自転車の聖地

【自転車の聖地】

自転車で琵琶湖を1周する人気の「ビワイチ」、人身事故が5年間で155件

2019/03/08(金)

自転車で琵琶湖を1周する人気の「ビワイチ」のルート上で、

自転車が関係する人身事故がこの5年間で155件あったことが、滋賀県のまとめで7日分かった。

県によると、1周約200キロのルート上で起きた自転車関係の事故数は、

14年40件、

15年30件、

16年36件、

17年26件、

18年23件

(滋賀県警調べ)。

事故の原因やけがの程度については把握していないという。

このうち16年6月に高島市新旭町藁(わら)園の湖周道路で発生したケースでは、大阪府の60代男性が路肩の約5センチの段差に自転車のハンドルを取られて転倒負傷。

男性に損害賠償129万円を支払う議案が、県議会2月定例会議に提出されている。

ビワイチを楽しむ人の増加に伴い、県は2015年度からルートの安全点検を行い、これまでに県道約440カ所で段差の解消や舗装の修繕を実施した。

滋賀県道路課は「引き続き定期的にパトロールして危険場所の把握と修繕に努めたい」としている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA