存在感増すコンビニのチルド弁当 定温弁当

存在感増すコンビニのチルド弁当 定温弁当に残された強みとは?

2019/06/08

大手コンビニチェーンですっかり定着したチルド弁当。味や彩りがよくなるだけでなく、廃棄ロスが少なくなるといったメリットの大きさが注目されており、存在感が増している。

では、チルド弁当と比べたとき、定温弁当にはどんなメリットが残されているのだろうか? 2019年度から取り扱いアイテム数を増やす方針を掲げているファミリーマートのケースで分析してみよう。

●チルド弁当は成長分野

ファミマの場合、弁当カテゴリー全体の売り上げは長期的にマイナストレンドだ。

競合となるスーパーが店内調理と低価格弁当を強化していることや、ドラックストアでも弁当が販売されるようになっていることが背景にある。

また、コンビニを訪れたお客が空腹を満たすために、一食完結の弁当ではなく、さまざまな食品を組み合わせて買うようになっていることも理由として挙げられる。

苦戦気味の弁当カテゴリーだが、成長分野もある。

それはチルド弁当だ。14~18年度にかけて、売り上げが右肩上がりで増えている。

チルド弁当のラインアップは親子丼、かつ丼、オムライス、麻婆豆腐丼といった「玉子系・中華系」に限られていた。

しかし、19年度からは、ハンバーグ丼、ガパオライス、ミニビビンバ丼といった「洋風・エスニック系」や「ミニタイプ」を投入する。

売り場の見せ方も変わる。

温度帯を分けられるじゅう器があるモデル店舗では、定温弁当のアイテム数は21で、チルド弁当は7という構成だった。

しかし、19年度からは定温弁当をのアイテム数を17に減らして、チルド弁当を11に増やす計画だ。

ファミマはチルド弁当を強化することで、若い女性客の獲得を目指す。

定温弁当を購入する客層は男性が71%で女性が29%なのに対し、チルド弁当は男性が59%で女性は41%となっている。

しかも、チルド弁当を支持しているのは20~40代の女性が多いというのも大きな特徴だ。
コンビニ各社は若者離れに苦しんでいるが、チルド弁当が売れれば顧客層の若返りも狙える。

●添加物が少なくて長持ちする

定温弁当と比べて、チルド弁当は圧倒的に長持ちする。

あくまで一例だが、定温弁当の販売時間が約15時間なのに対し、チルド弁当は約72時間。
売り場に長い時間置けるので、廃棄率も定温弁当と比べて低いという。

これは、コンビニの加盟店にとってはありがたい話だ。

チルド弁当は製造時点から低温で管理されているので、使用する添加物が少なくて済む。
定温弁当と比べ、添加物を40%減らせるものもあるという。

チルド弁当は買い置きが可能なので、自分の好きなタイミングで電子レンジで加熱して食べられる。

彩りのよい野菜、生サーモン、とろろといった食材を使えるのも大きなメリットだ。

ファミマが5月以降に投入する予定のチルド弁当には、「彩り野菜のタコライス」「サーモンアボカド丼」といった見た目が華やかなものがある。

●定温弁当のメリットとは?

このように、チルド弁当はいいことづくめのように見えるが、定温弁当にもメリットはある。

まず、必ずしもレンジであたためる必要がないので、即食性に優れている。

また、チルド弁当は定温弁当と比べてごはんが劣化する度合いが大きい。

ごはんの食味としては、粒感や甘みの点で定温弁当のほうに優位性があると担当者は説明する。

さらに、調理や盛り付けでボリューム感を出すこともできるので、おかずとごはんをがっつり食べたいお客には定温弁当のほうが向いているといえる。

調理技術や輸送方法が進化することで、ますますチルド弁当の存在感は増すことが予想されるが、定温弁当が完全に駆逐されることはしばらくなさそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA