「無能」の烙印 桜田新大臣“法案担当外し”へ

「無能」の烙印 桜田新大臣“法案担当外し”へ

2018/10/05(金)

これは任命した安倍首相自ら「無能大臣」の烙印を押したも同然ではないか。

第4次安倍改造内閣で“滞貨一掃組”の1人として初入閣した桜田義孝五輪担当相だ。

臨時国会で審議予定の「サイバーセキュリティ基本法改正案」について、政府が桜田氏以外の大臣に担当を変更する検討を始めたことが分かった。

5日の朝日新聞が報じた。

サイバー対策の強化を盛り込んだ改正案は、五輪にも関連するとして改造前は鈴木俊一五輪担当相が担当していた。

通常は後任の大臣がそのまま引き継ぐが、桜田氏には担当させないという。

桜田氏といえば2016年1月、党の会合で従軍慰安婦について「職業としての娼婦だ」と暴言を吐き、与党内からも批判が噴出。

発言撤回に追い込まれるなど数々の“前科”がある。

それゆえに「桜田氏の国会での答弁はない方がいい」(政府関係者)というわけだ。

2日夜の就任会見の前には、安倍首相と菅官房長官に呼び出され、「(役人が作成したメモを)棒読みしろ」とクギを刺されたという。

だったら、最初から大臣にするな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です