植物ってなんのために存在する

植物ってなんのために存在するんですか?

生物に目的なんてないと思うですが。

存在する目的がはっきりしません

→存在する目的なるものがあろうとなかろうと、存在していることが重要でしょう。

環境に適応して、自然の選択によって生き残ってきたというところから出発するのが科学だと思う。

目的を持つのは人間だけでしょう。

人間は将来を考えるから目的をもち、目的に沿った行動をとる。

他の生物は基本的に将来のことを考えない。

目的のように見えてもそれは比喩だと思う。

考えてやっていることではない。

食物連鎖をスムーズにするために用意されたピースのように思います

→食物連鎖というのは生物の現実を整理したもので、これは生物である以上避けられないものだろと思う。

食物連鎖をスムーズにするために用意されたピースのように思います

→それは生物である以上避けられないことです。

人間は少しは自然の掟から自由になれるが、限度がある。

人間以外の生物は自由などない。

生きるためがすべてである。

ーーーーーーーーーーー

動物は自ら動いて勢力を広げようとします。しかしその為より多くのエネルギーを必要としています。

植物は移動という手段を持たない。持たないオカゲでかなり少ないエネルギーで生息できます。

その代りに種子や根などによって繁殖する事で勢力を広げていきます。

この繁殖展開が遅いものの、少ないエネルギーで済むという特徴の為、大抵新天地に最初に踊りこむ事ができます。

まず最初に水中から陸地に上がり、高濃度の二酸化炭素と高温の恩恵を受けて繁殖し、この世の華よと浮かれていたらそのオコボレを狙って動物が上がってきて・・・食われまくってコンチキショウ!

寒冷地にしても乾燥地にしても、まず進出するのが植物で、根付いた頃に動物が来てコンチキショウ!です。

動物が衰退して、果ては人間がいなくなった空き家でも、ひび割れた道路でも、まず手をつけてくるのが植物です。

彼らは虎視眈々と地球の征服をもくろんでいるのですよ。ただあまりにマイペースなので動物に良いように搾取されているだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です