オオカミの多彩な食生活

オオカミの多彩な食生活、研究者も驚く 高い知能と文化をもつ可能性

2019/07/11(木) 2019.06.30

■魚を捕り、ビーバーを待ち伏せ、夏はブルーベリーも、高い知能と文化をもつ可能性

米国ミネソタ州、ボエジャーズ国立公園の森の中の静かな湿地帯。生物学者のトム・ゲーブル氏は、ある「殺し」を調査していた。

手がかりは血に染まった葉、毛束、骨の破片。被害者は、アメリカビーバーだ。

犯人は、体重34.5キログラムのオスのハイイロオオカミ(Canis lupus)。

年齢は推定5歳、ゲーブル氏が「V074」と呼ぶ個体だ。

「このオオカミは最近、ビーバーを殺しまくっているんです」と、格闘の最中に折れたらしい枝を調べながらゲーブル氏が言う。

「この春すでに、少なくとも4匹殺しています」

■オオカミ調査プロジェクト

ミネソタ大学の博士課程にいるゲーブル氏は、何カ月にもわたってV074を追跡している。

昨秋捕獲され、GPS発信器付きの首輪を取り付けられた個体だ。

このオオカミが1カ所に20分以上とどまっていると、ゲーブル氏の元にアラートが届くようになっている。

つまり、狩りに成功した可能性が高い時だ。

あちこちに残されたビーバーの死体の痕跡と、首輪から送られてきたGPSデータを使って、ゲーブル氏は狩りの様子を再現する。

どうやら、オオカミはまず、湿地に隠れてじっと待っていたようだ。

ビーバーがダムのメンテナンスに向かう途中で、オオカミは飛び出して襲いかかり、短いもみ合いの末に獲物を圧して、トウヒ林の中で骨から毛皮まで食べ尽くした。

狩りをするハイイロオオカミの姿を思い描いてほしい。

恐らく、ヘラジカを追って谷を駆け抜ける群れを想像するのではないだろうか。

ビーバーを待ち伏せして沼に潜む、一匹オオカミではなく。

しかし、「ボエジャーズウルフプロジェクト」という調査プロジェクトによってこの7年間で明らかになったのは、この地域のオオカミたちが驚くほど多様な食性を持っているということだ。(参考記事:「カナダ西海岸 海辺のオオカミ」)

ゲーブル氏らはオオカミがハクチョウやカワウソ、魚のほか、ブルーベリーまで食べていることを発見した。

さらに、オオカミは獲物をただ追いかけるだけでなく、多彩な狩りの戦術を駆使していることもわかった。

そのうちのいくつかは、高度な認知能力に加えて、文化の存在さえも示唆している可能性がある。

「オオカミの行動パターンは、多くの人が考えていたよりもずっと柔軟なものだということがわかってきました」とゲーブル氏は話す。

「おかげで、いかにして彼らが北半球で広く繁栄してきたか、新しい理解が得られてきています」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA