福豆

【福豆】

淡路島で『まめ神事』*魔を滅する*

2019/01/14(月)

淡路七福神ゆかりの一つの八浄寺で2月7日、毎年恒例の『まめ神事』が開催される。

大黒天を祀る八浄寺は、大黒天(八浄寺)、寿老人(宝生寺)、毘沙門天(覚生寺)、弁財天(智禅寺)、福禄寿(長林寺)、布袋尊(護国寺)、恵美酒神(万福寺)からなる淡路島七福神霊場の総本院として親しまれている。

七福神に扮した厄年の男女7人が1週間厄落とし神事に参加し、厄落としされた豆を供養台に供える。

当日は直径2メートルの大がまに入った豆を、大きなしゃもじで炒って厄を落す神事を見学できるほか、炒った豆には”魔を滅する”という願いと“まめ(元気)に働く”との意味が込められ「福豆」として参拝客に振る舞われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA