伊東四朗(81)が免許返納

伊東四朗(81)が免許返納「車を手放したことで得たのは爽快感! これで事故を起こすリスクや責任から解放された」

2018/07/09(月)

日々の生活の足となり、仕事道具となるなど、長い年月を車とともに過ごしてきた高齢ドライバーが、運転をやめたり免許返納を迫られている。

そんな社会の流れに従う人、抗う人はどんな感情を抱いているのだろうか。俳優・伊東四朗(81)に聞いた。

* * *

免許を返納したのは2年前の6月。79歳の時です。

女房と自宅近くの警察署に行って2人揃って返納したんだけど、応対した警察官の愛想がビックリするほど良くてね。

「これで仕事(事故)がひとつ減る」とでも思ったのか、ずっとニコニコしていた(笑い)。

歳のせいで運転が難しくなったとか、具体的な理由があったわけじゃないんです。

今年もコントライブを半月以上ブッ通しでやったりしてますし、体力に問題はなかった。

返納しようと思ったきっかけは、75歳をすぎて世間から「後期高齢者」と呼ばれるようになったこと。
当事者にとってはショックな呼称で、「俺はもう運転しちゃいけない年齢なんだな」と思っちゃった。

それ以上に、75歳を超えると認知症の検査(認知機能検査)を受けないと免許の更新ができないのは、面倒だなと感じていました。

72歳以上になるとゴールド免許の有効期間が3年に短縮されるでしょ。

私もゴールド保持者だったけど、年齢だけを理由に期間を切り詰められるって「理不尽」ですよ。

そういうことを考えているうちに、免許の切り替え時期がきて、そのタイミングで返納を決めたんです。

車を手放したことで得たのは爽快感! だって、これで事故を起こすリスクや責任から解放されたと思ったら、心が晴れ晴れした。

これまで買い物などちょっとした用事の際に車を使っていたから、車がないと生活が不便になるかと思ったけど、そんなこともなかった。

いまの移動手段は主に電車。車だと渋滞などで時間が読めないけれど、電車は時間が正確でイイね(笑い)。

意外に思うかもしれないけど、電車に乗っても、“本物かな?”と訝る人が時々いる程度で、普通に乗れるもんです。

1962年に免許を取って中古のダットサンを22万円で買って以降、日産オースチンやグロリア、シトロエン……最後はレクサスと28台を乗り継いできました。

ひとつ分かったのは、私は車そのものより、運転している時の“独りの空間”が好きだったということ。

もう十分乗ったので心残りはないですね。

※週刊ポスト2018年7月20・27日号

成長した骨が矢を丸のみ

鹿のわき腹に刺さった鉄の矢 米国

2018/07/08(日)

ディズニー映画『バンビ』に象徴されるように、草食動物の鹿にはそれほど「強靭」なイメージはないが、米南東部でハンターにとらえられたこの一頭は、体の中に鉄製の矢が刺さったまま、何年も生きていたことが明らかになった。

これは、ユタ州の自然保護協会(Utah Conservation Officers Association)がFacebookで公開した画像で、撮影したのは鹿を仕留めたハンターの息子ロバート・ステゴール(Robert Stegall)さん。

ロバートさんの父親は約30年前、ノースカロライナ州のアンソン郡でオジロジカのオスを射殺。

たくましく健康そのものに見えたが、解体する段階であばら骨に奇妙なものが突き刺さっていることに気づいた。

よく見ると何年も前に鹿を射たボウガンの鉄製の矢が5本のあばら骨を撃ち抜いているにもかかわらず、成長した骨が矢軸のまわりを取り囲むようにして内臓を傷つけることから守っているのだ。

ロバートさんの父親は、自然の生命力に感動して、矢が突き刺さった部分のあばら骨を残してオブジェを製作し、2017年に息子の誕生日プレゼントに贈ったという。

この写真がSNSに公開されると、5万3000人がシェアし、たくさんの「いいね!」を集めた。

カナダ・トロント大学大学院で進化生物学を研究しているヤラ・ハリディ(Yara Haridy)さんは、「体内に侵入した異物のまわりで骨が成長することはそれほど珍しいことではない」と述べたうえで、肉食動物の鋭い牙に噛み付かれた骨が、牙を包み込むように成長したケースは自然界でよく見られるという。

さらに、鹿の骨の写真を見て、「ボウガンが刺さったとき、骨折したあばら骨からは大量に出血したはず」と指摘し、「血の塊は骨の欠損部分を埋めて、隙間に組織を結合させる細胞が集まって、毛細血管を再生し、骨のもととなる仮骨を作って強度を増します。

鹿に大ケガをさせた矢軸は、そのまま折れた骨の添え木の役割を果たしたのでしょう」と話している。

外気温から12度冷える提灯みたいなUSB冷風扇

外気温から12度冷える提灯みたいなUSB冷風扇

2018/07/07(土)

手軽に持ち運びできる、ミニサイズのUSB冷風扇「冷感提灯クーラー」がサンコーから発売された。価格は4980円だ。

まるで提灯のようなスタイルで持ち運びが可能という、取っ手付きのUSB冷風扇。デスクトップに置いてUSB給電で使うもよし、モバイルバッテリーに繋げば屋外でも使用できる。

通常の扇風機とは異なり、気化熱を利用して冷たい風を送る仕組み。

外からの熱い空気が水分を含んだフィルターを通り、水分が蒸発して空気の熱を奪い、冷たい風として送り出される。

有効距離は40~60cmで、外気温からおよそ5~12度ほど下がるという。

内部は気化熱を発生させるために水を含ませるフィルターと、460mlの水が入るタンクで構成されている。

タンク内の水で約4~10時間ほど冷風を送ることが可能だ。

動作電流は420mA。モバイルバッテリーを接続した場合は、10000mAh(5V/2A)の容量で約7~8時間ほど動作する。

なお、湿度が70%以上の場合は、仕組み上冷却効果が低下する点には注意だ。

販売するサンコーレアモノショップ秋葉原総本店では、好評につき早々に完売。

同店では6日(金)の再入荷を予定しているとのことで、買い逃した人はそれまでの我慢だ。


:原理が分かればよい

 

琵琶湖が氾濫注意水位超える

琵琶湖が氾濫注意水位超える

2018/07/07(土)

滋賀県と彦根地方気象台は7日午後3時35分、淀川水系琵琶湖では、当分の間、氾濫注意水位(レベル2)を超える水位が続く見込みであると発表した。

琵琶湖の琵琶湖水位観測所(大津市他)では、当分の間、「氾濫注意水位(レベル2)」を超える水位が続く見込み。

引き続き、洪水予報に注意するよう呼び掛けている。

【浸水想定地区】

氾濫による浸水が想定される地区※

琵琶湖水位観測所

滋賀県 大津市 彦根市 長浜市 近江八幡市 草津市 守山市 野洲市 高島市 東近江市 米原市

※氾濫による浸水が想定される地区については、一定の条件下に基づく計算結果での推定。

気象条件や堤防の決壊の状況によっては、この地区以外でもはん濫による浸水がおこる可能性がある。

兵馬俑はなぜ一重まぶた

兵馬俑はなぜ一重まぶた? 顔料の色落ち説、職人の手抜き説、一重まぶたが漢民族のシンボル説

2018/07/07(土)

【7月7日 CNS】中国・陝西省(Shaanxi)西安市(Xi’an)の文化的な観光資源は実に豊かだ。周、秦、漢、唐などの王朝が、この地に無数の文化遺跡を残した。

大雁塔(Big Wild Goose Pagoda)、鐘鼓楼(Bell Tower of Xi’an)、西安城壁(Fortifications of Xi’an)などがある。

だが、最も世界を揺るがした遺跡は、「世界八番目の不思議」と呼ばれる秦の始皇帝の兵馬俑(Terracotta Army)だ。

兵馬俑を見たことがある人は、その膨大さ、緻密さに感服させられただろう。

千年もの間、黙々と始皇帝を守護してきた者たちが、全員一重まぶたであることに注目している人はそう多くない。

兵馬俑の兵士が、なぜ一重まぶたなのか。実は考古学界でも、この問題は大きな論争になってきた。幾度もの議論を経て、諸説がある。

■その1・顔料の色落ち説

兵馬俑の兵士は人間を模して製造されたため、表情は実に生き生きとしており、二重まぶたも一重まぶたの兵士も存在していたと考えられていた。

しかし、二重まぶたは顔料を使用して描かれていたため、発掘された際に空気に触れ、酸化したことで顔料が色あせ、一重まぶたになったという説だ。

■その2・職人の手抜き説

二重まぶたがないのは、仕事に手抜きがあり、わざと二重まぶたを描かなかったという説だ。

ただ、この説にはあまり信ぴょう性がないように思われる。

人に模して製造された大小の陶器製の兵士に、手抜きをするためだけにまぶたを描かないことがあろうか。

秦の始皇帝が、職人に適当な仕事をさせたとも考えにくい。

■その3・一重まぶたが漢民族のシンボル説

ある専門家は、兵馬俑は芸術品であり、人を模してありのままの姿で製造されたと考えている。

そのため、兵士が一重まぶたであった原因は、当時のモデルとなった人間が一重まぶただったことに由来している。

2200年前、秦を統治していたのは、西北地域に住んでいた人々で、モンゴル人や東アジアにルーツがある人種で、相対的に単一民族だ。

この民族の身体的特徴の一つが一重まぶたであり、蒙古ひだ(目頭を覆う部分にある皮膚のひだ)があることだ。

医学用語では、「内眼角贅皮(ないがんかくぜいひ)」と呼ばれ、東アジアや東南アジアの民族に多くみられる。

晋の時代、漢民族は各地の民族と同化し、秦や漢時代のように単一民族ではなくなった。

特に、魏晋南北朝時代には、北方の遊牧民族が南下して来た影響で、漢民族は南方の土着民族と同化した。

そのため、唐時代の壁画や彫刻には、鼻が高く目が大きい胡人の姿が見られる。

一重まぶたとつり目は、漢民族の変わらぬ美意識の主流だ。

唐時代の美人画では、細い目のつり目か一重まぶたが多く描かれている。

千年の月日が流れ、秦の兵馬俑はすでに秦帝国の栄枯盛衰を忘れ、血統に関心を払う者はいない。

兵馬俑の形状や表情を通して、当時の文明や社会の様子を理解することができる。

今日に至るまで、兵馬俑は人類の歴史と文化の宝庫であり、依然として無数の神秘が眠っている。

新たな発見とその継承が待たれる。   (c)CNS/JCM/AFPBB News

TBSの犯罪

和田政宗議員「TBSが坂本弁護士のインタビューを放映前にオウム幹部に見せ、松本サリン事件では冤罪報道、メディアは猛省が必要」

2018/07/06(金)

 

オウム真理教元代表松本死刑囚の死刑執行。

こうした事件が二度と起きない社会、二度と起こさない社会を作っていかなくてはならない。

一連の事件ではTBSが坂本弁護士のインタビューを放映前にオウム幹部に見せ、坂本弁護士と家族が後に殺害され、松本サリン事件では冤罪報道がありメディアは猛省が必要

オウム真理教元代表松本死刑囚の死刑執行。

こうした事件が二度と起きない社会、二度と起こさない社会を作っていかなくてはならない。

一連の事件ではTBSが坂本弁護士のインタビューを放映前にオウム幹部に見せ、坂本弁護士と家族が後に殺害され、松本サリン事件では冤罪報道がありメディアは猛省が必要

— 和田 政宗 (@wadamasamune) 2018年7月6日

(略)

▼ネット上のコメント

・全く自浄作用が見えないので悪質なメディアには厳罰処置が必要なのでは?

・TBSはあの時点で停波にすべきでした。

・坂本弁護士一家殺害事件は忘れてはいけない

・残酷な事件で許せません!私はまだ幼稚園児でしたが、大事件で世間が騒々しかったことは記憶に残っています。死刑確定から執行までのプロセスを効率化することを望みます!

・その件に関わったとされる重要人物が参議院にいるようですが・・・

・TBSのそういった体質は今も変わっていないように思えます。電波オークションを是非お願いしたいですm(_ _)m

・今一度、TBSの責任問題を言及すべきだと思います…。TBSの無責任な行動で坂本一家が残忍に殺害され、事件をややこしくした元凶ではないですか…。今もなお、偏向報道で世の中を混乱に陥れているのだから許してはいけません。

・TBSがオウムにビデオを見せたことが始まりですからね。

・松本サリン事件で河野義行氏を犯人扱いし、坂本弁護士事件ではオウムに情報を渡した。キャスターを務めていた人間がしれっと何の反省もなく国会議員をやっている。実に許しがたい。

・法務大臣嫌な役を引き受けてくださってありがとうございます。逮捕から死刑執行まで長い月日でした。

経済制裁を緩和しない限り

北朝鮮「経済制裁を緩和しない限り、日本の要求には応じない」 ネット「効いてるならもっと締め付けよう」「日本にいる北朝鮮親派が…」

2018/07/06(金)

日本と北朝鮮による日本人拉致問題を巡る水面下の協議で、北朝鮮側が日本独自の経済制裁を緩和しない限り、日本の要求には応じられないとの考えを伝えていることが分かった。

日本政府は、制裁緩和を拉致被害者の調査再開の条件として示してきた可能性があるとみて、真意を慎重に分析している。

複数の日朝関係筋が5日、明らかにした。日本側は拉致、核、ミサイル問題の包括的な解決が前提になると主張し、協議は平行線が続いているもようだ。

北朝鮮は「拉致問題は解決済み」との姿勢を変えていないが、米朝協議が進展すればいずれ日本との本格交渉が必要になると判断し、出方を探っているとみられる。

アシアナ航空、これが機内食正常化

アシアナ航空、これが機内食正常化? 「非正常な機内食」情報提供が相次ぐ

2018/07/06(金)

「機内食大乱」5日目を迎えたアシアナ航空が5日、機内食提供のない「ノーミール(No Meal)」運航はもうないと予告したが、正常な食事が提供されていないという指摘が相次いでいる。

アシアナ航空職員によると、この日内部に向けて「ノーミールゼロ(No Meal Zero、機内食未搭載運航なし)」方針が決まった。

朴三求(パク・サムグ)錦湖(クムホ)アシアナグループ会長も前日の記者会見で「明日からは機内食のない飛行機がないように最善を尽くす」と明らかにした。

しかし、提供された機内食は正常化したとは言い難い水準だったことが伝えられた。

メニューにはプルコギ定食とあるが肉と白飯だけのものやリンゴはいつむいたのか分からないほど黄色く変色したままのものだった。

また、パンやバターなど基本的なメニューにメインディッシュはクーポンで代替されたが、これもまた航空機の安全を脅かすという指摘だ。

該当のクーポンは30~50ドル(約3300円~5500円)の免税品が買えてアシアナ航空券購入時にも使用可能だが有効期間は1年だ。

クーポンで機内免税品を買おうとする乗客が大幅に増えて乗務員が免税品販売のため忙しく危険な飛行をしているという。

アシアナ航空客室乗務員労組委員長のイ・ギジュン氏は「飛行重要段階に入る前に免税品販売を終了して安全活動をしなければならない。

だが、搭乗客がクーポンで免税品の購入を希望すれば応対しないといけない」とし「機内免税品販売を終了するのが難しかった」と伝えた。

この他にも「簡便食」に分類されるブリートを入れて提供したが、アシアナ職員2000人余りが集まった匿名チャットルームでは「小細工だ」とする声が上がった。

チャットルームでは「簡便食提供便は『ノーミール』飛行機から除外しようとしているようだ」とし「小細工して欺こうとするやり方だ」という指摘が続いた。

これについてアシアナ関係者は「今日運航する航空便79便全体で機内食が提供される予定で、このうち一部短距離路線に限りブリートなど簡便食が提供される」とし「だが、ミネラルウォーターとヨーグルト、果物、プリン、パンなどが一緒に入っている『コンボボックス』として提供するので機内食と見ることができる。

ブリートだけ提供している従来の簡便食とは違う」と説明した。

麻原らオウム死刑執行

麻原らオウム死刑執行、「このタイミング」しかなかった理由

2018/07/06

7月6日、地下鉄サリン事件などで死刑が確定していた、オウム真理教の元教祖・麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚ら7人の死刑が執行された。

上川陽子法相は記者会見で、「被害者の苦しみは想像を絶するものがある。慎重にも慎重な検討を重ねたうえで命令した」と述べたが、かねてより死刑執行の「Xデー」については、様々な憶測が飛び交っていた。

今年3月には、東京拘置所に収容されていたオウム確定死刑囚13人のうち7人が全国の拘置所(支所含む)に移送され、「執行準備か」との観測が一気に広がった。

共犯事件の死刑囚は同日に執行されるのが原則。

移送し分散させることで刑場を確保し、一斉執行に備えているという見方だ。

それではなぜ、死刑執行は「このタイミング」で実施されたのか。

「来年2019年には天皇の生前退位という一大イベントがあり、恩赦も予定されている。

再来年には東京五輪が控え、オウム死刑囚の執行は“今年しかない”との暗黙の了解が法務省内にはあったのではないか」(司法記者)

そのうえで、8月に入れば自民党総裁選の準備に政治家は忙しくなる。

9月の総裁選が終わり、内閣改造で法相が替わることがあれば、すぐに執行命令書にサインできる状況ではなくなる。

だからといって年末に近づけば目前に迫った生前退位の祝賀ムードに水を差しかねないので適切でないとの声も出てくるだろう。

これ以上先延ばししてしまうと執行の機会自体を失ってしまう、ということで、「このタイミングしかなかった」というのが実情のようだ。

信頼失った朝日新聞

「信頼失った朝日新聞 安倍―麻生の印象操作の餌食に」 ネット「印象操作をしてんのは朝日新聞」「捏造したからやで」

2018/07/05(木)

▼記事によると…

・信頼度が下がり、国民から不信を持たれる原因は、慰安婦報道や吉田調書問題など間違った報道を誤報と認めて謝るのが遅すぎるからだろう。

安倍晋三・首相と麻生太郎・副総理兼財務相にとって、隙だらけの朝日新聞は格好の標的だった。

朝日が政権批判の記事を書けば書くほど、2人は同紙の記者を翻弄することで“捏造の朝日”というレッテル貼りと自己正当化に利用した。

まず槍玉にあげたのが「安倍晋三記念小学校」報道だ。

朝日は政府が黒塗りで公表した森友学園の設立趣意書に「安倍晋三記念小学校」の記載があり、だから役所が忖度したのだという籠池証言を報じた。

しかし、その後政府が開示した趣意書の学校名には首相の名前はなかった。

麻生氏はテレビカメラの前で得意顔で朝日の記者をつるし上げた。

「この話は極めて簡単で、(総理の名前は)書いてなかったんですよ。だろ?」朝日記者が小さくなって「はい」と答えると、「朝日は『書いてある』『書いてある』って煽った口だろ、あんたのとこは」記者が黙り込むと、凄味を利かせてこう畳み込んだ。

「そうだったじゃねーか。素直に言えや」

この映像が報じられるとネットには「朝日新聞は謝罪せよ」という書き込みがあふれた。

安倍首相も「鬼の首」を取ったように国会で“誤報”だと攻め立てた。

しかし、どんでん返しが待っていた。

文書改竄問題で財務省が公表した近畿財務局の森友関連文書の中に、 〈安倍晋三記念小学校〉という記載があることが判明し、首相の名前が付いた校名を知った役所側が価格交渉で忖度した形跡が浮かびあがったのである。

だが、麻生氏も安倍首相も知らん顔を決め込み、国民にはいまなお“朝日の誤報”という印象だけが強く残っている。