どう動くかな

どう動くかな

厳密にいえば、

日韓請求権協定は外交的保護権を放棄しただけなので、

韓国が韓国国内で日本企業や日本人に対して判決を盾にカツアゲしようと何しようと、

それ自体は協定違反ではない

ただし、日本はそれに対して、

大使館閉鎖や査証の復活と厳格化、

輸出入の制限などで制裁を取ることはできるし、

それをやっても協定内容から鑑みれば国際的に非難される可能性は低いってだけ

つまり、

今の所韓国政府自体が徴用工判決を受けた日本政府への働きかけをしていないので、

ギリギリ協定は違反していないが、

日本はやり返さないと、国際的に日本との条約や協定が軽く見られる可能性が高い

今後、

ムン政権は徴用工判決について、

日本に対しては無視を決め込む一方で、

諸外国に対しては日本の二次大戦時の非道さを訴えるプロパガンダと合わせて、

請求対象企業の資産差押えを訴えていくと思われる

これで金を取れなくても、

戦後賠償をしない日本というイメージを国際社会にアピールできれば、

ムン大統領的には満足なので何の問題もない

もちろん、

せいぜい日本は遺憾の意の発表と大使の一時帰国程度しかしないだろうという読みもしている

日本政府として取り得る策は何通りかあるが、

一番の悪手はムンの読み通り韓国にとって実害の無い抗議行動だけして終わらすこと。

これは韓国というか正にムンの思い通り

韓国にとって困る日本政府の行動は二つ

まずは、徹底的な制裁措置をとること。

ムンは日本政府が本気で反撃するとは想定していないので、

これは韓国に取って大きな痛手となる

二つ目は、日本政府から請求権協定の破棄と再賠償を持ち掛けて、

日本政府が個人に賠償してしまうこと

これをされると、韓国は日本を貶めるネタを一つ失う上に、

韓国政府自体には金が入らないので、実はかなり困る。

もちろん、これは安倍政権が日本国民からの支持を失う可能性も高い上に、

当然日本の国庫を使うので、日本側の痛手も大きい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です