大型客船「にっぽん丸」が岸壁に衝突

【空も海も…】

大型客船「にっぽん丸」が岸壁に衝突 船長からアルコールを検出 クルーズ中止、乗客は飛行機で帰国

2019/01/08(火)

大型客船の船長からアルコールが検出されました。

先月30日、商船三井客船が運航する大型客船「にっぽん丸」がグアムからサイパン向けて出港する際、アメリカ海軍の岸壁に衝突する事故がありました。

会社によりますと、乗客372人、乗組員252人にけがはなく、クルーズは中止になって乗客は飛行機で帰国しました。

事故後、現地当局が調べたところ、船長の男性から呼気に換算すると1リットルあたり0.15ミリグラム以上のアルコールが検出されたということです。

国土交通省や会社は事故や飲酒の詳しい経緯を調べています。

——–
この規模の船が船長一人の飲酒運転で操舵を間違えることってあるか?
——————————–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です