マグロ3.3億円「やりすぎた」

【ご期待】

マグロ3.3億円「やりすぎた」。すしざんまい木村社長「今すぐ銀行行かないと」とちょっぴり反省。豊洲市場初競り

2019/01/05(土)

築地から昨年10月に移転した豊洲市場で初となる新年最初の取引「初競り」が5日早朝に行われ、すしチェーン「すしざんまい」を運営する喜代村(東京)が、一番マグロを3億3360万円で競り落とした。

青森・大間産の生の本マグロで、278キログラム、キロ単価120万円。

これまでの最高額で、13年に同じく喜代村が落札した222キロの大間産クロマグロ1億5540万円(1キロ当たり70万円)を2倍以上更新した。

小池百合子都知事が輪の中心で見守る中で行われた競りで、落札と同時に、どよめきと歓声が起こった。

小池知事は一瞬驚き、その後、満面の笑み。

100人以上集まった市場関係者の輪が解けると、1人が報道陣に向かって、少しあきれたような笑顔で「3億円!喜代村!」と絶叫。

報道陣からもどよめきが起きた。

落札した喜代村の木村清社長(66)は「え~?そんなに。やっちゃったね。やりすぎちゃった。

5、6000万円くらいと思っていた。

すぐ銀行さん行かないと」と、ちょっぴり反省。

ただ「最高のマグロです。お客様に食べて頂いて、元気をつけていただきたい。全店舗で出します」と話し、

最後は元気に「すしざんまいポーズ」を披露した。

木村社長は一方で、豊洲での初競りについては、築地に比べ「ちょっと(マグロも人も)少ないね。

いいマグロあまりなかったのかな」と寂しげな表情も。

ただ「これから思いを作っていかないとね」と豊洲の未来に期待した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です