生放送でメッタ斬り

橋下徹氏 生放送でメッタ斬り「朝日新聞の論説委員はみんなあんぽんたん」

2019/04/08(月)

8日のフジテレビ系「とくダネ!」に元大阪市長の橋下徹氏(49)が出演し、大阪ダブル選挙に言及した。

府知事選では前大阪市長の吉村洋文氏(43)、市長選では前大阪府知事の松井一郎氏(55)がそれぞれ当選した。

維新が自民党候補を破り、大阪都構想も加速させ上機嫌なはずの橋下氏だが、なぜかはらわたは煮えくり返っている様子。

矛先を朝日新聞に向け「市議会も84議席のうち、今回、40議席取ってる。

府議会は過半数取ってる。

これでね、まだ民意を得ていないなんていったら…、朝日新聞の社説なんかメチャクチャですよ」と怒りをあらわにした。

朝日新聞がダブル選挙を「奇策」と表現し、沖縄の辺野古埋め立てについては県民投票の結果を受け止めるよう、促したことに反発。

「本当は国の安全保障を県民投票で決めるっていうのはおかしい。こっちのほうが奇策。でも、朝日新聞は県民投票を奇策と言わずに、ダブル選挙を奇策、奇策って。朝日新聞の論説委員はみんなあんぽんたん」と収まらない様子だった。

———–
あんぽんたん

Anpontan

あんぽんたんとは、軽く人を罵る言葉。

【年代】 江戸時代~   【種類】 -

『あんぽんたん』の解説

あんぽんたんとは『アホ』『バカ』の語感を軽くした言葉で古く江戸時代から使われている。
あんぽんたんは多くの場合、相手に親しみの意を込めて使われるが、罵り言葉に変わりないため目上や初対面の人に使うことは避けたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です