呂宋壺

呂宋壺

正式には呂宋葉茶(はちゃ)壺のこと。

抹茶は挽(ひ)いて粉末にするまで葉茶を陶製の壺に入れておくが、この茶壺としてとくに南中国製の黒褐釉(ゆう)陶が好まれ珍重された。

中国から呂宋(現フィリピン、ルソン島)に輸出されてあったものを日本の商船がこぞって輸入したため、この名が残ったと考えられる。

製品の窯址(ようし)の一つは広東(カントン)省仏山市近郊の石湾(せきわん)に発見され、「蓮華(れんげ)王」印の呂宋壺のほか、政和(1111~18)年号銘の破片が出土し、12世紀にはすでに焼造されていたことが判明している。

日本では室町中期の東山時代には「松島」「三日月」などの銘をもつ呂宋壺が名物として不動の価値をもって重宝とされ、その後桃山時代にかけて大流行した。
作風から、真壺(まつぼ)、底上げ、清香(せいこう)などに分類された。[矢部良明]

ーーーーーーーーーーーー
〘名〙 南北朝時代から安土桃山時代にかけて南方諸島から渡来した陶製の茶壺。

当時の貿易船はルソン経由で日本を訪れたため、ルソン製の壺だと考えられていたが、中国南部の安南(ベトナム)付近の産と推定される。

文祿三年(一五九四)堺の呂宋助左衛門がルソン島から持ち帰って以来、有名になったもの。

真壺。蓮華王。

ーーーーーーーーーーーー
【茶壺】より

…しかし,今ではスズの茶缶の出現もあり,さらに製茶の小売店ですでに粉末にした緑茶を缶に入れて販売しているから,茶壺は単なる〈口切の茶事〉だけに必要な装飾的なものになった。

茶壺の中でもフィリピン渡来で〈呂宋(ルソン)壺〉と呼ばれるものが珍重されてきたが,フィリピンの焼物とするのは誤りである。

14世紀から15世紀に中国の広東省,福建省一帯などで焼成された壺を〈真壺(まつぼ)〉と呼んで,16世紀に茶の湯が成立すると,名壺には〈松島〉〈三日月〉などの銘も付けられて尊重された。…

ーーーーーーーーーーーーー
【納屋助左衛門】より

…のち豪奢が秀吉の怒りにふれ没落したが,1607年(慶長12)柬埔寨国(カンボジア)よりの来書に,日本船主助左衛門が来航し,国王の信任を得て,商人の頭目に任じられたとあり,これを納屋助左衛門に比定する説もある。

その事跡から呂宋(ルソン)助左衛門の異名をもつ。【朝尾 直弘】。…

ーーーーーーーーーーーー

ルソン壺ってどんなツボ?

頑張る時に使う言葉『一所懸命』

この言葉は、戦国時代を含む日本の中世で、武士たちが命懸けで手柄を立て、主君から土地を貰ったことからできました。

つまりかつての武士は、ひとつの土地(一所)をもらうために命を懸けて(懸命)戦い、ようやく小さな土地(所領)を貰っていたワケですよ。

しかし!

なんと1つの壺(つぼ)で、1国に値する価値があるといわれていたものがあります。

それがルソン壺(漢字で書くと呂宋壺)

いったいどのような壺だったか?

千利休のお気に入り

まずルソンとは、現在のフィリピン最大の島で、戦国時代にはスペインの統治下でした。

そしてルソン壺は、このルソン島民が日常的に使っていた壺で、普通にたくさんあって、大きさは米が約二升ほど入るほど。

ある日、この壺を当時ルソンと貿易をしていた納屋助左衛門(なや すけざえもん)という堺の商人が手に入れます。

そして豊臣秀吉に様々な贈り物を献上ついでに披露した時、千利休が『珍重なるルソンの壺』と、いたく気に入り皆を驚かせました。

当時の利休は天下人・秀吉の茶頭として、政治にも発言力を強めていたのですね。

そしてこの利休のオメガネに叶うものは名物とされ、高価な値が付いたのです。

ルソン壺もそのひとつ。

諸大名はルソン壺を先を争って買い求め、価格が上昇、秀吉も3つ買い求めたとか。

ここまで売れまくるとウハウハの納屋助左衛門。

ルソン壺で巨万の富を得る事に成功しましたが…

ごめん、実は便器だったかも?

しかしその後、あまりにも贅沢ぶりが目立ったため、助左衛門は石田三成たちに睨まれ財産没収となる寸前で、ルソンに逃げ延びる事に。

また別の説では、ルソン壺が実は島民たちの便器だった事が発覚し、秀吉と諸大名の怒りをかったため逃げたとも。

その後、ルソン壺はそのほとんどが叩き壊されたそうですが、ひとつだけ堺市の大安寺に残っています。

これは助左衛門が罰せられそうになった時、大安寺に寄贈したもので、以来この壺は大安寺の寺宝として、400年以上に渡り受け継がれているという事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA