鳩サブレの事

鳩サブレ

明治27年(1894年)豊島屋は鎌倉の地に誕生いたしました。以来100有余年、お客様に愛されるお菓子を作り続けてまいりました。

「お客様の笑顔」を求め、製造に携わる者はてまえどものお菓子をお客様が召上がって頂いた時の笑顔を求め、販売を行うものは、笑顔の接客はもちろん、お買い求めるお客様が笑顔になるような接客を目指し、日々精進させていただいております。

おかげさまで鎌倉と言えば「鳩サブレー」と言われるほど、初代が生み出した明治生まれの鳩サブレーは地元鎌倉を中心に、皆さまにご愛顧を頂戴しております。

てまえども豊島屋は和菓子屋として、季節の移ろいを菓子に描くと同時に、鎌倉の語りべとして、鎌倉らしいお菓子を作り続けたいと思っております。
当たり前のことを普通に、ウソをつかないお菓子を作り、お客様の笑顔を求め、これからも社員一同頑張らせていただく所存でございますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

豊島屋四代目

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

店を開いて間もない明治三十年頃だったそうです。

当時海濱院に滞在されていた異人さん(どこの国の方か伺わなかったようです)がフト、店へお見えになり、当店初代に大きなビスケットを下さったそうです。

それは掌に近いほど大きな楕円形をしており、ジャンヌ・ダルクが馬に乗り槍をかざしている図柄が刻まれてあったそうです。

明治人風に発音するならば、このピスケの味、そしてタップリすぎる位の大きさ、初代はこれからの日本の子どもさん達に喜ばれるのはコレダ!!と思い立ったそうです。

人真似が嫌いな性質でした初代は、マネをするのはシャクだが、今までにないこの味を何とかして・・・と夢中になって研究したようでした。

そして、このピスケにはバターが使われていることを識ったのでした。

ところが、バターなどと云ったハイカラな物は当時の鎌倉では手に入れようもありませんでした。

ようやく横浜の異人館に行けば入手できると聞き、初代は早速求めに行ったそうです。

こうしてバターを手に入れた初代は試作にかかりました。

私共菓子界では配合率のことを「ワリ」と称します。

初代はこんな「ワリ」、あんな「ワリ」と、とりつかれたように毎日試作にふけったそうです。

そして、求めていた味は、特にバターの配合にあることに気づき、どうにかやっとコレ!と云った味の「ワリ」が仕上がったようでした。

しかし、この時には未だ鳩の形には、なっておらず、只の普通 の丸い抜き型で抜いたものだったそうです。

ちょうどこの試作が出来上った頃の或る日、欧州航路から帰朝したばかりの友人の船長さんが見えられたので、初代は早速この試作のピスケを食べてもらったそうです。

するとその方が「おや?久さん(初代は久次郎と申しました)コイツはワシがフランスで食ったサブレーちゅう菓子に似とるゾ」と云われ、初代は初めてサブレーなるものの存在を識ったのでした。

初代はこのサブレーと云う語呂に、先づは「三郎」の類似点を感じ、親しみを抱いたのでした。

即ちサブレー・三郎と云った語呂合わせが初代の頭に焼きつけられたのでした。

もともと、鶴岡八幡宮を崇敬していた初代は、八幡さまの本殿の掲額の(八)の字が鳩の抱き合わせであり、境内に一杯いる鳩が子供達に親しまれているところから、かねて「鳩」をモチーフに何かを創ろうと考えていました。
そこにサブレー・三郎のヒラメキが来ました。

あたかも八幡太郎義家、源九郎義経のごとく、鳩三郎(鳩サブレー)となったのです。

鳩サブレーのネーミングには、こんないきさつがあったのでございます。

今日もなお変えることなく使っております鳩サブレーの抜き型の原形のデザインも初代がこの時創ったもの、そのままでございます。

かくして「鳩サブレー」は生まれ、初代は意気揚々とこの新作を焼き続け店に並べたものの、明治末の頃のことでございます「バタ臭い!」と云われ、売れる筈もございませんでした。

そこで、ご近所の皆様、知己にお配りしたようです。

皆様から「ご馳定さま、美味しかったヨ」勿論お世辞でございましょうが、これが初代には励みとなり、一層に頑張ったようでした。

或る時初代のツレアイがご近所に伺った折、裏庭で鳩サブレーが犬の餌になっていたのを見たそうでございますが、初代の鳩サブレーに対する情熱を思うと、伝え難く、数年の間ないしょにしていたとのことでした。

今日でこそ私達はチーズ、バターなどにはなじんでいますが、明治の頃のことです、全く異質の味であったのでしょう。

初代は、かねがね一つのものを売り込むには十年はかかる、世に「名物にうまいものなし」と云われるが「名物にうまいものあり豊島屋の菓子」なる戯れ唄を詠み、味の追求には厳しうございました。

鳩サブレーも特にその一つで、十年程経てから、ようやく少しずつ知られるようになって参りました。

大正に入り秋場隆一、竹内薫兵両小児医博より(離乳期の幼児食に最適である)とご推せんを頂いてより逐次、ご贔屓筋も増え、御用邸各宮家よりもご用命を受けるようになったのでございます。

初代はたいそう誇りと喜びを感じ、一層仕事に打ち込んでおりました頃、鎌倉は無残にも、あの関東大震災を受け、地震、火災、津波の三重苦にさらされほぼ全滅、私共豊島屋も潰されてしまったのです。

その頃は、今の鎌倉警察署の近くに店はございました。

大震災の痛手にもめげず、初代はいちはやく店の再建を図りました。

明治人の気骨でしょう。

早々に白壁、タテ格子の新しい店が松林(今日全く残っていませんが)に囲まれる現在地段葛、二の鳥居脇に完成致しました。

この頃の鎌倉は松も多く、谷戸谷戸には瀟洒なお邸が立ち並び、そこはかとない潮の香りが漂うシャレタ、モダンな佇まいで「西の芦屋、東の鎌倉」と称されたハイカラな町でございました。

私共も「古代瓦煎餅」が看板商品でございましたが「鳩サブレー」も逐次、その基礎が固まり、御愛顧が増えて参りましたのも、そんな鎌倉のハイカラな佇まいがあったからでは、と思います。

先に述べた秋場小児医博がポニーにひかせた馬車で往診に廻られる姿、また遊覧馬車がポカポカとのどかに走っていたのもこの頃でございます。

昭和の御代は激動の連続でございました。

大不況に始まり、打ち続く戦争、時代は刻々に変わって参りました。

物資の貧しい我が国は、しだいに厳しい状態におちいり、経済統制、第二次世界大戦へと突入いたしました。

原料の砂糖など入手出来なくなり、初代は信念である「良い菓子」がつくれなくなったと、休業を宜して了ったのは昭和十六年でございました。

工場も、或る時は軍需産業の下請作業場としてモーターの部分のコイル巻き、或る時は陸軍の食料製造所として徴用されるなど、私共特に初代にとっては絶望の暗黒時代でございました。

初代はその憂さを盆栽いじりにまぎらわせていましたが、これはきっと「創る」ことに生きがいを抱いていた初代に許ざれた只一つの場であったのではなかったのでしょうか。

暗く長いトンネルを抜けて終戦の日が参りました。

「平和」と云う実感を得るには尚日時がかかったと思います。

何しろ飢えとの戦いの毎日でした。

その私達を救ってくれたものの一つは進駐軍(古く、なつかしい言葉ですが)の放出食糧の配給でした。

携帯食糧の箱に入っていた肉の缶詰、クラッカー、チョコレート、煙草などなど、そのどの一つも如何に美味しかったか。口にとろけるチョコレートに、本物の煙草の煙に、改めて「平和」の有難さを知りました。

その頃初代は仙花紙に刷られた「日米会話集」を買いこんで帰って参りました。

私達は驚きました。同時に改めて文明開化をささえた明治人の気骨、進取の気象に畏敬の念すら感じました。

これあればこそ初代は「鳩サブレー」を創りあげたのだと。きっと初代は進駐軍と菓子について語り合いたかったに違いない、「日米会話集」を小脇に・・・。

いぜん経済統制下、菓子がつくれる状況ではありませんでした。

進駐軍より放出、配給されたキューバ糖(赤ザラメ)が入手出来たので、初代は本当に久しぶりに鳩サブレーを作ってみました。

無論売るためではありません。

小麦粉もフスマの多い色黒のもの、バターもマーガリン、出来上がったものの形は「鳩サブレー」ですが、味は論外、色も黒く、初代は一目みるなり「何じゃい、このクロバトキンは」と、はきすてるような一言。

「決してヤミはやってはならない、お天道様に恥じず、まっこうから菓子が作れる迄店は開けるな」とかたくなに云い続けた初代は、やがて経済統制もはずされ「鳩サブレー」を再び作れる日が訪れたのですが、それをみずに逝って了いました。

最後まで、鳩サブロ、鳩サブロ、と鳩サブレーと云わず、鳩三郎と云いつつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です