立民・辻元清美氏

立民・辻元清美氏、韓国籍弁護士から「外国人献金」 夕刊フジ質問に“受け取り認める”回答 政治資金規正法に抵触する行為

立憲民主党の辻元清美国対委員長の政治団体が、2013年度から少なくとも2年間、韓国籍の男性弁護士から「外国人献金」を受けていたことが、夕刊フジの独自取材で分かった。政治資金規正法に抵触する行為であり、過去には複数の閣僚が辞任に追い込まれている。立憲民主党は最近、国会の代表質問や衆院予算委員会で、韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射問題などを取り上げない「韓国スルー」が注目されたばかり。辻元事務所は5日、夕刊フジの取材に「外国人献金」の事実を認めた。

牛伏寺縁起物語

縁起

当山は、信州松本の南東、鉢伏山の中腹、海抜千メートルの幽谷の地に位置し、山号を金峯山(きんぽうさん)、寺号を牛伏寺(ごふくじ、うしぶせ寺とも呼びます)と称する真言宗の古刹です。

寺号は、その昔、本尊十一面観世音菩薩の霊力により経典を積んだ二頭の牛が、この地で同時に倒れたことに由来します。

牛伏寺縁起物語

寺伝によると、天平勝宝七年(756年)唐の玄宗皇帝が善光寺へ大般若経六百巻を納経の途中、経巻を積んだ赤・黒二頭の牛が、この地で同時に斃れ、その使者たちが本尊十一面観世音菩薩の霊力を知り、その経巻を当山に納め、二頭の霊を祀って帰京しました。

この不思議な因縁により寺号を牛伏寺と改め、参道途中の牛堂に阿弥陀仏を中心に、赤黒二頭の牛像をまつっています。

古来より牛伏厄除観音と称し、厄除霊場として県内外に知られ、また、信濃三十三番中第二十七番札所となっており、法燈壱千三百年を今日に継承いたしております。
ーーーーーーーーーーーー

当初は「普賢院(ふげんいん)」という名前のお寺でした。

楊貴妃を妻にした事で知られる唐の玄宗皇帝に命じられて天平勝宝7年(756年)に大般若経六百巻を赤黒2頭の牛に積み、信州善光寺に奉納する途中、疲れ果てた2頭の牛が経文を積んだまま倒れてしまいました。

これを見た玄宗皇帝の使者達は、本尊十一面観音の霊力を知り、牛を山麓に埋めて帰りました。

それで「牛伏寺」と改名しました。

参道途中の牛堂には、阿弥陀仏を中心にして赤黒二頭の牛像がまつられています。牛堂の脇には、牛の形をした岩もあります。

牛伏川フランス式階段工へ行くには、牛堂の前で右側の道に進みます。

本尊十一面観音は、聖徳太子が42歳の時、国家の安泰を祈り、また自身の厄除けと多くの国民の厄難を除いて福寿増長を誓願して等身大の観世音菩薩を彫刻した仏像です。

33年に一度開帳される秘仏です。

木像十一面観音像をはじめ、8躯が国の重要文化財に指定されています。

1月の厄除縁日大祭では奥殿(収蔵庫)が公開され、重要文化財の仏像を拝観することができます。

次の30年で消えるものは? 

次の30年で消えるものは? 「パソコン」「テレビ」「タブレット端末」「Suica」

2019/02/03(日)

あと3か月あまりで平成の歴史に幕が下りる。

平成元年(1989年)とはまるっきり変わってしまった平成31年の風景。

30年先には現在の生活必需品やトレンド商品も消えてしまうのでは──。

『平成トレンド史』の著書があり、若者文化や流行に詳しい、サイバーエージェント次世代生活研究所の原田曜平・所長が予測する。

* * *

今の若者の日常にはスマホが浸透し、パソコンの必要性はどんどん少なくなってきています。

彼らはフリック入力でスマホ画面を見ずメールが打てる。

キーボード入力するパソコンは近いうちになくなるでしょう。

また、大画面をありがたがる若者も減っている。

大型テレビ、もしかしたらタブレットすら必要とされなくなる。

現在、大ヒットしているワイヤレスイヤホンも消える可能性大。

骨伝導技術の発達で、再生機を持ち歩くだけで音楽を聴ける時代がくるのでは。
SuicaなどICカード、家・車のカギも、顔や指紋や体温など本人認証技術の発展次第で消えてしまうかもしれない。

生まれた時からスマホに親しんでいる世代が作る未来は、想像もつかないものになるでしょう。

※週刊ポスト2019年2月8日号
————

仕事とかどうなるんだろうな

いまパソコンでしか作れない書類もあるだろうし

すべてがペーパーレスになるとも思えないが

結核、稲作と一緒に日本へ渡来?

結核、稲作と一緒に日本へ渡来? 5千年前の人骨に痕跡

2019/02/04(月)

結核が見つかった人骨の背骨=岡崎健治・鳥取大助教らの論文から

中国・長江流域の広富林遺跡(上海市)で、約5千年前の女性の人骨に、東アジアで最も古い結核の痕跡が見つかった。

岡崎健治・鳥取大学医学部助教、高椋浩史・土井ケ浜遺跡・人類学ミュージアム学芸員、と陳傑・上海博物館研究員らのグループが確認し、米国の学術誌「International Journal of Paleopathology」に発表した。

日本で最古の結核は弥生時代後期の青谷上寺地(あおやかみじち)遺跡(約2千年前、鳥取市)で確認されており、この感染症の拡散ルートを知る上で重要な発見と言えそうだ。

論文によると、この人骨は2010年の発掘調査で見つかった。

300基ほどある新石器時代の墓の一つに仰向けに葬られていた。

中国・長江流域における人類の農耕適応のあり方などの研究に取り組む岡崎助教らが調査し、年代測定なども含めて検討した結果、約5900~5200年前のものと判明した。

特徴的なのは、背骨の胸椎(きょうつい)と腰椎(ようつい)の一部に、結核が原因で骨が溶解・癒合する病気「脊椎(せきつい)カリエス」の症状が認められたことだ。

広富林遺跡があるのは長江のデルタ地帯にあたり、同じ地域には良渚(りょうしょ)遺跡など、広富林と同時期に盛んに稲作を行っていた遺跡が集中する。

このため、約3千年前に日本列島にもたらされた稲作文化の源にあたる場所とも目されてきた。

論文などによると、結核は縄文時代の日本列島では未確認で、研究者は弥生時代に渡来したと考えている。

今回の発見は、結核はこの地域から稲作文化とセットで日本にもたらされた可能性を示唆するという。

アジアでは韓国やベトナムでも水田稲作の導入期に地域で最古の結核が確認されている。

中橋孝博・九州大学名誉教授(人類学)は「結核は日本人に大きな影響を与えた病気だが、それが稲作農耕文化と当初から深い関連があることがわかった意義は大きい。

今後、具体的な伝来ルートの解明が進むのでは」と話す。

(編集委員・宮代栄一)

AI特許出願件数


日本企業6社がベスト10入り AI特許出願件数

2019/02/02

AI=人工知能。

スピーカーやロボット掃除機など、近年私たちの生活に身近になってきたA I。

このAI技術は、人手不足の解消など働く現場での活用も期待され、世界中で開発がすすめられている。

1月31日、国連の世界知的所有権機関=WIPO が、初めてAI技術の特許に関する報告書を公表した。

AI特許の出願件数をみると、IBM、マイクロソフトと、アメリカ企業が上位2位を占めたが、3位に東芝、5位にNECがランクインするなど、日本企業が上位10社のうち6社を占めた。

報告書によると、AI関連の特許申請は2013年以降に集中していて、これまでの申請は34万件以上に上る。

中でも最も急速に増加しているのが、音声認識システムなどのディープラーニングと呼ばれる技術で、2013年から約20倍増加したという。

60年前、謎の遭難死

自然現象が原因か=60年前、謎の遭難死-ロシア

2019/02/02(土)
【モスクワ時事】ロシア最高検察庁は1日、旧ソ連時代の1959年2月にウラル山脈で起きた謎の集団遭難死について、雪崩や暴風など自然現象が原因という見方が強まったと最新の見解を明らかにした。

登山グループの若い男女9人が不可解な死を遂げ「ディアトロフ峠事件」と呼ばれ、出版物や映像作品で今も謎解きが続いている。

最高検報道官は「遺族やメディアが検察に真実究明を求めている」と述べ、地元検察が昨年9月から再捜査を開始したと説明。

死亡原因について75件の可能性の中から3件まで絞り込まれ、雪崩や暴風など「いずれも自然現象に関連するものだ」と語った。

犯罪の可能性については、証拠がなく「完全に排除されている」と指摘。

3月に検事らが現場を訪問し、その後に最終的な鑑識作業を行って原因を特定する。

(2019/02/02-07:53)
—————————–
「ディアトロフ峠事件」

捜索と発見

一行が登山を終えてヴィジャイに戻り次第、ディアトロフが速やかに彼のスポーツクラブ宛に電報を送ることになっており、おそらく2月12日までには電報が送られてくるだろうと予想されていた。

しかし事前にディアトロフがユーディンに、もう少し遠征が長引くかもしれないと話していたこともあり、2月12日が過ぎて連絡がなかったにも関わらず、誰もこのことに特に反応しなかった。

こうした遠征では数日の遅れは付き物だったためである。

2月20日になってようやく、一行の親族たちの要請で、ウラル科学技術学校はボランティアの学生や教師からなる最初の救助隊を送った。

その後軍と警察が腰を上げ、救助活動はヘリコプターや航空機を投入した大規模なものとなった。

2月26日、捜索隊がホラート・シャフイル山で、酷く損傷して放棄されたテントを発見した。

テントを発見した学生、ミハイル・シャラヴィンは「テントは半分に引き裂かれ、雪に覆われていました。

中には誰もおらず、荷物はテントに置き去りにされていました」と述べている。
調べによると、テントは内側から切り裂かれていた。

8つないし9つの靴下の足跡、片足だけ靴を履いた足跡、そして裸足の足跡が、近くの森(谷の反対側、1.5キロメートル北東)に向かって続いていたが、500メートル進んだところで、雪に覆われて見えなくなった。

捜索隊は森のはずれの大きなヒマラヤスギの下で、下着姿で靴を履いていないユーリー・クリヴォニシェンコと、ユーリー・ニコラエヴィチの遺体、そして焚き火の跡を発見した。

木の枝が5メートルの高さまで折られていたことは、彼らのうちの1人が木の上に登って、何か(おそらくキャンプ)を探していたことを示すものだった。

捜索隊はさらにヒマラヤスギとキャンプの間で、ディアトロフ、ジナイダ・コルモゴロワ、そしてルステム・スロボディンの3人の遺体を発見した。

遺体はそれぞれ木から300メートル、480メートル、630メートル離れた位置で別々に見つかり、その姿勢は彼らがテントに戻ろうとしていた状態で亡くなったことを示唆していた。

残り4人の遺体を探すのにはさらに2ヶ月を要した。

残りの遺体は、ヒマラヤスギの木からさらに森に75メートル分け入った先にある渓谷の中で、4メートルの深さの雪の下から発見された。

4人は他の遺体よりまともな服装をしており、これはどうやら最初に亡くなったメンバーが、自分たちの服を残りの者たちに譲ったらしいことを示していた。

ゾロタリョフはドゥビニナの人工毛皮のコートと帽子を被っており、同時にドゥビニナの足にはクリヴォニシェンコのウールのズボンの切れ端が巻かれていた。

粽を食べる日

端午の節句は粽を食べる日

その起源には古い物語がある。

今から二千数百年前の中国は戦国時代で,楚の人屈原は王族の一員として活躍していたがねたまれて失脚し,湘江のほとりをさまよい泊羅(べきら)に身を投じた。

その死を嘆いた人々は供物の米を川に投げ入れる。その時むき出しの米では竜に食べられてしまうので茅で包んだ。

屈原の命日が5月5日だったので,この日を五節句の一つ端午の節句として,粽を食べる習慣ができたとのこと。

また端午の節句に柏餅も食べるが,柏の葉は枯れても枝から離れない。

このことから武家をを中心に「子孫繁栄」の縁起物として広まったものである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中国のちまき

中国において、ちまきは水分を吸わせたもち米を直接葦の葉で包み、茹でる、もしくは蒸す方法で加熱して作る方法が主流である。

米と一緒に、味付けした肉、塩漬け卵、棗(なつめ)、栗などの具や、小豆餡などを加えることが多い。

特別なものでは、アワビやチャーシューを包んだものもある。

形は正四面体が多いが、直方体、円筒形のものもある。

中国北部では甘いちまき、南部では塩辛い味のちまきが好まれるが、そうした違いは南北との交流が盛んになった現在では少なくなってきている。

ーーーーーーー

歴史(中国)

中国の伝説では、楚の愛国者だった政治家で詩人の屈原が、汨羅江(べきらこう)で入水自殺した後、民衆が弔いのためのほか、魚が屈原の亡骸を食らって傷つけないよう、魚に米の飯を食べさせるため、端午の節句の日(端午節)にササの葉で包んだ米の飯を川に投げ入れたのが起源とされる。

このため、中国などで端午の節句に食べる習慣がある。

実際の考証でも、2000年あまり前の戦国時代には出現していたと考えられる。

西晋(3世紀)の周処は『周処風土記』に「仲夏端午、烹鶩角黍。」(夏の端午の節句に鶩角黍を調理する)と記しており、粽のことと考えられる。

ーーーーーーーー

日本のちまきの歴史

承平年間(931年 – 938年)に編纂された『倭名類聚鈔』には「和名知萬木」という名で項目があり、もち米を植物の葉で包み、これを灰汁で煮込むという製法が記載されている。

元々は灰汁の持つ殺菌力や防腐性を用いた保存食であった。

その後、各地で改良や簡略化が行われ、京では餅の中に餡を包み込んだり、餅を葛餅に替えるなど独自の物も出来て来た。

現在は柏餅と並ぶ端午の節句の供物として用いられる。

『伊勢物語』(五十二段)、「人のもとより飾り粽 おこせたりける返事に、菖蒲(しょうぶ)刈り 君は沼にぞまどひける 我は野に出でてかるぞ わびしき」とあり、昔は菖蒲の葉も用いたようである。

種類

日本では、包むのに使う葉はチガヤ、笹、竹の皮、ワラなど様様である。

江戸時代、1697年(元禄10年)に刊行された本草書『本朝食鑑』には4種類のちまきが紹介されている。

1.蒸らした米をつき、餅にしてマコモの葉で包んでイグサで縛り、湯で煮たもの。クチナシの汁で餅を染める場合もある。

2.うるち米の団子を笹の葉で包んだもの。御所粽(ごしょちまき)、内裏粽(だいりちまき)とも呼ぶ。

3.もち米の餅をワラで包んだ餡粽(あんちまき)。

4.サザンカの根を焼いて作った灰汁でもち米を湿らせ、これを原料に餅を作りワラで包んだ物。朝比奈粽(あさひなちまき)と呼ばれ、駿河国朝比奈の名物というが、これはもう作られていない。

このうち、1は新潟県の「三角ちまき」など現在でもよく作られるちまきである。

うるち米の粉で餅を作った後、これをササの葉やマコモの葉で包む。

これを茹でるか蒸籠で蒸らして作る。そのままか、もしくは4に準じた食べ方をしている。

2は現在の和菓子屋で作られる和菓子のちまきの原型であり、現在の餅の原料は葛に代わっている。端午の節句に作る店が多い。

3の飴粽(糖粽とも書く)は、餅が飴色になっているため、この名があるという。詳細は糖粽売の項目を参照。

4は、灰汁(あく)による保存と品質維持を期待した保存食の一種。きな粉や砂糖を混ぜた醤油で食べる。

このほか、新潟県で笹団子と呼ばれる、笹で包んで両端をワラで結んだ形状のものも茨城県常陸太田市ではちまきと呼び、名物となっている。

また、ちまきとは呼ばず端午の節句とも無関係であるが、月桃の葉で包んだムーチーと呼ばれる類似の菓子が沖縄にある。

土星の1日の長さが判明

土星の1日の長さが判明、太陽系で唯一謎だった 環との「共鳴」から自転の周期を計算

2019/01/29(火)

■土星と環との「共鳴」から自転の周期を計算、最新研究

土星を取り巻く繊細な環。美しいのはもちろんだが、魅力はそれだけではない。
信じられないような科学的な事実も打ち明けてくれるのだ。

このほど天体物理学の学術誌「The Astrophysical Journal」に、環に生じる波を利用して、土星の1日の長さを解明した論文が発表された。

論文によると、土星の1日は10時間33分38秒であるという。

科学者たちはこれまで、土星の1日の長さがわからないことを何十年も歯がゆく思っていた。

これは重要な発見だ。

「太陽系のどの惑星についても、1日の長さは根本となる特性ですから」と、
NASAの土星探査機カッシーニのミッションに参加していた米アイオワ大学の物理学者ビル・カース氏は言う。

惑星の1日の長さを知ることは、その重力場や内部構造を解釈するのに役立つ。

「自転の測定が困難な惑星は土星だけです」と言うのは、SETI研究所の上級研究員マシュー・ティスカレーノ氏だ。

地球のような岩石惑星なら、表面の特徴を追跡すれば自転速度がわかる。

また、木星、天王星、海王星はガス惑星だが、自転軸に対して傾いた磁場を持ち、自転とともにそれがふらつくため、それを利用して自転速度を計算できる。

対して、土星は非協力的だ。

まず、土星はガス惑星なので、追跡できるような表面の特徴はない。

また、複数の観測により、土星の磁軸は回転軸とほぼ完全に一致していて、自転による磁場の変化が検出不可能なほど小さいことが確認されている。

土星を取り巻く環はどのようにして形成されたのだろうか?

土星の衛星は何個あるのだろうか?

かつてクリスチャン・ホイヘンスやジョヴァンニ・カッシーニも観察した巨大なガス惑星のすばらしい画像の数々を紹介する。(解説は英語です)

■太陽系のドラムセット

この難問を解く方法はなかなか見つからなかったが、米カリフォルニア大学サンタクルーズ校で天文学と天体物理学を学ぶ大学院生のクリストファー・マンコビッチ氏らの研究チームが名案を思いついた。

氷と塵からできた土星の環は、静かな場所ではない。

土星のまわりを回る衛星が近くを通り過ぎるときには、その引力により大小の波が立つ。

環の波は、土星の深部にある物質が振動するときも生じる。

質量の移動により、土星の重力場に変化が生じれば、環に及ぼす引力も変化するからだ。

これは、ドラムセットのスネアドラムが、ほかの楽器に共鳴して音を立てる現象に少し似ている。

「その振動を音として聞くことはできませんが、土星は楽器によく似ているのです」とマンコビッチ氏。

「楽器のように、土星の『音』は、大きさ、形、組成、温度など全体の構成によって決まります」
————————

土星の一日は10時間33分38秒

水星の一日は58日15時間30分30秒

金星の一日は243日0時26分(地球とは逆回転)

地球の一日は23時間56分4秒

火星の一日は24時間37分23秒

木星の一日は9時間55分30秒

天王星の一日は17時間14分24秒(地球とは逆回転)

海王星の一日は16時間6分36秒

金星なんでそんなに自転遅いんだ

子ヤギがシマウマの背中に

… 最近は毎日 静岡 東伊豆町

2019/01/30(水)

静岡県東伊豆町の動物園で、子ヤギが一緒に飼育されているシマウマの背中に飛び乗るようになり、観光客を楽しませています。

東伊豆町の観光動物園「伊豆アニマルキングダム」では、去年5月に生まれた「マーコール」という種類のメスの子ヤギ「きなこ」が、一緒に飼育展示されているシマウマの背中に去年の暮れから飛び乗るようになり、2週間ほど前からは毎日飛び乗っています。

「マーコール」は中近東の山岳地帯に生息し、ジャンプ力が優れているのが特徴で、「きなこ」は体重が17キロほどですが、高さ1メートルほどのシマウマの背中に軽々と飛び乗ります。

シマウマも、子ヤギを背中に乗せても平気な様子で、「きなこ」はシマウマの狭い背中で足を滑らせながらもバランスをとって立っていました。

訪れた観光客は「かわいいですね」とか、「なかなか見られない光景だね、子ヤギとシマウマのふれあい方がいいですね」などと話しながら写真を撮っていました。

QBハウスが「1000円カット」をやめる事情

【10分・1000円・カットのみ】

QBハウスが「1000円カット」をやめる事情 2月1日から1200円へ

2019/01/29(火)

カラーリングもパーマもシャンプーもない、ヘアカット専門店「QBハウス」を日本で初めて手がけ、理美容業界に革命を起こしたキュービーネットホールディングス。

そのキュービーネットが2月1日、カット料金を1080円(税込み、以下同)から1200円へと、約1割引き上げる。

【図】店舗数は国内500店以上に伸びたが・・・

..ttps://tk.ismcdn.jp/mwimgs/f/a/700/img_fa76b8f918b2e7256ac98b38074abb60232114.jpg

カットの速さと安さを売り文句に顧客の支持を集め、「デフレの優等生」とも呼ばれる同社は、なぜ今値上げに踏みきり、「1000円カット」の看板を下ろすのか。

キュービーネットは1995年に設立した平成生まれの企業だ。

翌1996年、「QBハウス」1号店を東京・神田に構えて以降、直営を中心に次々と店舗網を拡大。

今では、北は北海道から南は沖縄まで、34都道府県で552店を展開する(2018年6月末時点)。

ヘアカット専門業態の店舗数で業界2位とされるサン・クエストの「サンキューカット」は277店(国内店/同年11月28日時点)。

キュービーネットはその2倍と断トツである。
.
■コンビニより店は多いが、理美容師が不足

少子高齢化で市場縮小が進む日本以外のビジネス拠点を求め、2005年にはシンガポールと香港へと進出。

2012年に台湾、2017年には米ニューヨークでも出店し、海外店舗は119店に達した。

国内外で合計671店、年間2000万人超の来客者を誇る同社は、2018年3月に東証1部上場を果たしたのである。

直近の2018年6月期の売上高は192億円(前期比7.3%増)、営業利益は16億円(同9.2%増)。

1975年設立の田谷(2018年3月期の売上高105億円、営業赤字0.4億円)や、

美容室チェーン「アッシュ」を展開するアルテ サロン ホールディングス(2017年12月期の売上高75億円、営業利益5.2億円)といった、

理美容関連の上場企業の業績を圧倒する。

既存店の月次売上高も、2017年7月から2018年12月までの18カ月のうち、17カ月で前年を上回るなど好調だ。

一方で、理美容業界は目下、深刻な問題に直面している。

理美容室は全国に36.8万店ある(厚生労働省調べ)。

コンビニエンスストア(5.6万店、経済産業省調べ)の6倍超で今も漸増傾向だが、理美容師の新規免許登録は1999年の3.3万件から2.0万件に減少。

平均年収が全産業平均の432万円(2017年)に対して300万円を下回るとされるほか、長時間労働などを理由に理美容師を目指す人材が減っている。

厚生労働省によると、理美容師を含む「生活衛生サービス」の有効求人倍率は4.55倍で、全産業平均の約3倍だ(2018年11月)。

「スタイリストをいかに集めていくか、退職率を下げるかが課題だ」

キュービーネットの北野泰男社長は、そう危機感を語る。

スタイリストの採用と育成、そして待遇改善に向けた資金確保が、カット値上げを決断した最大の要因なのである。

同社は独自の研修制度「LogiThcut(ロジスカット)」を、スタイリスト育成事業として展開している。

専門学校の卒業生やブランクのある元・理美容師、未経験者を対象に、カットや接客の技術を指導し、6カ月で店頭デビューさせることを目指す。

拠点は東京・大阪・名古屋に加え、2018年7月には福岡でも開校した。

値上げによる増収分を原資に、投資を加速する公算だ。

しかし、値上げが増収につながる保証はない。

キュービーネットは値上げによる影響で、2019年2月~6月の客数を前年比6%減と予想、「最短1年、遅くとも3年で元の水準に戻す」としている。

ただ、同社が先鞭をつけたヘアカット専門業態は、新規参入が相次いでおり群雄割拠だ。

値上げをせずにカット1080円を継続する同業他社も少なくない。

■問われる「1200円」という価値

店舗数で業界3位級のジャパンプロデュースサービスが展開する、「カットファクトリー」もその1つだ。

同社の店舗管理責任者を務める林田護氏は、「『1000円カット』が1つのブランド。

現状で値上げは考えていない」という。

2月以降は業界首位のキュービーネットと約100円の差が生まれるが、「優位に立てるのならありがたい」と言い切った。

そのうえライバルは、ヘアカット専門業態だけではなくなる。

1/29(火) 7:50
東洋経済オンライン