牛伏寺縁起物語

縁起

当山は、信州松本の南東、鉢伏山の中腹、海抜千メートルの幽谷の地に位置し、山号を金峯山(きんぽうさん)、寺号を牛伏寺(ごふくじ、うしぶせ寺とも呼びます)と称する真言宗の古刹です。

寺号は、その昔、本尊十一面観世音菩薩の霊力により経典を積んだ二頭の牛が、この地で同時に倒れたことに由来します。

牛伏寺縁起物語

寺伝によると、天平勝宝七年(756年)唐の玄宗皇帝が善光寺へ大般若経六百巻を納経の途中、経巻を積んだ赤・黒二頭の牛が、この地で同時に斃れ、その使者たちが本尊十一面観世音菩薩の霊力を知り、その経巻を当山に納め、二頭の霊を祀って帰京しました。

この不思議な因縁により寺号を牛伏寺と改め、参道途中の牛堂に阿弥陀仏を中心に、赤黒二頭の牛像をまつっています。

古来より牛伏厄除観音と称し、厄除霊場として県内外に知られ、また、信濃三十三番中第二十七番札所となっており、法燈壱千三百年を今日に継承いたしております。
ーーーーーーーーーーーー

当初は「普賢院(ふげんいん)」という名前のお寺でした。

楊貴妃を妻にした事で知られる唐の玄宗皇帝に命じられて天平勝宝7年(756年)に大般若経六百巻を赤黒2頭の牛に積み、信州善光寺に奉納する途中、疲れ果てた2頭の牛が経文を積んだまま倒れてしまいました。

これを見た玄宗皇帝の使者達は、本尊十一面観音の霊力を知り、牛を山麓に埋めて帰りました。

それで「牛伏寺」と改名しました。

参道途中の牛堂には、阿弥陀仏を中心にして赤黒二頭の牛像がまつられています。牛堂の脇には、牛の形をした岩もあります。

牛伏川フランス式階段工へ行くには、牛堂の前で右側の道に進みます。

本尊十一面観音は、聖徳太子が42歳の時、国家の安泰を祈り、また自身の厄除けと多くの国民の厄難を除いて福寿増長を誓願して等身大の観世音菩薩を彫刻した仏像です。

33年に一度開帳される秘仏です。

木像十一面観音像をはじめ、8躯が国の重要文化財に指定されています。

1月の厄除縁日大祭では奥殿(収蔵庫)が公開され、重要文化財の仏像を拝観することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA