西安で秦腔の名優と共演

日本の「人間国宝」能楽師、西安で秦腔の名優と共演 能楽演目「楊貴妃」は中国の白居易が詠んだ「長恨歌」の影響

2018/10/03(水)

日本の「人間国宝」能楽師、西安で秦腔の名優と共演

26日、陝西省西安市で行われた能楽公演で「楊貴妃」を演じる坂井音重氏(2018年9月26日撮影)。(c)新華社/張博文

..ttp://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/f/5/810×540/img_f58235017be292e1e56291655a9e80d5175005.jpg

26日、陝西省西安市で行われた能楽公演で「楊貴妃」を演じる日本の能楽師(2018年9月26日撮影)。(c)新華社/張博文

..ttp://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/7/3/810×540/img_73706f84be53fa5801330526e376d3a0216651.jpg

26日、陝西省西安市で行われた能楽公演で「土蜘蛛」を演じる日本の能楽師(2018年9月26日撮影)。(c)新華社/張博文

..ttp://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/5/9/810×540/img_59553626ecc835641e57470e2af4d009240710.jpg

AFP 2018年10月3日 15:13 発信地:中国 [ 中国 中国・台湾 ]

..ttp://www.afpbb.com/articles/-/3191291?pid=20564014

【新華社西安 10月3日】中国陝西省西安市の陜西大劇院で26日夜、日本の重要無形文化財保持者(人間国宝)である能楽師、坂井音重氏らによる能楽公演が行われた。

坂井氏は秦腔(しんこう、中国西北部の伝統劇)の名優と共演し、「楊貴妃」という有名な役柄をそれぞれの芸術形式で表現。

観衆に両国の伝統芸術の魅力を伝えた。

坂井氏はこの夜、能楽の有名な演目「楊貴妃」でシテ(主役)を務め、西安秦腔劇院の名女優・侯紅琴(こう・こうきん)氏も秦腔の「楊貴妃」の一場面を演じた。

能楽と秦腔の「楊貴妃」のあらすじは、いずれも中国唐代の詩人、白居易(はく・きょい)が詠んだ「長恨歌」の影響を色濃く受けている。

日本では平安時代から、白居易の詩が広く愛されてきた。

この他、坂井氏の長男で能楽師の坂井音雅氏による演目「土蜘蛛」や、陝西省の地方劇、碗碗腔(わんわんこう)のベテラン役者、王進法(おう・しんほう)氏による「桃園借水」の一場面も上演された。

坂井氏は中日の文化交流と民間の友好交流を重視し、積極的に推進している。

これまでにも何度も訪中公演をしており、京劇界の名優である故・梅葆玖(ばい・ほうきゅう)氏とも共演したことがある。

今回の公演は中日文化交流イベント「2018・長安回望」の一環として行われた。

イベントは日本の株式会社大富と能楽普及に努めるNPO法人白翔會(はく・しょうかい)、中国の西安市文化広電新聞出版局などが共催。

音楽会や中日青年歌手公益ライブ、坂井氏の西安公演などの催しを通して、伝統文化の精髄を継承、発揚し、中日友好協力をさらに推進することを目的としている。(c)新華社/AFPBB News

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です