北が最高人民会議選の結果報道

北が最高人民会議選の結果報道 当選者名簿に金委員長の名前なし

2019.03.12

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が10日に実施した最高人民会議(国会に相当)の第14期代議員選挙の当選者名簿に、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の名前が入っていないようだ。

朝鮮中央通信によると、北朝鮮の中央選挙委員会は12日に当選者687人の名簿を発表した。

朝鮮中央放送はこの日、当選者名簿を読み上げたが、金委員長の名前は呼ばれなかった。

代議員は5年ごとに事実上の信任投票で選ばれる。金委員長は政権発足後、初めて行われた2014年3月の最高人民会議第13期代議員選挙で「第111号白頭山選挙区」に出馬して初当選した。

このとき、北朝鮮メディアは金委員長の当選を選挙翌日に大々的に報道し、その次の日に当選者名簿を発表した。

今回は選挙の2日後に当選者名簿が発表されるまで全く言及がなく、その背景に関心が集まっている。

一方、第14期代議員選挙では金委員長の妹の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長が当選した。

14年の代議員選挙には出馬しなかったものの16年に最高人民会議の会議に出席しており、死亡などで欠員が生じた代議員のポストに補選されたとの観測が出ていた。

今回の当選により、金委員長の最側近であることを改めて示した。

中央選挙委員会は、今回の選挙の投票率は99.99%で賛成率は100%だったとしている。

最高人民会議の代議員選挙は世代交代や入れ替えなど北朝鮮の権力構造の変化を知る機会となる。

国連が制裁違反調査

北朝鮮にロールス・ロイスなどの高級車 国連が制裁違反調査

2019/03/12(火)

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮でロールス・ロイスなどの高級車が目撃されたことを受け、国連が一部の国を対象にぜいたく品の輸出禁止を含めた対北朝鮮制裁の違反の有無を調査していると、AP通信が11日(現地時間)に報じた。

同通信は今週中に公表予定の国連の対北朝鮮制裁履行報告書を引用し、国連が約20カ国を対象に制裁違反の有無を調査中だと伝えた。

この報告書は国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会の専門家パネルが毎年2回、安保理に提出するもので、制裁の履行と効果に関する総合的な評価結果となる。

同通信が入手した報告書によると、北朝鮮への輸出が禁じられているロールス・ロイスのファントム、メルセデス・ベンツのリムジン、トヨタ自動車の高級車・レクサスの前輪駆動モデルなどのぜいたく品が北朝鮮に持ち込まれている。

昨年10月にポンペオ米国務長官が北朝鮮・平壌を訪問した際には、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)がロールス・ロイスとみられる黒い車に乗って現れる姿が海外メディアに報じられた。

また、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が昨年9月に平壌で金委員長と一緒にカーパレードを行った際、北朝鮮が提供したオープンカーも、ベンツの最上級モデル「マイバッハS600プルマン・ガード」を改造した車と推定された。

昨年10月、平壌を訪れたポンペオ長官と会うため車を降りた金委員長。

車のタイヤにロールス・ロイスのロゴとみられる「R」が刻まれている(米国務省提供)=(聯合ニュース)

アインシュタイン「神はサイコロを振らない」

アインシュタイン「神はサイコロを振らない」

サイコロをふるというのは、偶然に従う結果を出すという意味です。

実際に振ってみるまで、何の目が出るか分からない。

それまでの物理学では、自然現象は全ての条件を事前に揃えることが出来れば、結果は1つだけに決まるという考え(決定論)が信じられてきました。

過去のある時点での条件がすべてわかれば、未来はただ一つに決定できる。

自然現象の未来は、自然の法則に基づいてただ一つに決まっている。

アインシュタインは、「物理学は、自然現象を決定論として記述できる」と信じていたのです。

しかし量子論(における波動関数の確率解釈)では、確率でしか記述できないことになっており、決定論ではなくなってしまうのです。

それで彼は質問文にある言葉で量子論を批判したのです。

ちなみにアインシュタイン自身は無神論者であり、ここでいう神とはキリスト教的な神様のことではなく、あらゆる自然現象を支配する究極の原理・真理の象徴を指します。

欧米の物理学者はこの「神」をよく例えに使います。

「物理学というのは、神様のやっているチェスを横から眺めて、そこにどんなルールがあるのか、どんな美しい法則があるのかを探していくことだ」とはファインマンの有名な言葉です。

「隠れた変数理論」

この理論は、アインシュタインが量子論を決定論にするために、まだ誰も知らない計算方法が実はあってその計算をすれば量子論の結論を決定論に変換できるはずだ、と主張し、その未知の計算方法を「隠れた変数」と呼んだわけです。

結局そんなものは見つからず、決定論に固執したアインシュタインは想いを果たせませんでした。

ゴーン被告の取締役会出席を認めず

ゴーン被告の取締役会出席を認めず 東京地裁

株式会社 産経デジタル

2019/03/11

会社法違反(特別背任)などの罪で起訴され、保釈された日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)について、東京地裁は11日、12日に予定されていた日産の取締役会への出席を許可しなかった。

地裁は証拠隠滅の恐れがあると判断したとみられる。

関係者によると、ゴーン被告の弁護団は8日、取締役会への出席意向を地裁に打診。

地裁は出席の可否について、東京地検から意見を聞いた上で許可しないと判断した。

ゴーン被告の取締役会への出席について、弁護人の弘中惇一郎弁護士は11日、「被告本人から理由は聞いていないが、(出席は)取締役の義務だと思っている」と述べた。

取締役の中には地検特捜部が行った事情聴取の対象者が含まれているため、地検は、ゴーン被告が出席すれば圧力となり、公判で証言を拒むといった証拠隠滅につながる恐れがあるなどと主張したとみられる。

地裁は保釈条件の中で、事件関係者への接触を禁止しているが、取締役会への出席は、許可があれば可能としていた。

ゴーン被告は昨年11月の逮捕後、日産の会長職を解かれたが、取締役には留まっていた。

ラブホテル悩む対応

利用人数 把握難しく…ラブホテル悩む対応

2019/03/09(土)

利用人数 把握難しく ラブホテル悩む対応

ビジネスホテルや旅館などの宿泊客の多くは県外からだが、業態によっては市民が宿泊税を払う場合もある。

カップルが利用するラブホテルだ。金沢市内の経営者たちは宿泊税がかからないよう料金体系を見直すなど対策を立てるが、利用人数の把握の難しさなど、業界特有の悩みも抱える。

「課税されないよう料金体系を変えるくらいしか対策はない」。

五十代の男性経営者は、五種類あった料金体系を一月から九種類に細分化した。

宿泊税の対象となる「契約上宿泊としての取り扱い」を回避するため、宿泊以外に五時間以内の深夜休憩を設けた。

「日をまたぐ六時間以上の利用」という条件を逆手に取る方策も。

午前零時一分から午前中いっぱい利用できる「フリータイム」を、午前零時前に入室する宿泊と同じ値段で設定した。

「一部屋五、六千円に対し、二人分の宿泊税四百円は大きい。お客さんの目線に立って対応しなければ」と客の確保に工夫を凝らす。

プライバシーに配慮する事情から、宿泊人数を正確に把握できるのかという不安も根強い。

市内のラブホテルでは従業員と客が対面せずに済むよう、フロント精算ではなく個室内に自動精算機を導入し、人数に関係なく部屋代を請求するケースが多い。

料金計算するシステムも宿泊税に対応させる必要がある。

ホテルごとに料金体系は異なり、システム開発業者が変更の準備を急いでいる段階だ。

一般的には二人の一部屋利用で、二人分の課税を想定している。

ただ、客によっては二人の入退室が別々になる場合や、観光客が一般ホテル代わりに一人で利用することもある。

一律に二人分を請求すれば過大徴収の恐れも出てくる。

別の四十代男性経営者は「監視カメラは設置しているが、主に車のナンバーと人の出入りを把握するのが目的。

他の業態のように、フロントで台帳に氏名と住所を書いてもらうわけでもない」と語り、

「税金をあいまいな形で徴収してもいいのか」と悩む。

観光振興を中心にした宿泊税の使い道に対し、ラブホテル側にはいまだに否定的な見方が強い。

「そもそも観光目的でない地元客が大半のラブホテルで、なぜ宿泊税の支払い義務が生じるのか」。

疑問は晴れないまま、四月一日を迎える。

養殖ブリの5倍の大きさ

出世しすぎた25㎏のブリが卸売市場に並ぶ。、マグロのいけすでぬくぬくと成長

2019/03/10(日)

徳島市中央卸売市場で3月7日、巨大なブリが目撃された。

通常、養殖では5kg程度のブリ。

だが、この日市場にいたブリはなんと25kgで、5倍ほどの重さだったのだ。

市場で仲卸業をしている徳島魚類有限会社が、その様子をTwitterで投稿。
担当者も初めて目撃したといい、その大きさに思わず「しかしブリってここまで大きくなるものなのね」と動揺した様子をつづっている。

徳島魚類によると、当日徳島へ入ってきた巨大ブリは6本あったという。

他のマグロと並んでも見劣りしない立派な体型で、一番大きなブリが25㎏あった。

このブリは三重県のマグロ養殖いけすから水揚げされたもの。

養殖マグロは、数百匹が泳いでいる巨大ないけすの場合、注文が入るごとに数十匹を水揚げすることが多い。

だが、今回はマグロの数が少なくなってきたため、いけすの網ごと水揚げ。

すると、マグロしか養殖していないはずのいけすからまるまると太ったものを含めて、ブリが100匹ほど確認されたという。

ブリを養殖するときは、エサなどのコストがかかるため、5㎏程度になると市場に出回っていく。

徳島魚類の一新太郎常務は「正月などの祝いの日のために、10㎏程度の大きさまで育てたブリが出荷されることもありますが、そんなに数はない。だからあの大きさはまず見ることはなく、驚いた」と話した。

マグロのいけすでタダ飯を食い、ゆっくりと成長を続ける

徳島魚類によると、こうした養殖のいけすにほかの魚が紛れ込むことは珍しくないという。

「タイのいけすに入り込んで太ったアジやサバが、時期によって毎日のように市場に出回ることもある」といい、今回も出世前の小さなうちに網目をかいくぐり、エサをもらっているうちに太って出られなくなったとみられる。

25㎏級に育てるには6年ほどかかる可能性があるという。

ここまで大きくなったということは、数年間はタダ飯にありついていたということだ。

マグロのいけすに勝手に上がり込み、そのままマグロのエサを横取りして成長。

運よく水揚げされることもなく肥えたが、このたび網ごと回収されて食卓に上がる羽目になった。

出世魚ブリ、最終形態になっても成長し続けたお味は…

関東では、小さい方から順にワカシ、イナダ、ワラサと呼ばれ、ブリとなる。

関西ではツバス、ハマチ、メジロとなり、70~80cmほどでブリへ至る。

大きくなるにつれて名前が変わっていくため、「出世魚」と呼ばれ、縁起の良い日にお祝いで食べられることもある。

ブリは5㎏ほどで市場に出回ることが多く、天然のブリでは10㎏ほどのものも売られるという。

通常のブリになっても名前は変わらずブリのまま。

気になるお味について、徳島魚類の一新太郎常務は「今回のいけすから同じように出てきた20㎏級のブリをしゃぶしゃぶにして食べる動画が、三重のほうから送られてきましたが、筋張ってもおらず身はとてもきれいで大変おいしそうでした」と話した。

墓地が生活圏にある日本

墓地が生活圏にある日本、「夜に出歩くのが怖くないのだろうか…」 中国メディア「日中の死後の世界に対する感覚大きく違う」

2019/03/09(土)

日本と中国ではお墓がある場所にも大きな違いがある。

日本では墓地は寺の境内などにあることが多く、都市部では住宅地にあったりと日常生活から比較的近い場所にあるのが一般的と言えるだろう。

一方、中国では墓地は人里離れたところにあることが多い。

人が亡くなった後の「埋葬」は国や文化によって大きな違いがある。

中国ではもともと土葬の習慣があった国だが、法律で土葬が禁じられたことから近年は日本と同じように火葬が一般的となりつつあるが、実際には土葬を望む人が少なくないの現状だ。

また、日本と中国ではお墓がある場所にも大きな違いがある。

日本では墓地は寺の境内などにあることが多く、都市部では住宅地にあったりと日常生活から比較的近い場所にあるのが一般的と言えるだろう。

一方、中国では墓地は人里離れたところにあることが多いため、中国人は日本の墓地がある場所に驚きを禁じ得ないという。

中国メディアの今日頭条は6日、「日本では街の真ん中に墓地があるが、日本人は夜にであることが怖くないのか」という主題の記事を掲載した。

記事はまず、近年日本を訪れる中国人が増加しているが、日本の街中に墓地を見かけることがあり、「非常に驚かされる」と紹介。

続けて、現在墓地になっている場所の多くは古くから墓地であって、都市の規模の拡大とともに墓地の周りも住宅地になり、人が住むようになったと伝えた。

さらに、中国の墓が公営墓地であるのに対し、日本の墓地は公営だけでなく、宗教法人や公益財団法人などが経営する墓地が多いため、墓石の大きさや形は、設置者の意向を反映したものとなっていると紹介した。

一方、日本は火葬が一般的であることから、墓地の各墓の下には遺骨があることを意味すると伝えつつ、住宅地の近くに墓地があって「日本人は怖くないのだろうか」と問いかけ、日本人と中国人の死後の世界に対する感覚は「大きく違っている」と強調した。

日本人と中国人の死生観は大きく違っていて、中国人にとって死者の霊は恐怖の対象なのだろう。

もちろん中国でも先祖の墓参りはするのだが、墓地を生活圏から遠く離れた場所に設置するという点からも死や死者の霊は身近にあってはならないものと捉えていることがわかる。

(編集担当:村山健二)

自転車の聖地

【自転車の聖地】

自転車で琵琶湖を1周する人気の「ビワイチ」、人身事故が5年間で155件

2019/03/08(金)

自転車で琵琶湖を1周する人気の「ビワイチ」のルート上で、

自転車が関係する人身事故がこの5年間で155件あったことが、滋賀県のまとめで7日分かった。

県によると、1周約200キロのルート上で起きた自転車関係の事故数は、

14年40件、

15年30件、

16年36件、

17年26件、

18年23件

(滋賀県警調べ)。

事故の原因やけがの程度については把握していないという。

このうち16年6月に高島市新旭町藁(わら)園の湖周道路で発生したケースでは、大阪府の60代男性が路肩の約5センチの段差に自転車のハンドルを取られて転倒負傷。

男性に損害賠償129万円を支払う議案が、県議会2月定例会議に提出されている。

ビワイチを楽しむ人の増加に伴い、県は2015年度からルートの安全点検を行い、これまでに県道約440カ所で段差の解消や舗装の修繕を実施した。

滋賀県道路課は「引き続き定期的にパトロールして危険場所の把握と修繕に努めたい」としている。

サウナで「ととのう」ワケ 

サウナで「ととのう」ワケ 世界初の研究始まる

2019/03/08(金)

 

サウナで快感を味わう状態を愛好家たちは「ととのう」と呼びます。その「ととのう」秘密を医学的に解明する世界初の研究が始まりました。

先月発足した「日本サウナ学会」。代表理事に就任した加藤容崇さんは、帯広の北斗病院と東京の慶応大学でがんの遺伝子検査を専門とする医師です。

その加藤さんが始めたのが、サウナが体に及ぼす研究。MEGと呼ばれる脳の活動を調べる機械でサウナに入る前と後を比較し、体に起こる変化を探る世界初の試みです。

北海道帯広市にある『北海道ホテル』で、学会オススメのサウナの入り方を加藤さんに教えてもらいました。サウナに入ったらまず、温泉のお湯を壁にかけます。ここの温泉は植物成分が多いモール温泉。森の中にいるような香りが楽しめるほか、輻射熱や空気の対流で効率良く全身を温めることができるそうです。

5分ほどでサウナを出たあとは、水風呂に。入ってほどなく、サウナ愛好家が「羽衣」と呼ぶ温かい膜が皮膚の表面にできるため、冷たさをあまり感じなくなるそうです。

脈が落ち着いて10秒経ったら、水風呂を出て外気にあたります。体をよく拭いてから外に出れば寒く感じないとのこと。

サウナ、水風呂、外気浴。これを3回繰り返すと・・・心が落ち着いているが、眠くなく覚醒している、いわゆる「ととのう」状態になるそうです。

記者「ととのうとは医学的にはどういう状態?」

加藤さん「今のところ何もわかっていなくて、それを解明するのが日本サウナ学会」

日本サウナ学会ではこれから膨大なデータを解析して「ととのう」メカニズムを解明し、究極のサウナ法を探っていきます。

加藤さん「サウナに入ったときに人間の身体はどうなるのか、何が身体に良いのかという研究は案外進んでいない。みんなにとって一番良いサウナの入り方を追及していきたい」

ジップロック財布

「ジップロック財布」は非常識か…議論白熱、大きな話題に 平野レミ、パリス・ヒルトンも愛用

2019/03/07(木)

「ジップロックを財布にしてたら上司に怒られれた」(原文ママ)――こんな一文が、今ネット上でちょっとした話題になっている。

ジップロック(Ziploc)といえば、ファスナー付き袋の代表的なブランドだ。食品の保存や調理、小物の整理など、さまざまなシーンで活用される。

◇「社会人として非常識」「取引先に見られたらどうする」

上記の一文の筆者も、愛用者の一人だ。

なんとこの人物は、ジップロックのSSサイズを「財布」として使っているのだという。

ところがそれを見かけた上司は、こう叱った。

「社会人として非常識」

「取引先に見られたらどうする」

さらに、「そんな財布つかってたら合コンで頭のおかしいやつだと思われるぞ」と追い打ちをかけた。

ショックを受けたこの人物は2019年3月4日、ブログサービス「はてな匿名ダイアリー」に匿名で事の経緯を投稿、「一般常識としてジップロックを財布にするのっておかしいですか?」と問いかけたのである。

この文章は、姉妹サービスの「はてなブックマーク」でも6日までに600人以上がブックマークするなど、大きな話題に。

ツイッターでも多くの反響があったが、

「落とした時に自分のものだと証明するのがえらい難しいと思うんだけど」

「所詮ビニールで頻繁且つ長期的に開け閉めするには耐久性に難があるから財布には向かない」

「別に良いけど二度見はするかなあ。あと破れそうw」

など、首をかしげる声が続出した。

◇ あの平野レミ、パリス・ヒルトンが…

一方で、「ジップロック財布っていいよね。 軽いし」「軽量、防水。知り合いが使ってて速攻で真似た。

自転車で出るとき」など、自分も使っている、というツイートも少なくない。

実際、著名人の中にも「ジップロック財布」の愛用者が存在する。

もっとも有名なのが、エキセントリックなキャラクターでおなじみの料理研究家・平野レミさんだ。

平野さんは2010年にツイッターで、「みんなからバカにされるけど、私の財布はジップロックなの」と突然告白した。

「ふにゃふにゃでどこにでも入るし、小銭はこぼれないし、中身が一目で分かるでしょ」と使い勝手を高く評価、「この年になってやっと自分にピッタリのブランドに出会えたわ。やっぱりキッチンにあったのね!」と喜びを見せていた。

もう一人、「ジップロック財布」ユーザーとして知られるのが、米国のセレブ、パリス・ヒルトンさんである。

そのゴージャスな私生活がたびたび話題になるパリスさんだが、2009年、買い物中に目撃されたのは、紙幣や硬貨を無造作に放り込んだジップロックを財布代わりにする姿だった。

セレブの意外な側面として、当時メディアでもちょっとした話題に。

「ジップロック財布」。

さて、あなたはアリだろうか、ナシだろうか。