キーレス車で相次ぐ一酸化炭素中毒死

キーレス車で相次ぐ一酸化炭素中毒死、エンジン停止と誤認 トヨタ車が約半数 米紙

2018/05/15(火)

ニューヨーク(CNNMoney) 米紙ニューヨーク・タイムズの13日の報道によると、鍵を使わずにエンジンを始動できるキーレス車で、エンジンが停止していなかったことによる一酸化炭素中毒の死者が2006年以降で少なくとも28人、負傷者は45人に上っていることが分かった。

被害者はいずれも、エンジンは停止したと思っていたという。

キーレス車はボタン1つでエンジンが始動でき、電子キーのリモコンはポケットや財布の中に入ったままになる。米国では2000年代初めごろから登場した。

2015年には、キーレス始動車が関連する一酸化炭素中毒で13人が死亡したとして集団代表訴訟が起こされたが、16年9月に訴えを退ける判決が言い渡された。

しかしニューヨーク・タイムズ紙の13日の報道は、この問題が予想以上に広がっている可能性を示唆している。

米自動車業界の標準策定団体は7年前、エンジンが停止していない場合は警告音を出すなどの対策を自動車メーカーに義務付けることを提案。

米高速道路交通安全局(NHTSA)が、この提案に沿った新しい規制案を打ち出した。

ところが自動車業界の反対に遭って、規制は今も実現していない。

2013年にはNHTSAがキーレス始動車の安全対策に関して自動車メーカー7社に対する調査に乗り出した。

しかし結論が出ないまま、調査は間もなく下火になったとニューヨーク・タイムズは伝えている。

NHTSAは今年3月の時点で同紙に対し、「調査を終え、最善策を見極めた時点で適切な措置を講じる」と説明していた。

自動車メーカーは自主的に警告音などの安全機能を装備しているところもあれば、装備していないところもある。

ニューヨーク・タイムズによると、一酸化炭素中毒による死亡事故に関連した車のほぼ半分は、「レクサス」などトヨタの車が占めているという。

トヨタは同紙の取材に対し、キーレス始動車については「連邦安全基準に準拠、もしくはそれ以上の安全対策」を講じていると説明した。

CNNMoneyも同社にコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。

血液型Aの

血液型Aの

全部A型 豊田真由子、上西小百合 、安藤美姫 、RIKACO、ざわちん、高嶋ちさ子、園山真希絵、高樹沙耶、木嶋佳苗、上田美由紀、久本雅美、大竹しのぶ、朴優樹菜、矢口真里、藤本美貴、東尾理子、浜崎あゆみ、藤原紀香、横澤夏子、偉そうなブス藤田ニコル、錦織観月あこ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

全部A型 偉そうなブス藤田ニコル、錦織観月あこ、フジ秋元優里、須藤りりか、あいのり桃クロ、オセロ松嶋、幸福の科学清水富美加、瀬戸内寂聴
不倫 自民橋本健、石田純一、Gackt、小出恵介、ノンスタ井上、押尾学、ゲス川谷、さまぁ~ず三村

ーーーーーーーーーーーーー

A型 三村、田代まさし、みのもんた、寺門ジモン、大竹まこと、金正日正恩、トランプ、フセイン、ヒットラー、ウサマビンラディン、ブッシュ麻原彰晃サカキバラこと少年Aみやぞん彦摩呂ジミー大西、元石川県議 ネットゴキブリ配信の乾、高橋ジョージヒロミ、

カヤックとカヌー

カヤックとカヌー

カヤックは、足を前方に投げだすようにして座りダブルブレードパドルで漕ぐクローズドデッキのカヌーである。

アリューシャン諸島のエスキモーが海で使用していたものから発展してきた。

グリーンランド圏では「カヤック」、アリューシャン列島圏では「ィ・キャック」等と呼ばれていたようだ。

どちらも、波をかぶっても船内に浸水しないように、狭いコクピットに座って下半身を船内に潜り込ませ、スプレースカートやスプレーデッキと呼ばれるもので腰回りと船体の隙間を塞いだり、搭乗者の着るアノラックの裾を船体に固定するなどして、水の浸入を防いでいた。

「カヌー」が基本的にオープンデッキ型を指すのに対して、「カヤック」は基本的にクローズドデッキ型を指すが、広義ではカヌーという言葉の中にカヤックを含める場合も多い。

本来、カヤックは寒冷な海での使用に基づいて発展して来たものであり、波浪の中でも沈没せず機動性を保てるように、また、搭乗者が冷たい海水に晒される危険を減らすために、クローズドデッキの形状となって進化した。

構造的にはスキン・ボート(skin boat: 獣皮ボート)と呼ばれるもので、木材や獣骨を使った骨組の上に獣皮を張って船体を作り、接合部に獣脂などで防水を施したものであった。

ちなみに、グリーンランド圏で移動や交易に使われていた「ウミアック(Umiak)」は基本的にオープンデッキのスキンボートであり、カヌーの範疇に入る。

大麻リキッド所持で初起訴

大麻リキッド所持で初起訴、「電子たばこ」の摘発困難

2018/05/13(日)

関東信越厚生局麻薬取締部が、乾燥大麻を所持したとして大麻取締法違反容疑で逮捕したヒップホップミュージシャンの男(44)が、逮捕容疑に加え、電子たばこで成分を蒸発させて吸引する「大麻リキッド」を所持していた罪でも起訴されたことが12日、捜査関係者への取材で分かった。

麻薬取締部によると、リキッドは大麻特有の臭いが少なく、外観も電子たばこ用のフレーバーと見分けにくいため摘発は極めて困難。
リキッドの所持罪で起訴されるのは初めてという。

——————

大麻の香は

俺が大麻の臭いを表現すると足の蒸れた臭い。鮮度や品質が悪いからだと言われたから他は知らん

匂いでわかる、みたいにいうけど、大麻もあんな甘い匂いなの?
下手な煙草や香水よりも目立つ匂い。

グレープフルーツとか柑橘系

燃やしたらホワイトセージに似た感じ

129キロの巨大魚水揚げ

佐井・牛滝漁港に129キロの巨大魚水揚げ

2018//05/13

青森県佐井村の牛滝漁港で大人の体長ほどある約129キロの巨大魚が揚がった。

地元で「オヨ」と呼ばれる魚で、オオクチイシナギとみられる。

水揚げした佐井村漁協所属漁船「昌福丸」(12トン)の竹内晋司さん(37)は「海で暴れる姿は、こいのぼりみたいで、テンションがマックスになった」と話す。

珍しい巨大魚を一目見ようと牛滝小中学校の子どもたちも漁港を訪れ、にぎやかな声が響いた。

竹内さんは7日、底建て網を切り上げるために父、叔父、兄と牛滝沖へ出た。

オヨは、水深約60メートルに設置した底建て網に入っていたという。

佐井村漁協によると、オヨは、20年ほど前に同村磯谷沖にある大魚(およ)島付近で多く見られたが、最近は珍しいという。

画像を確認した県産業技術センター水産総合研究所(野呂恭成所長)によると、オオクチイシナギとみられる。

県内では、かつて三厩漁協で多く漁獲されていたが、近年の水揚げは全県で年間数トン程度と推定されるという。

同研究所に残る資料によると、県内最大記録は昭和30年代に三厩漁協で水揚げされた167キロ。

野呂所長は「大きくなる魚ではあるが、129キロはかなりの大物。

相撲取りと同じくらいなのだから、地元の方がびっくりしたのもうなずける」と話した。

巨大魚は佐井村漁協に出荷され、地元の食堂が買い取った。

食堂で刺し身を食べた同漁協職員の福田忍さんは「白身で淡泊だが、脂も乗っていてうまかった」と語った。

46年間でビッグマック3万個!

46年間でビッグマック3万個! 米国64歳ギネス男の健康状態

2018/05/12(土)

ビッグマックを食べ続けるドン・ゴースクさん(スカイ・ニューズのツイッターより)

世界最強(?)の「ビッグマック」マニアとして知られるドン・ゴースクさん(64)が今月4日、地元の米ウィスコンシン州フォンデュラクのマクドナルドで3万個目のビッグマックを食べた。

未来の大統領? 4歳の男の子が始めたホームレス救済活動

元刑務官のゴースクさんは1972年5月17日からビッグマックを1日平均2個、食べ続けている。

「ビッグマックを世界で最も多く食べた人間」として2016年にはギネス世界記録に登録され、04年に公開された米ドキュメンタリー映画「スーパーサイズ・ミー」にも出演していることで有名だ。

3万個のマイルストーン突破は世界的に注目され、4日には地元の人々やメディアはもちろん、世界中のメディアがその瞬間を取材するために、フォンデュラクのマクドナルドに集まった。

写真は3万個目のビッグマックを味わうゴースクさん。英テレビ局「スカイ・ニューズ」がツイッターで公開した動画のひとコマだ。

ご存じのようにビッグマックは、2枚のビーフパテ、レタス、チーズ、ピクルス、玉ネギを3層にカットしたバンズではさみ、特製ソースをかけたハンバーガー。

マクドナルドによると、1個で563カロリー、28グラムの脂肪を含んでいる。

食事の90%はビッグマックだというゴースクさん、健康状態は大丈夫なのか?

■食べなかったのは2日だけ

6日付の米紙「ニューヨークポスト」(電子版)の記事で、ゴースクさんは「馬みたいに健康さ。

体重は190ポンド(約86キロ)、コレステロール値は165だ。

平均より良い数値だよ」と語っている。

そういえば、16年12月に亡くなったビッグマックの考案者ジム・デリガッティ氏の享年は98歳だった。

結局、健康や寿命は個人差が大きいということか?

ちなみに72年からこれまでに、ビッグマックを食べなかった日は、たったの2日。

88年に母親が亡くなった日と、旅行先でどうしてもマクドナルドが見つけられなかった94年8月13日だ。

母親からは「ビッグマックを食べなかった日に亡くなったと覚えておいて」と頼まれたという。

これからもビッグマックを食べる日々は続く。

ゴースクさんは「4万個を目指したいな。あと14年かかる計算だがね」とやる気満々だ。

日本遺産に「やませ」を申請

飽食の時代だからこそ 飢饉の歴史を/八戸市など6市町村 日本遺産に「やませ」を申請

2018/05/11(金)

文化財を地域活性化、観光振興に生かすため文化庁が認定する「日本遺産」に、八戸市など6市町が2018年度、青森県太平洋側などに吹く冷風「やませ」をテーマに共同申請している。

同市と階上町は16年度、同じテーマで認定を逃しているが、今回は特に供養塔など飢饉(ききん)の惨状を伝える文化財を多く盛り込み、やませと共生しようとした先人の知恵、教訓を学ぶ遺産として認定を目指す。

日本遺産には地域の歴史や伝承、風習などを踏まえた「ストーリー」が認定される。同市などが申請したのは「やませ物語~光と影の遺産を巡るはちのへ南部路~」。

16年度に申請した2市町に加え、三戸、南部、五戸、おいらせの4町が新たに加わった。

前回の申請後、より分かりやすいストーリーにすべきという意見があったことを踏まえ、今回は飢饉という暗い歴史にあえて着目。

「影」の遺産として、江戸時代、飢饉の餓死者を哀れんで造られた三戸町の斗内千人塚(県史跡)などを盛り込んだ。

申請書では飢饉の惨状を伝える文化財について「飽食の時代に忘れがちな先人たちの凄惨な経験と記憶を、追想する機会」をもたらすと説明している。

一方で「光」の遺産に、やませによる夏季の冷涼な気候などの影響で多様な植物が分布し「花の渚(なぎさ)」とも呼ばれる同市の種差海岸(国名勝)と階上町の階上海岸を据えた。

同市や周辺地域で行われる五穀豊穣(ほうじょう)を祈る民俗芸能「えんぶり」(国重要無形民俗文化財)や、稲作に不向きな土地のため盛んになった馬産文化を受け継ぐ郷土玩具「八幡馬」、雑穀栽培から発達した「かっけ」などの粉食文化も紹介。

構成文化財は19増の39となった。

このうち、同市の貴福山対泉院には江戸時代、有志が建立した「餓死萬霊等供養塔(がしばんれいとうくようとう)」と「戒壇石」(いずれも県史跡)があり、餓死者数や教訓などを刻んでいる。

上田祥悦住職は「碑文を読むと当時の悲惨な状況が目に浮かぶよう。

今の恵まれた時代に、地域の歴史として学ぶのは大事なこと」と申請を歓迎する。

飢饉をきっかけに江戸時代の思想家・安藤昌益が書いたとされる「自然真営道」(刊本が市文化財)も構成文化財の一つ。同市の安藤昌益資料館の三浦忠司館長は「来館者は県外からがほとんど。

グローバルな視点を持った思想家がこの地域にいたことを、地域の人たちに知ってもらうきっかけになるのでは」と期待を寄せる。

ただ、飢饉を伝える文化財は観光地や名所などとして言及されることは少なく、知名度はいまひとつ。

同市の長者山近くの天聖寺山寺霊園に立つ「山寺跡供養塔群」は、今回新たに構成文化財に加わったが、棟方昌恵住職は「供養塔だけを見に来たという人は記憶にない」と話す。

近年は、広島など歴史的悲劇の地を訪ねる「ダークツーリズム」が注目されている。

担当の杉山陽亮・市教委社会教育課主幹は「影の遺産は地域の歴史で欠かすことができないが、なかなかスポットが当たらない。

光と影の両方を知って、新しい地域の魅力として生かせるようにしたい」と狙いを語る。

文化庁によると本年度、青森県からはこのほか弘前市が単独申請している。

5月中に認定結果が発表される予定。

————————–

実際には藩外との流通禁止令という人為的理由に依るものを、山背という自然現象に帰して同情を誘い誘致とか、ちょっとその根性は間違ってるよ?

江戸時代の基金って、人為的政策ミスだからね

(ミスと言うよりも、幕藩制度維持のための、人ばしらだったと表現する方が正解)

『わき毛』 いつから「女性は処理する」ことが一般的になったのか

『わき毛』 いつから「女性は処理する」ことが一般的になったのか

2018/05/09(水)

かつて「女性のわき毛」は立派なセックスシンボルとして捉えられていた。

1952年に上映されたイタリア映画『にがい米』の主演女優、シルヴァーナ・マンガーノのわき毛に興奮したと語る男性は数多い。

日本でも日活の看板女優だった筑波久子、“和製マンガーノ”と呼ばれた松竹の泉京子らが銀幕でわき毛を晒し、男性の視線を釘付けにした。

そもそもわき毛は、わきにある性ホルモンと関係の深いアポクリン汗腺を守るためにある。

男性が女性のわき毛に惹きつけられるのは根拠があるのだ。

では、なぜ女性のわき毛は処理されて当然となったのか。

わき毛の処理が一般的になったのは1915年頃、アメリカのファッション誌で「夏服を着るならわき毛を処理しよう」という広告が出てからといわれる。

これを受けてアメリカでわき毛処理のブームが起き、程なくして日本に伝わった。

日本の一般女性がわき毛処理を始めたのは1960年代頃から。

この頃、国民の服装が和服から洋装へと変化した。

ノースリーブを着始めたことで、これまで見えなかったわきが露出するようになり、エチケットとして手入れをするようになった。

ただ、まだ現代ほどは徹底されておらず、1963年に写真家・秋山庄太郎氏が撮影したヌード写真や、当時の娯楽雑誌『100万人のよる』のヌードグラビアを見ると、わき毛のあるモデルが散見される。

現代の価値観に近づくのは1970年代後半、脱毛も行なうエステティックサロンの増加と関係が深い。

わきのみならず「女性の脱毛」がブームとなり、技術の進歩とともにわき毛の処理は常識になっていった。

そんな中、“タブー視”されたわき毛を敢えてさらすことで、自己主張しようとした女性もいた。

1986年にデビューした黒木香は、16歳以降剃っていないというわき毛を武器に活躍。

2001年には女子大生がインターネットサイト「わきげ友の会」を設立。

2005年の時点でアクセスは38万件を超えた(現在は閉鎖)。

アメリカには「男が剃らないなら私たちも剃らない」と主張する団体がある。

1970年代にわき毛グラビアを披露した、田中真理氏はこう語る。

「日本は女性がわき毛を伸ばすだけでも、戦わないといけない不自然さがある。

男はそのままでいいのに、女は常に体の手入れをしなくてはならないという男尊女卑です。

わき毛一つで男どもは何を騒いでいるんだ、というのが正直な感想(笑い)。

女性でも個人の価値観で、伸ばしたい人がいたら伸ばせばいいと思います」

果たして再び女性が自由にわき毛を伸ばせる時代は来るだろうか。

志位氏が右足骨折

志位氏が右足骨折

2018/05/09(水)

共産党の志位和夫委員長が右足くるぶしを骨折したことが分かった。

大型連休中に千葉県船橋市の自宅近くを散歩中に転倒し、全治2~3カ月。

10日の定例記者会見と衆院本会議には車いすで出席するという。

穀田恵二国対委員長が9日の会見で明らかにした。

穀田氏は「さすがに左(足)は健在だ」と不謹慎にもおどけて見せたとか。

17年に及ぶ指導教育の成果が表れるだろう。

医者の議員は言った。

もっと粗食にしないと長い樹はしないよと。

時辞通信

江戸時代の日記から

江戸時代の日記から、太陽の自転周期と雷発生の相関を発見

2018/05/09(水)

武蔵野美術大学の宮原ひろ子准教授などの研究グループは、江戸時代の古典籍に含まれる日々の天気の記録などを調査し、太陽の27日の自転周期が過去300年にわたって日本での雷の発生に影響を及ぼしてきたことを明らかにした。

太陽の活動は、よく知られている11年周期のほか、長いものでは1000年、2000年といった周期でも変動しており、地球の気候も、そうした長周期の太陽活動の変動と良く一致した変動をしてきたことが分かっている。

しかし、気象のレベルでの太陽活動の影響は、断片的にしか分かっていない。

太陽の活動の中で最も短い変動周期は、自転による27日周期だ。

自転の影響で、地球に届く光の量や宇宙放射線の量が27日周期で変化する。

このことに着目した本研究グループは、日本における気象、特に雷と、太陽活動との関連を調べた。

調査に用いたのは、『弘前藩庁日記』と『石川日記』の江戸時代の二つの文献。

これらから雷の記録を抽出し、17世紀後半から19世紀中頃にかけての約200年分の弘前、八王子、江戸における雷の発生日を調べた。

その結果、太陽活動が活発化していた年ほど、雷の発生に27日周期が強く現れる傾向が確認された。

これは、太陽の自転が気象のスケールでも重要な影響を与えていることを強く示唆している。

太陽活動と気候変動の相関は数多く見つかってきたが、本研究によって、太陽活動が気象のレベルでも確かに影響していることが示された。

今後、太陽活動が雷の発生に影響するメカニズムを解明することにより、気候予測の精度向上や、長期的な気象予測への手がかりとなることが期待されている。