問われる衛生意識

便器とコップを同じスポンジで 韓国の高級ホテルでも 問われる衛生意識

中国の高級ホテルが便器用の清掃具で食器を洗っていたとのニュースが国内外で大きな反響を呼んだが、今度はソウル市内の5つ星ホテルが同様の行為をしたとして韓国内で問題となった。

朝鮮日報によると、高級ホテルの清掃員らは便器などを洗ったスポンジでコップを磨いていたとされる。

朝鮮放送のテレビクルーによる潜入取材で明らかになり、その様子が放映されたのだ。

問題発覚後、朝鮮日報は体面だけよく見せようとする高級ホテルに対して「まるで私たちの社会を見ているようだ」と報じた。

◆客室のソファから基準を大きく上回る汚染値

実態が明らかになったのはソウル市内の3つの高級ホテルだ。

外国人観光客も多く訪れるホテルで、2月9日から開幕している平昌(ピョンチャン)オリンピックで利用する客も多い。

そんなホテルで事件は起こってしまった。

部屋に設けられた隠しカメラに映った映像は、目を疑うような光景だった。

ホテルの清掃員たちはスポンジで便器や浴槽を隅々まで洗ったあとそのままコップを洗いだした。

さらに前の利用客が床に投げ捨てたタオルでコップを拭くなど不衛生極まりない行為が続いた。

また別のホテルでは清掃後の客室の調度品から公衆衛生基準を超える汚染値が検出された。

朝鮮放送のテレビスタッフがソファやリモコンなどに細菌がどの程度残っているかの汚染調査を行ったことで明らかになった。

コップからは基準値の2倍となる768RLU(RLUは汚染物質の量を示す単位)が検出。
また別の高級ホテルのソファからは、一度も使用されていないにもかかわらず、公共トイレの3倍以上となる3051RLUとの測定結果が出た。

さらにテレビリモコンは20倍以上となる8240RULとなるなど、高級ホテルとは名ばかりの結果が相次いだ。

◆中国を笑っていたが……韓国人の間にも衝撃

ホテルスタッフによるずさんな清掃実態に関しては、昨年末の中国・黒竜江省の高級ホテルが記憶に新しい。

ハルビン市内にあるシャングリラホテルなど3つの高級ホテルで不衛生な清掃が行われていた。

複数の韓国メディアも「驚愕」「イメージ台無し」などの見出しでこぞって取り上げ、衛生実態を嘆いていたところだった。

韓国全国紙の京郷新聞は、「低い職業意識が理由の1つ」とまで分析していた。

しかし、同じような問題が自分たちの国でも起こったことに対して韓国人達も落胆しているようだ。

朝鮮日報は「中国だけの問題かと思ったら私たちも同じだった。外見だけ高級に見せても、(その実態は)便器用ブラシでコップを磨いている。まるで私たちの社会のようだ」と批判した。

平昌オリンピックで多くの外国人客が韓国のホテルを利用するなか露呈した低い衛生意識。

衛生面に対してこだわりが強い日本も決して他人事ではないだろう。

ホテル側には清掃規定の見直しをはじめとして、問題を起こしたスタッフの職業意識改革が必要なのかもしれない。

韓国BTS(防弾少年団)がMステ出演に

韓国BTS(防弾少年団)がMステ出演に「反日」批判殺到。「テレ朝やスポンサーは何を考えているのかと騒動が飛び火」

2018/11/04(日)

韓国BTS(防弾少年団)がMステ出演に「反日」批判殺到。 原爆T事件最悪で、韓流アイドル「消滅」か

韓国のアイドルグループ・BTS「防弾少年団」が9日の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演することがわかった。

BTSは韓国の7人組アイドルグープで、日本のテレビでは初披露となる「FAKE LOVE -Japanese ver.-」「IDOL」の2曲を披露。

出演陣唯一の2曲披露という待遇である。

ただ、これに世間は猛反発の状況だ。

「BTSのメンバーが以前『原爆が落とされた直後のキノコ雲と、韓国国民がバンザイしている写真』がプリントされたTシャツを着ていたことで物議になりました。

これに対し韓国紙が『感情的』『揚げ足取り』『BTSの影響力を恐れている』と挑発的な反論し、さらに大騒ぎに。

ちなみに『紅白内定』ともいわれていただけに、出したら『受信料不買運動になるのでは』という懸念すらも生まれました。

ネット上では今回のMステ出演に『冗談じゃない』『反日少年団』『よく出てこれますね』『それをありがたがるファンもおかしい』『日本に来ていい人たちじゃない』と怒りの声が殺到しています。

テレ朝やスポンサーは何を考えているのかと騒動が飛び火しそうです」(記者)

「 先月30日、植民地時代に強制労働させられたとして元徴用工の韓国人4人が、新日鉄住金に損害賠償を求めた訴訟の上告審で、4億ウオン(約4000万円)の賠償を命じた二審判決が確定。

日本政府や経済界にも大きな衝撃と反発を生みました。

日韓関係も悪化する中での出演で、テレ朝近辺で暴動が起きてもおかしくないでしょう。

場合によってはBTSを最後に、今後韓流アイドルの日本出演が消滅するかも」(同)

 案外これが「見納め」になったりして……

シリア情勢の基礎知識 

シリア情勢の基礎知識 

~これくらいは知っていないと何が起こっているか解らない~

・シリアって国は、イスラエルと対立している共産国側の国

・内戦が続いていて、政府(共産側)自由シリア軍(西側)イスラム国系の三者が戦争している。

・シリア政府はロシア・中国、特にロシアから沢山武器を援助されていると言われている

・安田さんが捕まっていたとされるヌスラはイスラム国系と言われているが、ヌスラは「安田なんか知らん」と言っている

・2001年国連で「反テロ決議」がされて、どの国もテロリストに身代金を払わないことになっているが、実際は蘭仏その他欧等がかなりの金額を払っていると言われている

・どの国も「身代金を支払った」なんて言わない。カタールも正式表明無し(否定も無し)

・ただし、人権監視団等複数の団体が、3億円余りの身代金が支払われた事を指摘している。この情報は確度が高いとされ、安田さん自身も身代金は不本意と認めている

・カタールとシリアが取り決め(交渉)に従い、安田さんを解放した

・カタール高官が「日本政府がカタールに交渉・解決を依頼」と表明

・ヌスラで無いとなると、シリア政府が平和的に交渉できる謎のテロ組織という事になる

・でも、ヌスラは「身代金を人質と山分け」する事が指摘されているので、やっぱりヌスラかもしれない

・テロリストにお金が渡るので、全然内戦が終わらない。このせいで、沢山の犠牲者・死者が出ている

・「500人の囚人がいる」との安田さんの発言は誰も信じていない。本当なら、大規模な救出作戦が組まれる。

・安田さんを擁護する人は、何らかのテロ組織を援護してしまう可能性は覚悟すべき

徴用工判決の余波

【徴用工判決】

日韓ビジネス関係者「まともな国じゃないということがよく分かった」「国際ルールを守らない国は信用できない」

2018/11/02(金)

第2次世界大戦中に「徴用工として強制労働をさせられた」として韓国人4人が新日鉄住金に損害賠償を求めていた裁判で、韓国の最高裁は10月30日、原告勝訴の高裁判決を確定させた。

日韓両政府が「解決済み」としてきた問題が、一転して蒸し返された格好だ。

「国際ルールを守らない国は信用できない」。

そんな空気が日本企業の間で広がりつつあり、密接な関係にある日韓間のビジネスが打撃を受けるおそれも出てきた。

■政権や国民感情に振り回されるビジネス

1965年の日韓国交正常化に伴い締結された請求権協定で、両国とそれぞれの国民の間で「請求権」の問題は「完全かつ最終的に解決された」と確認。

2005年には、当時の韓国政府も、徴用工問題についても韓国政府が解決の責任を負う、という趣旨の見解を公表していた。

ところが2017年に進歩(革新)系の文在寅政権が発足すると、「歴史認識」で日本に厳しい対応が目立つようになり、今回の司法判断にも影響したとみられる。

この「手のひら返し」に対し30日、さっそく安倍晋三首相は「国際法に照らしてあり得ない判断だ」と記者団に語り、厳しく批判。

経団連と日本商工会議所、経済同友会、日韓経済協会の4団体も「韓国への投資やビジネスを進める上での障害となりかねず、深く憂慮している」とのコメントを共同で出した。

「政権が代わり、国民感情が変わったら、国際ルールさえ通じない事態が起きてしまう。
このままで大丈夫か。日本企業の間でそんな見方が広がれば、韓国関連ビジネスに二の足を踏むようになる可能性があります」

第一生命経済研究所の西浜徹・主席エコノミストはこう見る。

■サムスンなどへの部品輸出は成長エンジン

海を挟んで隣同士の日韓の経済関係は密接だ。

まず貿易。

日本貿易会がまとめた「日本貿易の現状2018」によると、2017年の日本から韓国への輸出額は5兆9780億円。

アメリカ、中国に次ぐ3番目の輸出先だ。

サムスンを始めとする韓国のグローバル電機メーカーなどに供給する半導体製造装置や電子部材などを中心に、輸出額全体の8%を占める。

韓国への輸出額は前年比で19.1%増え、日本全体の輸出額の伸び率(11.8%)を上回るなど、日本の経済成長のエンジンの一つだ。

輸出だけではなく、日本企業による現地の生産拠点などへの直接投資も多い。

日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、日本から韓国への直接投資額は2017年に前年比4.5%増の17億ドル(約1800憶円。国際収支ベース、ネット)。

メーカーではサムスン電子に部材を供給する住友化学、小売りでもミニストップやエービーシー・マートなど多くの日本企業が韓国で事業を展開している。

もう一つ、重要なのが観光客。

日本政府観光局によると、2017年に日本を訪れた韓国人は714万人。

中国に次いで2番目に多かった。

リピーターが多く、韓国でも人気がある日本のドラマのロケ地やアニメゆかりの「聖地」といった、定番の観光地以外の場所へも足を運ぶ人が目立つ。

停滞する国内消費を底上げしてくれる貴重な「お得意さま」だ。

■「まともな国じゃない」反感広がれば日韓とも深刻なダメージ

今回の出来事を受けて、ある日韓ビジネス関係者はこう漏らした。

「韓国がまともな国じゃない、ということがよく分かった」

朝日新聞によると、今回と同様の訴訟は韓国で14件が係争中で、80社ほどが関係している。

今回の確定判決を受け、今後賠償命令が続出したり、新たな訴訟が起こされる可能性もある。

折しもアメリカと中国の貿易戦争が過熱し、世界経済の先行きへの不安感が広がりつつある。

このうえ日韓両国の間で感情的な応酬が激化し、ビジネスへの影響が広がっていけば、双方が深刻なダメージを受けることになりかねない。

どう動くかな

どう動くかな

厳密にいえば、

日韓請求権協定は外交的保護権を放棄しただけなので、

韓国が韓国国内で日本企業や日本人に対して判決を盾にカツアゲしようと何しようと、

それ自体は協定違反ではない

ただし、日本はそれに対して、

大使館閉鎖や査証の復活と厳格化、

輸出入の制限などで制裁を取ることはできるし、

それをやっても協定内容から鑑みれば国際的に非難される可能性は低いってだけ

つまり、

今の所韓国政府自体が徴用工判決を受けた日本政府への働きかけをしていないので、

ギリギリ協定は違反していないが、

日本はやり返さないと、国際的に日本との条約や協定が軽く見られる可能性が高い

今後、

ムン政権は徴用工判決について、

日本に対しては無視を決め込む一方で、

諸外国に対しては日本の二次大戦時の非道さを訴えるプロパガンダと合わせて、

請求対象企業の資産差押えを訴えていくと思われる

これで金を取れなくても、

戦後賠償をしない日本というイメージを国際社会にアピールできれば、

ムン大統領的には満足なので何の問題もない

もちろん、

せいぜい日本は遺憾の意の発表と大使の一時帰国程度しかしないだろうという読みもしている

日本政府として取り得る策は何通りかあるが、

一番の悪手はムンの読み通り韓国にとって実害の無い抗議行動だけして終わらすこと。

これは韓国というか正にムンの思い通り

韓国にとって困る日本政府の行動は二つ

まずは、徹底的な制裁措置をとること。

ムンは日本政府が本気で反撃するとは想定していないので、

これは韓国に取って大きな痛手となる

二つ目は、日本政府から請求権協定の破棄と再賠償を持ち掛けて、

日本政府が個人に賠償してしまうこと

これをされると、韓国は日本を貶めるネタを一つ失う上に、

韓国政府自体には金が入らないので、実はかなり困る。

もちろん、これは安倍政権が日本国民からの支持を失う可能性も高い上に、

当然日本の国庫を使うので、日本側の痛手も大きい

南米の遺跡に最古のカカオ痕跡

チョコレート飲食、5300年前から 南米の遺跡に最古のカカオ痕跡

2018/10/31(水)

人々が愛してやまないチョコレート。

その歴史はこれまで考えられてきたよりも古い約5300年前にさかのぼり、発祥地も中米ではなく南米だったという調査結果を、国際研究チームが29日、英科学誌「ネイチャー・エコロジー・アンド・エボリューション(Nature Ecology & Evolution)」に発表した。

南米エクアドルの遺跡の出土品から、原料カカオの最古とされる痕跡が見つかった。

考古学者はこれまで、最古のチョコレートは3900年前ごろに中米の古代文明人たちが飲んでいたカカオ入り飲料だと考えていた。

しかし、カナダやフランスなどの研究者からなるチームは今回、現在の南米エクアドルにあり、マヨチンチペ(Mayo-Chinchipe)文明のもので最古とされるサンタアナラフロリダ(Santa Ana-La Florida)遺跡で、墓や火葬場跡から見つかった陶器の壺や石器などを調査。

その結果、カカオに含まれる苦味成分であるテオブロミンやカカオのでんぷん粒子が検出された。

でんぷん粒子があった出土品には5450年前の器もあったという。

この発見は、人類がカカオを消費していた歴史は従来の説よりも約1500年古く、その場所もアマゾン(Amazon)川上流域だったことを示唆している。

論文の共著者の一人であるフランス国際農業開発研究センター(CIRAD)の遺伝学者、クレール・ラノー(Claire Lanaud)氏はAFPの取材に対し、今回の検出物は「これまでに確認された最古のカカオの痕跡であり、南米でカカオが使われていたことを示す唯一の考古学的な証拠だ」と述べた。

研究チームのメンバー、カナダのブリティッシュコロンビア大学(University of British Columbia)のマイケル・ブレーク(Michael Blake)氏は、これらの陶器が葬祭の場から発掘されていることから、カカオは儀式で重要な飲料の原料として使われていた可能性が高いとの見解を示している。 (c)AFP

安田純平氏が語る壮絶な人質生活

安田純平氏が語る壮絶な人質生活 「泣けないからトウガラシよこせと言ってトウガラシを持ってこさせた」

2018/10/29(月)

■ネットに投稿された動画は「ゲームみたいな感じだった」

ーー韓国人のふりをしたのはどういうこと?

安田:周りに囚人がいるので、日本人であることとか、私の実名を言うと、ほかの囚人が聞いて、もし彼らが解放された後に、私の監禁場所を知っているので、
例えば日本側に通報するとか、他の組織に通報したら、彼らにばれちゃうじゃないですか。
だから実名を言うとか、日本人と言うこととかは禁止されていた。あのビデオというのは、そういうルールを守って最後まで撮れれば今日解放するかもよ、みたいな、ゲームみたいな感じなんです。

あそこの施設は中国から出てパキスタンの部隊をやっているので、あそこの施設の中では韓国人と言っていて、その前は中国人と言っていた。そこでは韓国人と言われたから、韓国人と言った。
「ウマル」というのは、拘束中に事情があってイスラム教に改宗しないといけない状況があって、そこで自分でウマルと名乗って、彼らが設定したルールに従ったのと、
泣いているバーションと、泣かないバーションを両方やれと言われて、泣けないから唐辛子よこせと言って、唐辛子を持ってこさせて自分でぬって、鼻水じゅるじゅるにして「たすけてください」と言えと言われたから言った。

うしろでがーがー言っているのは、彼らが飼っているアヒルが後ろでガーガー言っていて。
みんなで石投げてワハハと言って終わったのがあの動画ですね。自分で見ていないんですけど、何かアヒルが鳴いている声が。

ーー子どもの声も聞こえたが?

安田:アヒルの声が鳴いていないのも、撮ったのにわざわざそれを上げているのは、彼らも半分冗談で。

ーー文言は自分で考えた?

安田:いや、言わされた。いつも日付と名前と国籍、国籍イコール韓国人。彼らの求めた通り、韓国人と言った。どうでもいいというか、アップすると思っていなかった。

■「トイレの行き帰りにボコボコ蹴ってきた」24時間身動き一つしてはいけない状況も

ーー暴力は?

安田:殴る蹴るの暴行を受けることはありました。例えば日本側が彼らとの接触を絶ったあとに、彼らが私の家族と連絡をとって、私しか答えられない質問がきて、それに答えたりした。

そのあとに家族は返事してこない。家族は金払えないですから。そうすると、私が何かメッセージ送ったに違いない、みたいな話になって。

たとえば監禁場所は普通の家だったが、部屋の中にトイレないですから、彼らがトイレまで連行するんですけど、その行き帰りに、ボコボコ蹴ってきたりとか。

日本が払えそうだったのに、こいつが何かメッセージ送ったせいで、日本が連絡たったみたいな言いがかりをつけて、ボコボコやってきたんです。

やつらにはわからないようにメッセージ入れていたんですけど。金払うな、無事に帰るよ、放置しろっていうのは、日本側に送った回答のなかにいれていたんですけど。

Google変換してもわからないように、ちょっと変な日本語にしている。日本人しかわからないような書き方にしているんですけど。

「6446」で「無視しろ」とか実際やったんですけど、彼らはそんなことを知らずに、日本側が連絡絶ったのはお前のせいだと言ってボコボコやられたことある。

あと、24時間身動き一つしちゃいけないと、水浴びしちゃいけないを8か月。その間、足を延ばして寝てはいけない。寝る範囲が1.5mだけ。

それが24時間。体のどっかを触って、部屋の幅が1mしかないのに、両サイドが聞き耳たてていて、指を曲げた音がちょっとしただけでダメ。

ーー見せしめの拷問が部屋の前で始まって、すさまじい拷問を聞かされ。

安田:そういう拷問ではないけど、虐待状態というのはずっと続いて。24時間身動きしないとか無理じゃないですか。寝てる間に動いてもダメなんで寝られない。

抜粋

ラーメン屋

ラーメン屋

拠点工場で衛生管理して数店舗で温めてだすのがやはり理に適ってる

一店舗で十数時間も付きっきりでじゃ、人として生きれない

自分の人生を楽しめる時間的余裕がないと何のために店を出すのかわからなくなる

鶏ガラ、豚骨、牛骨、煮干し、アゴ、まぐろ、サバ・・・、もう皆んなある。
指出汁さえある。ゴキブリ出汁は自然にあるだろう。

動物出汁はもうネタ切れ。これからは植物出汁の時代。トマトはもうある。

おにぎりの絶対王者「ツナマヨ」誕生秘話

おにぎりの絶対王者「ツナマヨ」誕生秘話

2018/10/29

今や国民食となった「コンビニおにぎり」。

食に詳しいライターの松浦達也氏は「コンビニおにぎりの具材や形態のバリエーションは百花繚乱で日本人の食になくてはならない存在ですが、初めて売り出した40年前は見向きもされなかった。

突破口を開いたのがツナマヨでした」と話す。ダントツ1位人気「ツナマヨ」の意外な誕生エピソードとは――。

※本稿は、「dancyu」2018年11月号の特集「おにぎり。」の記事の一部を再編集したものです。

日本の「食」を変えた「コンビニおにぎり」

おにぎりといえば、コンビニである。

最大手のセブン-イレブンだけでもなんと年間22億個が売れ、国内コンビニを合計すると年間数10億個のおにぎりが売れているという。

本稿では国民食「コンビニおにぎり」の歴史を紐解きながら、その魅力を改めて考察したい。

日本に”コンビニ”が登場する1970年代まで、おにぎりは家庭で「つくる」もので、店で「買う」ものではなかった。

一部に専門店はあったものの、「おふくろの味」であり「手づくり」の代名詞だった。

もっとも1970年代、まだ黎明期だったコンビニのカウンターのレジ脇、ガラスケースに並べられたおにぎりは、客からほとんど見向きもされなかった。

セブン-イレブン社内でも「おにぎりは家庭で作るもの。コンビニで売れないのではないか」と危惧する声が大きかったという。

いまや国内で一番おにぎりを作っているコンビニチェーンでさえ、40年前には「おにぎりを買う」というニーズが読みきれなかったが、「今後食事を外で買うというニーズは高まるはず。

やる価値はある」という鈴木敏文社長(当時)の意向でおにぎりはコンビニの棚に居場所を確保したという。

いま振り返れば当たり前に思えることであっても、当時としてはリスクもあった。だが、そこにあったニーズを見極めた。さすが稀代の経営者の慧眼である。

大ブレイクの礎は「手巻き」と「ツナマヨ」だった

当初は見向きもされなかったコンビニおにぎりはいかにして国民食に成り上がったのか。

ターニングポイントは2つある。

1)新形態「包装フィルム」の登場(1978年)

最初に潮目が変わったのは、1978年のことだ。

この年、セブン-イレブンが白飯と海苔の間をフィルムで仕切り、食べる直前に海苔を巻くおにぎり――「手巻きおにぎり」を投入した。

これが当たった。

家庭で握られていたおにぎりはいまで言う「直巻き」タイプ。海苔はしっとりしていた。
対してフィルムで仕切られた海苔にはパリッとした食感がある。軽食や間食など”新食感”を覚えた子どもたちが、親に「海苔は別で巻くのがいい!」とねだる姿も見られるようになった。

フィルムはおにぎりの「形態」や「食べ方」に革命をもたらし、コンビニは「おにぎりはコンビニで買うもの」というカルチャーを国民にじわじわと浸透させていった。

絶対王者「ツナマヨ」発案のきっかけは「小学生」

2)新素材「ツナマヨ」の登場(1983年)

さらにセブン-イレブンが1983年に発売した「シーチキンマヨネーズ」が大ヒットとなる。

実はツナ+マヨネーズというこの新しい具材は、セブン-イレブンに米や具材といった材料を提供するメーカーの担当者の発案によるものだった。

当時、小学生だったメーカー担当者の息子がごはんにマヨネーズをかけるのを見てひらめいたのだという。

「ツナマヨ」はその後もロングセラー商品となり、現在ではセブン-イレブンやローソンなど大手コンビニ各社の人気ランキングでも第1位がほぼ指定席。

味付けもだし醤油や、醤油だれを隠し味に加える和風仕上げが主流となっている。

長い時間をかけて「ツナマヨ」と「おにぎり」との強固な関係は築き上げられてきた。

現在、「絶対王者」のツナマヨに死角は見当たらない。

以上、2つの大きなターニングポイントを経て2018年現在、コンビニおにぎりは完全に日本人の生活に浸透した。

歴史上、最古のおにぎりは弥生時代の竪穴式住居から出土したもの。

それから約2000年が経ち、おにぎりの舞台は家庭からコンビニへ。

そして、「手巻きおにぎり」の誕生から40年、人気1位の「ツナマヨ」のお目見えから35年。

米、具、形態に至るまで、進化し続けるおにぎり文化はコンビニがリードしている。

超進化を続けるコンビニおにぎりの今

80年代に日本人の生活に定着したコンビニおにぎりは、90年代に入ると各チェーンが競うかのように新たなバリエーションが展開されていった。

展開その1)異色おにぎり(1990年代)

90年代にはもち米をせいろで蒸した本格的な赤飯を使ったおにぎりが登場する。

サンドイッチのようにはさむタイプの「サンドおむすび」なども発売された。

展開その2)高級路線(2000年代)

価格帯にも試行錯誤がうかがえる。

2000年代に突入すると「こだわりの食材」を使った高級路線のおにぎりも定番化。

低価格帯から(おにぎりにしては)高価格帯のものまで、具の量や組み合わせも含め、バリエーションが一気に増えていく。

展開その3)食味向上(2000年代以降~現在)

高級路線と同時にベースとなるおにぎりの食味向上も進んだ。

セブン-イレブンは具材の包み方を変え(2003年)、2006年には精米方法も変更した。
2010年、米、塩、海苔、具材、包材を全面見直し。

近年の大きな変革としては、ご飯を温かいまま成型する「HOT成型」製法を2011年には「塩むすび」で開発・導入し、2015年からは同製法を直巻おむすびにも取り入れた。

そもそも、おにぎりは米が温かいうちに握るものだ。

米の主成分であるデンプンは温かいうちは粘りがあってくっつきやすい。

以前のコンビニおにぎりは炊き上げたご飯をいったん冷却してから成形していたが、冷めるとデンプンが老化(β化)して、米同士がくっつきにくくなり、米を押しつぶすようにぎゅうぎゅうに握らねばならず、食感が悪くなる。

温かいうちに成型することで、口のなかでほどける心地いい食感が得られる。

展開その4)海苔とフィルムのさらなる工夫(同上)

ほかにも、各社の創意工夫は随所に見られる。

セブン-イレブンは手巻きおにぎりに使う海苔を工場の包装形態を出荷段階から見直し、おにぎりひとつひとつのフィルム構造を見直すことで海苔のパリッと感を向上させた。

また、フィルムの形状を上の開け口の部分は内部の湿度を保ち、ごはんがしっとりとするような構造に変更。

下部の角も丸みを帯びた形状にして海苔へのダメージを少なくするなど、この2~3年でも細かいアップデートは続けられている。

大変なことになっている、コンビニおにぎりの「現在地」

展開その5)定番商品増加&もち麦(ここ数年の動き)

コンビニおにぎりの歴史は、「ツナマヨ」に象徴されるように具の多様化の歴史という側面もあった。

鮭や梅、昆布やおかかといった人気の定番に頼りきりでは、いまほどのマーケットの隆盛は望めなかったろう。

定番のアップデートとともに、新たなアイテムの投入が必要なのはすべてのビジネスに通底する。

「新定番」のラインナップも豊富になってきた。

塩だけで味付けされた「塩むすび」は、いまや全大手コンビニで販売されている。

複数の具材をひとつのおにぎりに詰め込んだ「ばくだん」おにぎりや「チャーハン」。

さらに「唐揚げ+マヨネーズ」のように一部チェーンで競合するものも含めると、定番化アイテムは爆発的に増えた。

各チェーンの独自アイテムも数多い。

「燻製仕立てのあらびきソーセージおむすび」「大きなおむすび鶏唐揚げマヨネーズ」(セブン-イレブン)

「炭火焼き鳥おにぎり」「牛すじどて煮おにぎり」(ローソン)

シールド乳酸菌入りの「明太チーズドリアおむすび」(ファミリーマート)

など百花繚乱。

ネット上では「攻めてる!」などの声も聞かれ、評価も高いようだ。

さらには地域限定の”ご当地おにぎり”もある。

北海道の「ジンギスカンおにぎり」から、沖縄の「ポーク玉子おにぎり」までおにぎりの具のバリエーションは、日々更新され続けている。

近年のトレンドで目立つのは「もち麦」「大麦」を使ったおにぎりだ。

近年、健康志向の高まりを背景に、雑穀米や発芽玄米のおにぎりが人気を博した。

現在、各コンビニの棚には豊富な食物繊維ともっちりした食感の「もち麦」の混ぜご飯系おにぎりの充実が目立つ。

以上、コンビニおにぎりのトレンドの変遷と現状のごく一部を紹介してきた。

今後もツナマヨが生き残る理由

時代を表現するキーワードに「多様化」がある。コンビニで扱うアイテムのなかでも、「少量」で「多種」に対応しているコンビニおにぎりはまさにその象徴といえるだろう。

かのダーヴィンは「もっとも強い者が生き残るのではない。最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である」と言ったが、日本のおにぎりは、2000年以上の歴史を生き抜いてきた。

日本のおにぎり界では、紅鮭のような強者も、ツナマヨのような賢者も、ベーコンやソーセージのように変化できる者も生き残る。

日本のおにぎりと、おにぎり進化論の懐は深い。

※『dancyu』(11月号)の特集「おにぎり。」では、筆者解説による「再発見! おにぎりクロニクル」のほか、築地や人形町などの「出勤前に買える9軒。グッドモーニングおにぎり」「青森・八戸におにぎり名人がいました。節子さんのすじこにぎり」「酒場の〆おにぎりは『焼きおに』か『白おに』かどっちだ?」などを紹介しています。ぜひ手に取ってご覧ください。

捕鯨の話

2018/10/28(日)

ブルーチーム 【反捕鯨国】

『米国』、インド、イスラエル、オマーン アイルランド、イタリア、英国、

オランダ、オーストリア、サンマリノ、スイス、スウェーデン、

スペイン、スロバキア、チェコ、ドイツ、ハンガリー、フィンランド、

フランス、ベルギー、ポルトガル、モナコ、ルクセンブルグ、クロアチア、

スロベニア、キプロス、ルーマニア、リトアニア、エストニア、ポーランド、

ブルガリア 豪州、ニュージーランド、アルゼンチン、チリ、パナマ、ブラジル、

メキシコ、ベリーズ、ペルー、コスタリカ、エクアドル、グアテマラ、

ニカラグア、ウルグアイ、ドミニカ共和国、コロンビア

レッドチーム【捕鯨賛成国】

『日本』、韓国、カンボジア、モンゴル、ラオス、ロシア、エリトリア、

ガーナ、ガボン、カメルーン、ガンビア、ギニア、ギニアビサウ、

コートジボワール、 コンゴ民主共和国、セネガル、タンザニア、トーゴ、

ベナン、マリ、モーリタニア、モロッコ、ツバル、パラオ、キリバス、

ナウル、マーシャル諸島、 アイスランド、アンティグア・バーブーダ、

グレナダ、セントヴィンセント・グレナディーン、セントクリストファー・

ネイビス、セントルシア、スリナム

コウモリ 中間国

オマーン、中国、デンマーク