フッ化水素を探しに東奔西走

日本でなければ台湾でも…サムスン副会長、フッ化水素を探しに東奔西走

2019/07/09(火)

昨夜、日本に到着したサムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が日本政府が取り引き規制の 対象に含まれた半導体先端素材3つ(フッ化水素・フォトレジスト・ポリイミド)の取引先を探すために東奔西走している。

李副会長は日本羽田空港に到着した直後である7日夜にも取材陣の質問に発言を控えて「梅雨ですね」と短く答えて準備された車両に搭乗した。

7日、日本経済新聞は李副会長が取引先の企業幹部に会って日本以外の工場から韓国に素材調達を要請するだろうと報じた。

日本以外に台湾・シンガポールに生産拠点をもつ素材会社ステラケミファから高純度のフッ化水素(HF・エッチングガス)を調達するための目的と見られる。

フッ化水素は半導体の製造工程の中で回路の形通りに削るエッチング工程に使われる。

IT業界によると、エッチングガスは毒性があって長時間保管が難しい理由に「JIT(Just in time・適時供給)」が必須だ。

サムスン電子の要請と違い、ステラケミファは現在の日本政府の最終承認を得てこそ台湾などの地域からで韓国にエッチングガスを輸出することができるという立場だと知らされた。

日本経済産業省がエッチングガスをはじめ、戦略物資の輸出許可権を握っているため、これを考慮した措置に見られる。

現在のサムスン電子やSKハイニックスは大きく2つにエッチングガスを供給されている。

ステラケミファなど日本企業から直接高純度のエッチングガスを輸入し、あるいは韓国にある協力企業が買い入れた一般のフッ化水素を高純度に加工した製品を調達する方式だ。

匿名を要求した半導体業界関係者は「ガス形態のフッ化水素でなくても液体などケミカル形態のフッ化水素を使うことができるだろうが、円滑な工程のためには高純度のエッチングガスを十分に確保するのが良いだろう」と説明した。

他の取り引きの規制品目であるフォトレジスト(PR)を生産する日本現地企業のTOKも李副会長の現地日程に含まれる可能性がある。

TOK関係者は最近、時事通信とのインタビューを通じて「米国のファーウェイ(華為技術)の制裁が多少緩和されるという期待感が大きくなったが、突然政府の輸出規制が不可能になり失望感が大きい」として「極紫外線(EUV)のフォトレジストは生産量が少なく、韓国でも生産施設があり影響は制限的になる可能性もある」と伝えた。

TOKは仁川松島(インチョン・ソンド)に生産拠点を構えている。

李副会長の帰国は9日が有力視されている。

ただし、サムスン電子は「何も決まっていない」という立場だ。

—–

今回の3品規制やホワイト国除外という規制は、発表当初誰もが慰安婦問題や徴用工問題での日韓関係悪化が原因のものだと思っていた。
しかし、それは誤りだった。
実は韓国による北朝鮮とイランへの戦略物資横流しという、レベルの違う重大問題が理由であったことは昨日までに書いた通りだ。
ではなぜ、「紛らわしいタイミング」で原因の異なる規制を実施するに至ったのか?
そこには経済産業省の戦いがあったのだ。

事の発端は韓国に文大統領政権が誕生したことに発している。
その直後から、日本から韓国へ輸出した戦略物資が「行方不明」になるケースが出始めたのだ。
文政権以前でも稀にはあったのだが、事務作業ミスなどでは説明がつかない件数に達した。
日本側は韓国側に説明を求めたが、韓国側はホワイト認定国に課せられている定期協議すら拒否した。
(最低2年に一度開催が日露尾なのに、文政権誕生後は韓国側の拒否により一度も開催されていない)
それでも当時はまだ日韓関係に配慮していたため、様子見することとなったらしい。

ところが、「行方不明」になる物量がどんどん増えていった。
(途中から北朝鮮向けだけでなくイラン向けにも横流しが始まったことによる)
そこで韓国側に強く警告と協議開催を要求したところ、韓国側がとんでもない態度に出てきたそうだ。
「日本は共犯である、黙っていろ。」と開き直ったらしい。
韓国側は日本を共犯どころか「主犯」にするつもりだと日本側は感じたという。
そのことは経済産業省内部で上に伝わり、「このままでは日本が危ない」と危機感を募らせることになった。
当然、優先して3品規制の実施とホワイト国からの韓国除外が経済産業省内部では方針決定された。

オオカミの多彩な食生活

オオカミの多彩な食生活、研究者も驚く 高い知能と文化をもつ可能性

2019/07/11(木) 2019.06.30

■魚を捕り、ビーバーを待ち伏せ、夏はブルーベリーも、高い知能と文化をもつ可能性

米国ミネソタ州、ボエジャーズ国立公園の森の中の静かな湿地帯。生物学者のトム・ゲーブル氏は、ある「殺し」を調査していた。

手がかりは血に染まった葉、毛束、骨の破片。被害者は、アメリカビーバーだ。

犯人は、体重34.5キログラムのオスのハイイロオオカミ(Canis lupus)。

年齢は推定5歳、ゲーブル氏が「V074」と呼ぶ個体だ。

「このオオカミは最近、ビーバーを殺しまくっているんです」と、格闘の最中に折れたらしい枝を調べながらゲーブル氏が言う。

「この春すでに、少なくとも4匹殺しています」

■オオカミ調査プロジェクト

ミネソタ大学の博士課程にいるゲーブル氏は、何カ月にもわたってV074を追跡している。

昨秋捕獲され、GPS発信器付きの首輪を取り付けられた個体だ。

このオオカミが1カ所に20分以上とどまっていると、ゲーブル氏の元にアラートが届くようになっている。

つまり、狩りに成功した可能性が高い時だ。

あちこちに残されたビーバーの死体の痕跡と、首輪から送られてきたGPSデータを使って、ゲーブル氏は狩りの様子を再現する。

どうやら、オオカミはまず、湿地に隠れてじっと待っていたようだ。

ビーバーがダムのメンテナンスに向かう途中で、オオカミは飛び出して襲いかかり、短いもみ合いの末に獲物を圧して、トウヒ林の中で骨から毛皮まで食べ尽くした。

狩りをするハイイロオオカミの姿を思い描いてほしい。

恐らく、ヘラジカを追って谷を駆け抜ける群れを想像するのではないだろうか。

ビーバーを待ち伏せして沼に潜む、一匹オオカミではなく。

しかし、「ボエジャーズウルフプロジェクト」という調査プロジェクトによってこの7年間で明らかになったのは、この地域のオオカミたちが驚くほど多様な食性を持っているということだ。(参考記事:「カナダ西海岸 海辺のオオカミ」)

ゲーブル氏らはオオカミがハクチョウやカワウソ、魚のほか、ブルーベリーまで食べていることを発見した。

さらに、オオカミは獲物をただ追いかけるだけでなく、多彩な狩りの戦術を駆使していることもわかった。

そのうちのいくつかは、高度な認知能力に加えて、文化の存在さえも示唆している可能性がある。

「オオカミの行動パターンは、多くの人が考えていたよりもずっと柔軟なものだということがわかってきました」とゲーブル氏は話す。

「おかげで、いかにして彼らが北半球で広く繁栄してきたか、新しい理解が得られてきています」

カラスはずるい人を1カ月以上忘れない

カラスはずるい人を1カ月以上忘れない

2年間覚えている可能性も、複雑な社会構造の維持と関係か

2017.06.09

カラスをはじめ、カケス、カササギなどカラス科の鳥は知能が高いことで知られている。

人間の顔を識別し、住宅街をうろついてゴミ箱を漁り、死んだ仲間のために葬式まで出す。

(参考記事:「【動画】カラスが難しいごみ箱を開けた」、「カラスが仲間の葬式をするって本当?」)

そして、中にはちゃんと取引ができるカラスもいるらしい。

このたび、公平な取引と不公平な取引をカラスがどれだけ区別できるのかを調べた論文が「Animal Behavior」6月号に発表された。

(参考記事:「カラスの高い知能、イソップ話は実話?」)

研究を行ったのは、スウェーデンのルンド大学、オーストリアのウィーン大学、およびその他の機関の研究者らだ。論文の共同執筆者であるヨーグ・マッセン氏は、ウィーン大学の博士研究員で、認知生物学を専門とする。

「ある種の協力的な関係は、カラス科の複雑な社会生活の一部なのです」と、マッセン氏は言う。カラスがどのようにして物事を選択しているかを理解できれば、「知能の進化を研究するうえで役に立ちます」

 研究に使われたカラスは、マッセン氏と他の研究者らが自分たちで育てたワタリガラス(Corvus corax)という種だ。飼育されたカラスは人間を恐れないので、訓練しやすい。

パンを差し出すとチーズがもらえる

 研究者たちは、9羽のカラスに小さなパンの欠片を与えて、それをもっとおいしいチーズと交換できるということを教え込んだ。第1段階は、「公平な取引」を覚えさせる。トレーナーがケージの片側からパンの欠片を与える。カラスはそれをくわえてケージの反対側へ行くと、そこで別のトレーナーがチーズと交換してくれるというものだ。

 第2段階は、「不公平な取引」。カラスは手順通りの行動を取るが、また別の3人目のトレーナーはチーズを渡さずに自分で食べてしまう。

 2日後、「公平」なトレーナー、「不公平」なトレーナー、そして第3の中立のトレーナーが並んで待ち構え、実験が行われた。7羽のカラスのうち、6羽が公平なトレーナーを選び、1羽が中立のトレーナーを選んだ。さらに1カ月後、9羽全てで実験すると、7羽が公平なトレーナーを選び、1羽が不公平なトレーナーを、そして最後の1羽は中立のトレーナーを選んだ。(参考記事:「ひもを引いてエサを食べる賢い鳥、定説覆す」)

 実験はほぼ毎回、ケージの中にカラスを2羽入れて行われた。1羽は、オブザーバーとしてもう1羽の行動を見ていたのだが、それが自分の行動決定に影響を与えることはないようだった。

 今回の実験の範囲内ではないが、マッセン氏は、カラスが公平なトレーナーと不公平なトレーナーを2年間は覚えているだろうと考えている。その根拠は、カラスはケージの仲間を2年間覚えていられるからだという。(参考記事:「【動画】賢い鳥、イソップの難題をあっさり解決」)

 野生のカラスはパンとチーズの経済とは無縁だが、今回の研究はカラス科の複雑な社会構造がどのように進化してきたかを理解する手がかりを与えてくれるかもしれない。

「1羽のカラスが別のカラスを助けるなら、長期的な持ちつ持たれつの関係が存在することになります」と、マッセン氏は言う。言い換えるなら、カラスは社会資本を作って、時間が経ってもそれを維持できるということだ。相手の身づくろいをしたり、戦いのときに助けたりする好意的な行動は、確かによい関係にあるカラス同士で行われる。(参考記事:「賢いインコ「ヨウム」、アフリカで激減」)

 研究者は次に、そうした行動がカラスの性格の違いによってどこまで変わるのかを調べてみたいと考えている。

————–

デニムジーンズは蛇除けになるの

なぜ青いデニムジーンズは蛇除けになるの?

デニム生地のジーンズと言えば誰でも一度は履いたり、身につけたことがあるのではないでしょうか?

動きやすいですし、年齢性別問わず幅広い人に親しまれているファッション衣類ですよね!

一般的なデニム生地は青いものが多いですが、生地が元々青いわけではなく青く染めてあの色合いが出ます。

あれはインディゴという青藍色の染料で染色されています。

インディゴで染められるようになた理由は主にヘビや虫よけの効用があるからだと言われています。

ジーンズは1850年代のアメリカでカルフォルニアに集まった採鉱夫の間で生まれました。

その現場にはガラガラヘビが出るため、ジーンズにヘビが嫌がるピレスロイドが含まれるインディゴで染めることでヘビ除けを試みたようです。

よくジーンズを洗うと色落ちするのは色を染めるために使われている材料ではないからなんです!

ちなみにピレスロイドは人間などの哺乳類には無毒なのですが、虫や爬虫類、両生類にとっては有毒のため殺虫剤にもよく用いられています。

実際にガラガラヘビは噛まなくなるのか?

ジーンズが青い理由をこれだけ説明してきましたが、インディゴで染めたデニムジーンズには微量しかピレスロイドが含まれていないのでヘビ除けの効果はあまり期待できないようです…。

もちろん不用意に近づけばジーンズを履いていたとしてもガラガラヘビに噛まれることはあるとのこと…。

では、なぜこのように青いデニムジーンズが普及したのかと言うと鉱夫たちにとってはズボンの汚れが目立たないから使っていたそうです!笑

しかし、全く効果がないのかというとそうではありません。

インディゴはインディゴでも合成されたインディゴではなく、天然のインディゴで染めたジーンズだとヘビに噛まれなかったという実験結果が『所さんの目がテン!』で出ています。

そのため効果がないとは言いきれず、しっかりピレスロイドが含まれていれば効果は見込めるのかもしれませんね!

恐らく私達が普段履いているものは効果がないので試してみたくはないですが、今普及しているファッションアイテムも考えられて作られているものと知ると面白いですね。

まとめ

・デニムジーンズが青い理由は虫除けやヘビ除けのため

・インディゴにはピレスロイドという虫や爬虫類、両生類にとっては有毒な成分が含まれている

・天然のインディゴで染めたデニムジーンズであればガラガラヘビが近づかないという結果が出ている

————

ピレトリンの誘導体は合成ピレスロイドと呼ばれ、アレスリンなどが知られている。

ピレスロイド類は昆虫類・両生類・爬虫類の神経細胞上の受容体に作用し、イオンチャネルの一種であるNa+チャネルを持続的に開くことにより脱分極を生じさせる神経毒である。

哺乳類・鳥類の受容体に対する選択毒性作用は無いので、安全性の高い殺虫剤である。

開発初期の合成ピレスロイドには菊酸構造が存在したが、現在の合成ピレスロイドには、共通化学構造はもはや存在しない。

カニの食べ方

【中国、蟹カニ】

日本に行って初めて知った、カニの食べ方がこんなにあるなんて!

2019/06/30(日)

中国メディア・東方網は28日、「タラバガニの故郷、北海道に行かなければ、カニの食べ方がこんなにたくさんあるなんて知らないままかもしれない」とする記事を掲載した。

記事は、魚介類が盛んに消費される日本において、北海道は特に各種カニの生産地として有名であり、身の丈の大きなカニがさまざまな方法で食べられていると紹介。

そして、タラバガニはその中でもひときわ目立つ存在であり、北海道のカニ料理レストランで非常においしいタラバガニ料理を味わうことができるとした。

そのうえで、最もポピュラーな食べ方は刺身であると説明。

西洋人にとっては些か抵抗があるものの、カニそのものの味が一番するうえに甘くてぷりぷりとした食感が味わえるのが刺身だという現地人の話を紹介した。

また、熱を通したものを食べたいのであれば、茹でて食べるか、カニしゃぶ、カニ鍋にして食べるのも非常においしいと伝えている。

さらに、カニ肉を使った寿司も「絶対に試してみる価値がある」と推奨。

北海道産のお米とカニ肉の組み合わせは、想像しただけでもよだれが滴るほどの美しさであるとともに、実際に食べてみても非常においしいことを紹介した。

このほか、カニを使ったポピュラーな料理の代表として、カニクリームコロッケを紹介。

レストランの自慢料理としばしば位置付けられており、油で揚げてあるにもかかわらず天ぷら同様ちっとも脂っこくないとしたほか、さっくりとした衣の中から出てくる、トロリととろけるカニ肉入りソースの味わいは「忘れられないおいしさだ」と評している。

ゴーン妻が緊急声明

ゴーン妻が緊急声明「G20首脳は安倍晋三首相の責任追及を」「夫の基本的人権が侵害されている」

2019/06/29(土)

「安倍首相の責任追及を」=ゴーン氏妻、G20に合わせ声明

【ニューヨーク時事】日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告の妻キャロルさんは28日、米国の広報代理人を通じて声明を発表し、20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)に集まった各国首脳に向けて、夫の無実を訴えた。

声明は、被告が独房に収容されたり、弁護士の立ち会いなしに取り調べを受けたりしたことを挙げ「夫の基本的人権が侵害されている」と主張。

トランプ米大統領やフランスのマクロン大統領、ブラジルのボルソナロ大統領らに向け、日本の「人質司法」や夫への「虐待」について「安倍晋三首相の責任を追及してほしい」と呼び掛けた。

G20・グルメ都市大阪

【G20・グルメ都市大阪】

キャビア・トリュフ…豪華たこ焼き売れた?G20開幕

2019/06/28(金)

主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)は28日、大阪市で初日を迎えました。

各国首脳の様子や晩餐(ばんさん)会の状況、地元の動きなどを、時系列のタイムラインで追いかけます。

■晩餐会メニューは? 伊勢志摩サミットではアワビ

主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の目玉行事の一つに開催国が各国首脳や配偶者らをもてなす晩餐(ばんさん)会がある。

食文化を発信する絶好の機会として、開催国が腕によりをかけたメニューを準備する。

過去のG20サミットでも、お国柄を反映した料理が並んだ。2018年のブエノスアイレス(アルゼンチン)では世界屈指の生産量を誇る牛肉が振る舞われ、16年の杭州(中国)ではマツタケスープにエビやカニなどの海産物が出た。

15年のアンタルヤ(トルコ)では、首脳らは名物料理のケバブに舌鼓を打った。

日本でのG20サミットの開催は今回が初めてだが、G8サミットの経験はある。
00年の九州・沖縄サミットでは琉球野菜や石垣牛、08年の北海道洞爺湖サミットでは毛ガニや羊肉、16年の伊勢志摩サミットではアワビや松阪牛などの特産品で、出席者をもてなした。

では今回は――?

大阪名物として広く知られるのはソウルフードの「たこ焼き」などの粉物料理だ。
だし文化も盛ん。

泉州水なすや大阪えだまめなど、大阪府が「なにわ特産品」に指定する特産品の野菜もある。

大阪は「天下の台所」や「食い倒れの街」として歩んできた歴史がある。

食へのこだわりを世界に見せられるか、注目されている。

14:30

「いらっしゃいたこ焼き」1食売れる

ロシアのキャビア、フランスのトリュフ、インドのカレー……。

たこ焼き店などを展開する「くれおーる」の道頓堀店(大阪市中央区)が、G20に参加している国や地域にちなんだトッピングを施した特別メニュー「G20いらっしゃいたこ焼き」を販売中だ。

1日3食限定。この日は午後2時半までに1食売れた。

G20を大阪のソウルフードで盛り上げようと企画。

梅しそ(日本)やダッカルビソース(韓国)、豆の煮込み「フェジョン」(ブラジル)など珍しいトッピングもある。

「サミット」の語呂に合わせ、価格は3310(サミット)円に設定。20日から販売を始めたが、完売した日はまだないという。

この日、特別メニューを注文した日本人親子は「トリュフが一番おいしい」。

ヨーグルトソース(サウジアラビア)がおすすめという武田真史店長(37)は「サミットが成功し、たこ焼きのように世界が丸くなれば」と期待を込める

吉本興業の体質

2019/06/26(水)

ギャラが低く、マネジメントは機能せず、契約書もなく、実質的に移籍の自由もない──

今回の一件はこうした吉本興業の体質によって生じてしまった側面がある。

芸人にとっては、おそらくそうとう不満はあるはずだ。

ギャラが低くても事務所移籍はできず、仕事を自分で作っても事務所の対応は遅く、契約書を交わしてくれないのでトラブルが生じると一方的に契約解除をされる─
─テレビの情報番組に出演する同社所属の芸人は言葉を選んで話しているが、おそらくこうした不満を抱えている。

よって、今回の問題を単に芸人だけに帰責すると、また同様の事案が繰り返されることになる。

そもそも2012年にも、吉本所属のタレントがペニーオークションに関する虚偽の内容をブログに書き込んでいたとして問題となった。

これも「闇営業」だった。

つまり、2014年以前に火種は存在したのだ。

吉本興業は「今後、所属タレントへのコンプライアンス研修の一層の強化を図り……」と発表しているが(吉本興業「プレスリリース」2019年6月24日)、そもそもの構造的な問題が解消されないかぎり、今後も同様の事案は生じうるだろう。

ここでひとつ付け加えたいのは、こうした吉本興業と政府が現在きわめて近い関係にあることだ。

4月、吉本興業はNTTとともに教育コンテンツ配信事業「ラフ・アンド・ピース・マザー」を立ち上げると発表した。

ここには、官民ファンドであるクールジャパン機構(海外需要開拓支援機構)から約100億円の出資が予定されている(吉本興業『ラフ&ピースニュースマガジン』
2019年4月21日)。

タレントと契約書も交わさないような会社に、政府からの多額の資金が流れることとなる

昔の名前で呼ぶ人たち続出で連日話題

ジャスコ、ダイエーからポスフールにカルフールまで 昔の名前で呼ぶ人たち続出で連日話題

2019/06/25(火)

日本最大のスーパーマーケットチェーン、イオン。その「呼び方」をめぐって、ツイッター上で連日話題となっている。

かつて「ジャスコ」や「サティ」、「ダイエー」といった名前だったことから、いまだに「旧称」で呼んでいるという人たちの投稿が相次いでいるのだ。

◇ 北海道限定「ポスフール」も登場

発端となったのはニュースサイト「しらべぇ」が2019年6月17日に公開した記事。

イオンを、2011年まで使われていた「ジャスコ」で呼び続けている人が一定数いるとの内容だ。

これにツイッターでは、「つい、イオンの看板見ても脳内変換してジャスコと言ってしまう」などと、共感する書き込みが相次いだ。

ジャスコ以外にも、2011年に消滅した「サティ」、かつて全47都道府県に店舗を構えていた「ダイエー」、北海道地区にのみ展開していた「ポスフール」、一時期国内に出店していたフランスのスーパー「カルフール」といった名前も、ツイッター上には挙がった。

いずれも2010年代に入って、イオンへのブランド転換が進んでいるが、

「イオンはいつまでたってもしっくり来ない。やっぱりサティだろ」

「ダイエーがまだ心の中で生きてる」

「カルフールはカルフールだよ」

など、かつての「名前」にこだわりを見せる人もいた。

意図的に旧称で呼んでいるという声もあった。

「全部イオンになって区別つかないから、あえてジャスコ、サティ、ダイエーって呼んでる」

「場所によってジャスコとポスフール使い分けてた」

このように、同じ地域内に複数のイオンが立地している場合は、それぞれを区別するためにかつての名前を使い分けている人もいるようだ。

引き揚げられたナチス戦艦のワシの像

、ウルグアイ裁判所が売却命令

2019/06/23

AFP=時事】ウルグアイの裁判所は、第2次世界大戦(World War II)初期の海戦に参戦したナチス・ドイツ(Nazi)の戦艦に設置されていたブロンズ像について、売却して代金を政府と引き揚げチームで折半しなければならないとの判断を下した。

アルフレド・エッチェガライ(Alfredo Etchegaray)氏とフェリペ・エッチェガライ(Felipe Etchegaray)氏の兄弟率いる引き揚げチームは1997年、ブロンズ像の捜索許可を申請した。

引き揚げチームは10年にわたる捜索の末、2006年に首都モンテビデオの沖合でワシのブロンズ像を発見。

ウルグアイ海軍と2004年にブロンズ像の売却代金を折半する旨の合意を結んでいたものの、政府側がこの合意を破ったとして提訴していた。

引き揚げチームは、ブロンズ像を90日以内に売却しなければならないとする今回の判断を歓迎している。

ブロンズ像は発見以来、海軍の倉庫で保管されていた。

オークションに掛けられれば、かなりの高値が付くものとみられている。

ブロンズ像はワシが翼を広げ、かぎ十字をかぎ爪でつかんだデザインで、ドイツ海軍の誇りだった戦艦「アドミラル・グラーフシュペー(Admiral Graf Spee)」号の艦尾に設置されていた。

同艦はラプラタ沖海戦(Battle of the River Plate)後の1939年12月17日、ハンス・ラングスドルフ(Hans Langsdorff)艦長の命令で自沈した。

グラーフシュペーは当時、ドイツ第三帝国(Third Reich)最大規模の軍艦で、英国艦2隻、ニュージーランド艦1隻の追跡を逃れ、モンテビデオの港に一時退避。

その後、ラングスドルフ艦長はグラーフシュペーを港の外に出し、自沈を命じた。
同艦長は策略に掛かり、国際水域で英国の大艦隊が待ち伏せしていると信じたものとみられる。

この屈辱から数日後、ラングスドルフ艦長は自ら命を絶った。