伊東四朗(81)が免許返納

伊東四朗(81)が免許返納「車を手放したことで得たのは爽快感! これで事故を起こすリスクや責任から解放された」

2018/07/09(月)

日々の生活の足となり、仕事道具となるなど、長い年月を車とともに過ごしてきた高齢ドライバーが、運転をやめたり免許返納を迫られている。

そんな社会の流れに従う人、抗う人はどんな感情を抱いているのだろうか。俳優・伊東四朗(81)に聞いた。

* * *

免許を返納したのは2年前の6月。79歳の時です。

女房と自宅近くの警察署に行って2人揃って返納したんだけど、応対した警察官の愛想がビックリするほど良くてね。

「これで仕事(事故)がひとつ減る」とでも思ったのか、ずっとニコニコしていた(笑い)。

歳のせいで運転が難しくなったとか、具体的な理由があったわけじゃないんです。

今年もコントライブを半月以上ブッ通しでやったりしてますし、体力に問題はなかった。

返納しようと思ったきっかけは、75歳をすぎて世間から「後期高齢者」と呼ばれるようになったこと。
当事者にとってはショックな呼称で、「俺はもう運転しちゃいけない年齢なんだな」と思っちゃった。

それ以上に、75歳を超えると認知症の検査(認知機能検査)を受けないと免許の更新ができないのは、面倒だなと感じていました。

72歳以上になるとゴールド免許の有効期間が3年に短縮されるでしょ。

私もゴールド保持者だったけど、年齢だけを理由に期間を切り詰められるって「理不尽」ですよ。

そういうことを考えているうちに、免許の切り替え時期がきて、そのタイミングで返納を決めたんです。

車を手放したことで得たのは爽快感! だって、これで事故を起こすリスクや責任から解放されたと思ったら、心が晴れ晴れした。

これまで買い物などちょっとした用事の際に車を使っていたから、車がないと生活が不便になるかと思ったけど、そんなこともなかった。

いまの移動手段は主に電車。車だと渋滞などで時間が読めないけれど、電車は時間が正確でイイね(笑い)。

意外に思うかもしれないけど、電車に乗っても、“本物かな?”と訝る人が時々いる程度で、普通に乗れるもんです。

1962年に免許を取って中古のダットサンを22万円で買って以降、日産オースチンやグロリア、シトロエン……最後はレクサスと28台を乗り継いできました。

ひとつ分かったのは、私は車そのものより、運転している時の“独りの空間”が好きだったということ。

もう十分乗ったので心残りはないですね。

※週刊ポスト2018年7月20・27日号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です