原因は給食「焼きのり」

立川・集団食中毒 原因は給食「焼きのり」

2017/02/28(火)

今月中旬、東京・立川市の小学校で児童ら1000人以上が感染した集団食中毒の原因が、給食の「焼きのり」だったことが明らかになった。  

立川市の集団食中毒は今月17日に発生し、市内の7つの小学校で給食を食べた児童と教職員計1000人以上が、
ノロウイルスに感染して嘔吐(おうと)するなどしたもの。児童9人が入院したが、現在は全員が退院している。  

これについて東京都は28日、原因となった食材が前日の今月16日に立川市の給食センターで調理・提供された親子丼にかけられた「焼きのり」が原因だったと発表した。  

大阪市内にある海苔メーカー「東海屋」が製造した『キザミのり』という商品で、同じ賞味期限の未開封の商品を検査したところ、一部からノロウイルスが検出され、患者のものとDNA型が一致したという。  

また、和歌山県御坊市でも先月、給食が原因で小中学生ら800人以上が集団食中毒になっているが、このときも立川市と同じ賞味期限の「東海屋」の「焼きのり」が使われていたという。

真贋論争の「曜変天目茶碗」

真贋論争の「曜変天目茶碗」、成分分析で化学顔料はほぼ検出されず・・・鑑定結果に異論を唱えていた専門家の主張を覆す結果に

2017/02/28(火)

テレビ東京の鑑定番組「開運!なんでも鑑定団」で、徳島市の男性が所有する陶器が世界で4点目の「曜変天目茶碗(ようへんてんもくちゃわん)」と鑑定され、真贋(しんがん)論争が起こっている問題で、この陶器を奈良大が成分分析した結果、18世紀以降に開発された化学顔料はほぼ検出されなかったことが27日、分かった。

番組での鑑定結果に異論を唱えていた専門家は、中国の模倣品と斑紋が酷似していることを理由に「化学顔料が使われている」と訴えていたが、その主張を覆す結果となった。

陶器の成分分析は、所有者の橋本浩司さん(57)=徳島市明神町1、ラーメン店店長=が2月22日に奈良大の魚島純一教授(保存科学)に依頼した。

魚島教授は、物質に含まれる元素を検出する蛍光X線分析装置を使い、茶碗表面の色ごとにX線を当て、元素の種類と量を調べた。

その結果、アルミニウムなど10種類の元素が検出されたが、化学顔料に使われる元素は発色に影響を与えない程度のごくわずかな量しか出なかった。

魚島教授は「どの色にX線を照射しても、ほぼ同じ成分が検出され、使われた釉(ゆう)薬(やく)は1種類とみられる。

この結果が出たことで偽物とは断定できなくなった」と話した。

分析を依頼した橋本さんは「科学的な根拠が持てて納得できた」と言っている。

一方、陶器は化学顔料が使われた模倣品だと主張していた曜変天目研究家の陶芸家・長江惣吉さん(54)=愛知県瀬戸市=は、今回の分析結果について「これだけでは真贋は分からない。

正確な分析に欠かせない器の洗浄が行われておらず、分析方法に疑念も残る」と話した。

沖縄県立芸術大の森達也教授(中国陶磁考古学)は「南宋時代(12~13世紀)の中国・福建省で作られた陶器の成分と比較するなど、総合的な検証が必要。

今回の調査で本物とは判断できない」と話した。

番組は昨年12月20日に放送され、橋本さんは、曽祖父が戦国武将・三好長慶の子孫から購入したという陶器を出品。

曜変天目茶碗と鑑定され、専門家から異論が出ていた。

アルコルの位置

以下ウィキからの抜粋

アルコル (Alcor) は、おおぐま座にある恒星である。北斗七星を構成するζ星ミザールの伴星である。アルコルはアラビア語で「かすかなもの」という意味。

ミザールとアルコルは太陽系から78光年の距離にあり、両星の間は0.3光年離れている。ミザールとアルコルは連星の関係にあると考えられている。

アルコルの実視等級は4.0で、等級2.2のミザールとの距離は12分(満月の半径程度)である。

普通の視力の人の分離能は1分なので、ある程度の視力があればミザールとアルコルを分離して見ることができる。

かつてアラビアでは視力検査に用いられ、2つの星が分離して見えるかどうかで視力を試していた。

中国語では、この伴星を「輔星」と呼ぶ。宋の時代の道教の書『雲笈七籤』24巻「日月星辰部」では北斗七星と弼星とあわせ北斗九星とされた。

日本の場合、地方によっては「寿命星」などとよばれ、この星が見えなくなると年内に死ぬ、といったような迷信がある。

ただし実際のところ、それまで見えていたアルコルが見えなくなるのは老眼のせいであろう。

考えようによってはある程度正しい言われかもしれない。

死兆星はあります

死兆星はあります

但し、死兆星とは呼ばれてませんが。

アルコルという名の星で、北斗七星はひしゃく形をした星座ですが、その一番水を入れる所に近い柄の部分、つまりはどちらから見ても4番目の星が、少し暗い星なのですが、その横にあります。

目のいい人なら空気の澄んだ所でなら見られます。

都会では見れないでしょう。

古代、アラビアだったかの軍隊で、その星が見えるかどうかで目のよさを計ってました(本当)

この星が見えなくなったら死ぬ。という言葉があります。

まあ、見えてたものが見えなくなったと言う事は衰えたと言う事で死期が近づいてきた。と解釈されたのでしょう。

朝鮮学園を支援する会

「朝鮮学園を支援する会」佐々木元事務局長「どの外国人学校より日本の学校に近い。補助なしは理解できない」

2017/02/26(日)

「子どもたちをつらい目に遭わせて心苦しい」 朝鮮学校補助金問題で保護者ら集会

【時代の正体取材班=石橋 学】朝鮮学校に通う子どもたちの学費補助金の交付を県が留保している問題で保護者や学校関係者らは24日、集会を開いた。民族教育を守ろうと会場の神奈川朝鮮中高級学校(横浜市神奈川区)には卒業生も含め約200人が集まった。

3人の子どもを通わせているオモニ(母親)会の白(ペク)珠妃(チュビ)さん(47)は「民族の尊厳の問題。子どもたちをつらい目に遭わせて心苦しい。大人たちが何とかしなければ」と呼び掛けた。

県は拉致問題の記述が教科書にないことを留保の理由にしているが、「神奈川朝鮮学園を支援する会」の佐々木克己元事務局長は「補助金は県が保護者に出すもので、第三者の学校を理由にするのはおかしい」と矛盾を指摘。

「日本で暮らし続ける子どもたちのため日本のことも教えている朝鮮学校は、どの外国人学校より日本の学校に近い。
他の外国人学校は補助が出て、朝鮮学校だけ補助されないのは理解できない」と話した。
—————

補助を求める事が理解出来ない

神奈川新聞の読者にもこの記事はおかしいと思う人はいるのかな

バイク便業者 法令違反で行政処分

バイク便業者 法令違反で行政処分

2017年02月24日

\\ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20170224/k10010888851000.html

オレオレ詐欺でだまし取られた現金を運んだ都内のバイク便業者に運行に関する複数の法令違反が見つかったとして、国土交通省は24日、バイク1台を90日間使用停止の行政処分にしました。バイク便業者に対する行政処分は全国でこれが初めてです。

行政処分を受けたのは東京・新宿区のバイク便業者です。

国土交通省によりますと、この業者は運転手に対する健康診断や点呼、指導・監督を適切に行なっていなかったほか、アルコール検知器を備えていないといった4つの法令違反が確認されたということです。

このため、関東運輸局東京運輸支局は貨物自動車運送事業法に基づき24日、バイク1台を90日間使用停止の行政処分にしました。

この業者はオレオレ詐欺でだまし取られた現金を運んだとして警視庁の捜索を受けましたが、現金を運んだ認識があったことは認められませんでした。

一方で業者が安全運行について違反している疑いが見つかったことから、警視庁から情報提供を受けた関東運輸局が去年11月に立ち入り監査を行っていました。

国土交通省によりますとバイク便業者に対する行政処分は全国でこれが初めてだということです。
ーーーーーーーーーーー

「オレオレ詐欺への意図的関与は法的に立証は難しいけど、意図していると当局が確信したら別件でいくらでも罰を下すぞ」みたいな。

中国頼み日本経済

中国頼み日本経済、南京大虐殺30万人…中国共産党の嘘を暴く1冊「中国不要論」の警鐘とは

2017/02/24(金)

さて、今週ご紹介する“エンターテインメント”は、近頃話題のあの国を鋭く分析した話題の1冊についてでございます。

昨年の1月28日付の本コラム「爆買い終了、次は反日“爆難民”650万人どっと…衝撃の予言『中国崩壊後の世界』」http://www.sankei.com/west/news/160128/wst1601280002-n1.html

で、韓国や中国の経済動向などをまとめた数々の著書で知られる気鋭の作家兼経済評論家、三橋貴明(みつはし・たかあき)氏の著書「中国崩壊後の世界」(小学館新書 780円+税)をご紹介しました。

三橋氏はこの著書で、訪日中国人観光客による“爆買い”について、中国共産党による税制の変更(主に輸入関税のアップ)によって近々終了すると予想しましたが、みなさんご存じの通り、この予想、見事に的中しました…。

三橋氏は他にもこの著書で日中関係におけるさまざまな興味深い“予言”を行っていたわけですが、先ごろ、この著書の続編とも言うべき1冊が発売されました。「中国不要論」(三橋貴明著、小学館新書、760円+税)です。

書名が全てを物語っていますが、この本“中国とお付き合いしても全く良いことはなく、それどころか、これ以上仲良くすると日本は中国の属国と化してしまう”と警告するなど、まさに衝撃的な内容のオンパレードなのです。

というわけで今回の本コラムでは、今後の対中関係のあり方について示唆(しさ)に富む指摘が満載のこの1冊についてご紹介いたします。

■日本は中国に依存!? 実際2%台なのに…「“洗脳”された日本の経営者」

まず本書は、ドナルド・トランプ米大統領の誕生で、経済や安全保障の面で混迷を極める隣国・中国に対し<わが国はどのように接していけばいいのか。悠長に構えている時間はない>と前置きしたうえで、一部の新聞やテレビが喧伝(けんでん)する「日本経済が中国に依存している」という主張がデマであると断言。

その根拠として<「日本の対中輸出は、GDP(国内総生産)比で何パーセント」と、数字で語ることが必要だ…>として、ジェトロ(日本貿易振興機構)やIMF(国際通貨基金)の数字をもとに、財の対中輸出額を名目GDPで割り、2014年時点の「対中依存度」を算出。
この数字を他の主要国と比較することで、日本の中国依存の「度合い」をはじき出します。

その結果、かなり意外な数字が明らかになります。何と日本の対中依存度はわずか2・8%。米国が0・7%、英国が0・9%ですから、確かにこの2国より依存度は高いですが、ドイツが2・6%ですから、まあドイツと同じくらいです。ちなみに台湾が15・5%、韓国が10・3%で、依存度で言えば日本よりずっと高いわけです。

この結果を受け、本書は<日本は中国の隣にある割に、対中依存度はそれほど高くない>ので<簡単にいえば「日本経済は中国と普通の交易をしているに過ぎない」と言いたいだけだ>と説明。

そして<「日本経済は中国に依存している!」と主張することは、言論のあり方として明確に間違っている>と断言し、こう訴えます。

<「中国依存」と「印象」に基づき主張を展開している人たちは、客観的なデータを読めないのか、もしくは何らかの政治的意図があり、プロパガンダを繰り広げているかのいずれかであろう>

確かに、この2・8%という意外過ぎる数字の前では、こう考えるのが普通ですね。そして本書が「日本経済は中国依存」というレトリックを否定する二つ目の理由として<我が国固有の領土である尖閣諸島への領海侵犯を繰り返す「侵略国家」>で<中国共産党という怪物が支配する、独裁国家>である中国に経済を依存することで、日本は中国の属国と化してしまうと警告します。

これ、当然と言えば当然ですね。徹底した反日教育で育った人々で成り立つ国にせっせと経済貢献するなんて、盗人に追い銭どころの話ではありません。

それにしても、なぜ「日本は中国に依存しなければ、やっていけない」的な論調が盛んに出てくるのでしょうか?

それについて本書は、日本の経営者の中に大東亜戦争敗北後のGHQのWGIP(戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画)や、日教組の自虐教育による洗脳のせいで「日本人は戦争中に中国に対して悪いことをした」と中国共産党のプロパガンダに完全に染められ<利益度外視で中国に資本や技術を提供した人物が少なくない>と喝破(かっぱ)。

さらに<支那事変における中国側のプロパガンダの象徴である「いわゆる南京大虐殺」は、完全な作り話><人口20万都市の南京で「30万人大虐殺」など、発生しようがない。ちなみに「いわゆる南京大虐殺」が発生した後の南京の人口も、やはり20万人だった>と説明し<「いわゆる南京大虐殺」が、中華民国や中国共産党が日本を貶(おとし)め、自国の国益を拡大するために拡散したプロパガンダであることがわかる>と一刀両断にします。

■、「対日戦争勝利という嘘」…スイス見習おう

ここまではっきり言ってもらうと爽快なのですが、本書は、こうした悪質な嘘っぱちの数々によって、「対日戦争勝利という嘘」を中華人民共和国を独裁的に支配する「権威」として利用する中国共産党と、そのプロパガンダに乗せられ、というか、わざわざ自らそれに乗っかって日本をわざと貶(おとし)める日本国内の反日勢力のやり口を論理的に断罪します。

実際、本書では、日本企業の愚かな中国支援(具体例は本書をお読みください)によって日本の凋落(ちょうらく)と中国の台頭が同時進行で起きたことや、中国の策略によって安価&超危険な中国製品に慣らされ「低価格志向」を標榜(ひょうぼう)するようになった日本の消費者の考えを改めることに加え、品質が高い国内製品をみんなが高価格で買うことで国民経済を成長させてきたかつての日本の姿を取り戻すことで<中国からの輸入分を国内生産すればGDPは4%拡大する>と断言します。

そのために、われわれはどうするべきか?。本書では具体例のひとつとして、政府が1969年に自国の住民と国土を戦争や災害から守るための教訓をまとめた冊子「民間防衛」を国内の全家庭に無料配布したスイスの小学生くらいの女の子の例を挙げます。

この女の子は、輸入品の安い卵を買わず、1個80円もする国産の卵を買っていました。しかし、それには理由がありました。彼女はこう言ったといいます。<これを買うことで、(国内の)農家のみなさんの生活が支えられる。そのおかげで私たちの生活が成り立つのだから当たり前でしょ>

とはいえ、今の日本は、デフレと貧困化の進展で、中国産の原材料を多く含む低価格商品を買わざるを得ない状況です。そしてそんな状況をあざ笑うかのように、日本の食料の対中輸入の数字の推移をみると、2008年には前年比で大きく減ったものの、以降はまた右肩上がりで増加。全体に占めるシェアは14%に達しています。

しかし本書はそれでも敢えて、危険な中国産の食品を拒否し、結果的に食品価格が上昇することを受け入れる気概が不可欠であり、もっと食の安全や食糧安全保障について真剣に考えるべきだと主張します…。

他にも本書は文字通り、目からうろこな事実や<移民を受け入れると7割が中国人になってしまう>といった隣国・中国を巡る“今、そこにある危機”について詳細に説明・警告しています。とにかく安倍政権には一刻も早くデフレからの脱却の実現をお願いしたいものです。でなければ本当に日本は中国の属国になってしまうでしょう。まさに反日勢力の思うつぼです。

ちなみに、前述したスイスの冊子「民間防衛」には、こう書かれているそうです。<腹の減った者は、パンを約束する者の言うことを聞くのだから>

(岡田敏一)

   ◇

【プロフィル】岡田敏一(おかだ・としかず) 1988年入社。社会部、経済部、京都総局、ロサンゼルス支局長、東京文化部、編集企画室SANKEI EXPRESS(サンケイエクスプレス)担当を経て大阪文化部編集委員。ロック音楽とハリウッド映画の専門家。京都市在住。

http://www.sankei.com/images/news/170224/wst1702240003-p1.jpg
「中国なしで日本経済は成り立たない」というミスリードと中国共産党の嘘の数々を徹底的に看破する話題の1冊「中国不要論」
http://www.sankei.com/images/news/170224/wst1702240003-p2.jpg
経済評論家の三橋貴明氏(豊吉広英撮影)
http://www.sankei.com/images/news/170224/wst1702240003-p3.jpg
1月17日、スイス・ダボスで開かれた世界経済フォーラム年次総会で、スピーチを終えて笑顔を見せる中国の習近平国家主席(AP)

出前の器の正しい返し方

韓国で熱い議論を呼んだ、出前の器の正しい返し方=韓国ネット「間違っていた自分が恥ずかしい」

2017/02/24(金)

2017年2月20日、韓国の中国料理店でアルバイトをする若者がインターネット掲示板に残した書き込みが大きな反響を集め、複数のメディアが取り上げる事態になっている。

国民日報などの報道によると、このバイト店員は「器を引き取りに行った先で本当に感動しました」と題して、短い文と1枚の写真を掲載した。

「いつものように空になった器を回収しに行ったところ、きれいに洗われた器と手紙、そして現金」を受け取ったという。

写真には、「ごちそうさまでした」と書かれたメモと、空になったジャージャー麺の器の上に丸めて置かれた1000ウォン(約100円)札1枚が写っている。

店員は「本当にありがたい。こういう方が増えてくれたらうれしい」とつづった。

この書き込みに、他のネットユーザーらは「爆発的な反応を示した」と国民日報は伝えている。記事にも2000件近いコメントが寄せられ、「心が温かくなった」「環境保護にも良さそうだね」などの声が多数の共感を得た。

また、

「ビニール袋に(食べ終わった)器をただ入れて出しておいた自分が恥ずかしい」と反省する人がいる一方、

「洗剤で洗わないまでも、器は水ですすいで回収しやすいようにしてる」

「いつも洗って返すというのは、母から一つ学んだこと」

「うちのマンションではみんな洗って出すよ。臭いも虫も出ないし、気分もいいね」

と、日頃からの心掛けを披露するコメントも多い。

また、

あるユーザーは「出前や宅配便に対応するわが家の姿勢」として

「1.1階共同ドアのベルが鳴ったらすぐに遠隔操作で1階のドアを開ける。

2.11階の家の玄関を開け外で待つ。
3.料理や荷物を受け取ったら、(配達員が)乗ってきたエレベーターですぐに下りられるよう最大限に迅速に行動する。
4.食べ終わった器はすすいでビニールに入れ、玄関外に置く。
5.割り箸などの異物は決してビニールに入れない」

と詳細に記し、注目を浴びた。

大半がきれいに器を洗って出しておく方法を「正しい」としているようだが、

中には

「洗うのが嫌だから出前を頼むことも多いんだけどな」

「こんなつまらないことでここまで感動するとはね」

「今後、出前を取ったら皿を洗ってチップまで出さなきゃいけないのか?」

と不満げなコメントも。

また、

中国料理店で働いた経験があるというユーザーからは「回収後はどうせ他の器と一緒くたになってまた汚れるし一度に洗うから、器の汁を捨てておいてくれれば洗わなくてOKだよ」とのアドバイスもあった。

捜査線上に「愛人」浮上

金正男氏 現地妻に裏切られた?捜査線上に「愛人」浮上

2017/02/23(木)

【金正男氏殺害事件】

“現地妻”の愛人に裏切られた!? 北朝鮮の金正男氏(45)暗殺計画の詳細が徐々に明らかになってきた。

犯行は北朝鮮の偵察総局の工作員によって用意周到に練られたものであり、実行犯の女2人のうちベトナム国籍のドアン・ティ・フオン容疑者(28)には不審な点も多い。

さらに不可解なのは、正男氏の行動が北側にダダ漏れだったことだ。

ごく身近な人物が北側に内通していたとみられ、現在捜査線上に浮上しているのが、マレーシア在住の「正男氏の愛人」という40代の中国系シンガポール人女性だという。

マレーシア・クアラルンプール国際空港で白昼堂々と殺害された正男氏。実行犯はフオン容疑者とインドネシア国籍のシティ・アイシャ容疑者(25)で、ともに「イタズラ動画の撮影だと思った」と供述。

衆人環視の下での大胆な犯行に、一部ではずさんさを指摘する声も上がっているが、実際は用意周到に準備された計画だった可能性が高い。

なかでもフオン容疑者はコトを終えた後、指示役と見られる北朝鮮籍の男に合図を送るなど怪しい点が目立つ。

「現場から立ち去る際には、曲がり角を直角に曲がっていた。

これは訓練を受けた軍人や暗殺部隊に多く見られる兆候」と歩き方から“プロ”と判断したのは軍事ジャーナリストだ。

同容疑者は犯行後、現場付近のホテルに宿泊。部屋で髪を切り、別人になりすまそうとする偽装工作も確認されている。

またフオン容疑者は職業について「ネットアイドルをやっている」と供述しているが、実際に“ユーチューバー”になったのは昨年9月で日は浅い。

動画の中身も視聴回数を稼ごうと創意工夫を凝らしたものではなく、ほぼ“自撮り”に近い内容だった。

これに前出のジャーナリストは「逮捕後の取り調べで『配信アイドルだった』というアリバイ作りのためにユーチューバーになったようにも思える」と指摘する。

コリア・レポートの編集長、辺真一氏は「これまで暗殺は北の工作員自ら行ってきたが、それが外国人を雇った嘱託殺人に変わってきた。

『殺人とは知らなかった』と供述しているフオン容疑者だが、手口を見る限り、素人とは思えない部分もある。

フオン容疑者が工作員、もしくはそれに近い役割だった可能性はある」と話す。

さらに不可解なのは、正男氏の動向が犯行グループにダダ漏れだった点だ。同氏は今月6日にマレーシアに入り、13日に出国予定だった。

これに対し、暗殺を実行犯に指示し国際手配されている北朝鮮籍の男4人は、それぞれが1月31日から2月7日までにマレーシア入り。

事前に正男氏がいつ同国を訪れるかを正確に知った上で行動していたとしか思えない。

「正男氏は命を狙われていることを知っているので、出入国の日程が漏れないように細心の注意を払っていた。にもかかわらず、犯行グループには筒抜けだった。これは正男氏に近い人物のなかに北側の内通者がいたことを意味する」(前出ジャーナリスト)

そんななか、浮上しているのが、正男氏の“愛人”と言われる現地在住の40代の中国系シンガポール人女性のAさんだという。別の関係者の話。

「ビジネスでたびたびマレーシアを訪れる正男氏の“現地妻”と言われていたのがAさんだった。

現地の財界人の間でも知られた間柄だったとか。

いつも2人の護衛を付けている正男氏が今回無防備だった理由は定かではないが、一人きりで出国することは犯行グループに知られており、そのタイミングで狙われた」

正男氏の動向を細かく把握していたAさんが、護衛を付けずに空港に行き出国することを何らかの方法で北側の工作員に伝えたのであれば、今回の“ピンポイント暗殺”も納得がいく。

現在、マレーシア当局もAさんの行方を追っているという。事態はさらに複雑化している――。

99ttp://news.livedoor.com/article/detail/12710955/

2017年2月23日 10時30分 東スポWeb

この4か月間で死亡したロシア外交官

2017/02/23(木)

この4か月間で死亡したロシア外交官

2016年11月・・・ニューヨークのロシア領事館内のスパイ防止担当者が死亡

     12月・・・トルコのロシア大使が死亡

     12月・・・モスクワでロシアの外交官が死亡

2017年1月・・・・ギリシャのロシア外交官が死亡

     1月・・・・インドのロシア大使が死亡

     2月・・・・ニューヨークでロシア国連大使が死亡