの売人、爆弾の製造を得意とする左翼活動家、アルゼンチン人の殺し屋──。

宣雄は彼らと親しく話をするようになった。〉

中でも“殺し屋”とはシャバでも親交を続けた。

自分のアパートに泊め、日本食のレストランに連れて行くと男は感激して、こう言ったという。

「納谷、殺したいやつがいればいつでも連絡してくれ。お前ならば200ドルでやってやるから」

さらに後日、納谷氏は男の金銭的な苦境も救った。

すると、

〈男は金を受け取ると「お前の頼みならばただで殺してやるから」と電話をしてきた。

宣雄は「俺を敵に回せば殺し屋がやってくるぞ」と自慢げに話して回るようになった〉

———————-

カズと読売閥 ーー3

確かに、これまでカズさんの歴史が語られる時には、単身でブラジルに渡ったかのようなエピソードが紹介されてきました。実際は違うんですよ。

カズさんがブラジルで成功して、日本に逆上陸するまでの過程には全て納谷さんが関わっていましたからね」

一般的には容易に理解できない、複雑な親子関係──。

まだカズが9歳、兄・泰年(47)が10歳だった、76年4月6日、納谷氏は覚せい剤取締法違反の疑いで最初の逮捕をされた。

同著に引用された、納谷氏の地元で発行される静岡新聞に当時掲載された記事によれば、

〈納谷から覚せい剤を買っていた盛岡市内の元暴力団員の自供から、納谷が韓国で覚せい剤を大量に買い込んで国内の暴力団員などに売りさばいていた事実がわかり、盛岡署員らが内偵を進めていた。

(中略)納谷は、五年間は何度でも使える数次旅券を所持し、これまでに十数回も韓国へ渡っていることなどから、覚せい剤を買い入れるブローカーをしていたとみられ、同県警、同署では七日から納谷の覚せい剤密売ルートなどを追求する〉

と、生々しく書かれている。

「当時のことを納谷さん本人に確認すると、逮捕歴を隠すどころか

『俺は捕まっても口を割らなかった』などと自慢げに話したことには思わず笑ってしまいました。ポイントはそこじゃないでしょうって」(田崎氏)

当時、納谷氏は静岡市内に日本初となるサッカー専門のスポーツ店を経営。

皮革製品の安い韓国でボールを製造し、輸入していた。

それとこの逮捕は結び付けられ、逮捕直後の新聞では、

〈サッカーボールの中に覚せい剤を忍ばせ運んだ可能性もある〉

などと糾弾されたものである。

しかし、実際には韓国からのボール製造、輸入と逮捕は無関係だった。

それでも納谷氏は懲りなかった。

78年7月8日に再び、麻薬取締法違反で逮捕され、翌79年2月にはとうとう懲役1年10月の実刑判決を食らったのだ。

————————

サッカー界の派閥

岡田が無能だったから仕方がないが根はもっと深い

古河(川渕)三菱と読売(ナベツネ)の利権派閥争い

歴代日本サッカー協会会長

島田(三菱)→長沼(古河)→岡野→川渕(古河)→犬飼(三菱)→小倉(古河)→大仁(三菱)→田嶋(古河)

日本の派閥政治そのまんま、どこも一緒だね

ヴェルディを巨人のようにドル箱に育てたい読売ナベツネ

ヴェルディ(読売)の選手が看板になって活躍したら協会内発言力が増して困る川渕

当時、ナベツネと川渕はスポンサー表記問題など多岐渡って反目してて犬猿の仲

加茂解任のあと急遽抜擢された岡田はもちろん古河

体育会系縦社会で岡田は操り人形で選手選考には圧力があったのは明白だね

全て仕組まれていた結果

98年は3連敗しても今田嶋が会長やってるんだからカズ外し大成功だった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です