田村亮出演番組の再放送中止

NHK、闇営業参加した田村亮出演番組の再放送中止

日刊スポーツ新聞社

2019/06/19

NHK定例放送総局長会見が19日、都内で行われ、木田幸紀放送総局長が、振り込め詐欺グループの忘年会に、事務所を通さない闇営業で参加したとされるロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)がレギュラー出演するBS1「ラン×スマ 街の風になれ」(水曜午後9時)の対応に言及した。

木田氏は「『ラン×スマ』の再放送を控えています」と語り、15日の放送予定だった再放送を取りやめたことを明かした。

さらに「我々のほうでも正確な事実関係が把握できないので、調査中という段階ですので当面の編成措置としてそうしている。

今後、事実関係を把握できたところで改めて判断したい」と話した。

今後、出席したとされるタレントの起用を控える可能性には「事実関係次第です。現状、あのような報道があったわけですから、タレントさんたちがいろいろと主張をされている。どちらがどうなのかというのは把握したうえでないと、正確な判断ができない。もう少し調査をしっかりしていきたい」とした。

NHKによると、この日19日の放送は元々予定されておらず、26日の放送をどうするかは検討中とした。

田村亮は8日ツイッターで「お金を受け取ってなかった、知らなかったからといえ詐欺グループの忘年会への参加してしまった行為を深く反省しております。ご迷惑、心配、不快な思いをした方々、本当に申し訳ありませんでした」など謝罪していた。

雷とは

雷がゴロゴロと長くて低い音で鳴る理由は?カギは稲妻の形にあった!

雷の音って、あらためて考えると不思議なことがいろいろありますよね。

例えば、比喩として「カミナリを落とす」という言葉がありますけど、近くに落雷があった時って、まさにそんな感じ。カッとして烈火のごとく怒っているみたいな。

一方、遠くの雷鳴の場合は、ゴロゴロゴロと静かに怒りを貯めているようなイメージ、があります。

この雷の音の違い、全く別モノのような印象なのですが、もちろん、もとを辿れば雷という同じ現象から発生した音のはず。本当に不思議です。

—–

私が昔から雷の音について抱いていた大きな疑問とは……

?稲妻は一瞬なのに、雷鳴の音が長いのはなぜ?

?近くの落雷だと カッ と甲高い音なのに、遠くの雷鳴だと ゴロゴロと低い音がするのはなぜ?

?均一な音でなく、なぜゴロゴロと響くの?しかも雷によって鳴り方が違うのはなぜ?

今回は、これらのナゾについて考えてみたいと思います。

「雷様のおなかが鳴っているんだよ」という答えではもう納得できないアナタ、ぜひお付き合いくださいね!!
—-

雷鳴の音が長いのはなぜ?

A.雷の放電路がランダムに広がるので、各部分から音が伝わるのに時間差が生じるからです。

雷の進行方向はランダムにあっちいったりこっちいったりするので、観測者から各放電路までの距離はある程度幅があることになります。

観測者が最初に聞く音は、近くの放電路から到達した音であり、次々とより遠くの放電路からの音が届きます。

各放電路はつながっていますので、音も長くつながって聞こえます。

音速を秒速350mとしますと、仮に観測者からの距離が3.5kmの範囲で不規則に迷走した雷からは、単純計算で10秒間の雷鳴が聞こえることになります。

特に夏場には雲の間で放電が起こる雲間雷の割合が多くなるのですが、これは雲底に沿って比較的長い距離で放電しますので、地面に落ちる対地雷より時間差が大きくなるものと考えられます。

また、長い距離の間にはいろいろなものに反射したり、屈折したりして到達するでしょうから、その影響も少しあるかもしれません。

つまり、家の中で手をたたいてもほぼその直接の音しか聞こえませんが、広い体育館などでは複雑に反射・共鳴して残響音が長く聞こえるようなことです。

雷の場合も、山や建物による反射や、大地と空との間での反射などにより残響が生じると考えられます。

とはいえ、この残響の影響はさほど大きくないでしょうね。

遠くの花火の音でも多少は残響音が聞こえますけど、雷みたいに何秒も長引いていないですから・・・
—-

.遠くの雷だと低い音がするのはなぜ?

A.雷の衝撃音の中には、もともといろんな周波数の音が混在していて、遠くには低い周波数の音だけが伝わるからです。

落雷地点近くで聞こえる鋭い破裂音は高い周波数が支配的となってに聞こえているのです。

遠くで聞こえる「ゴロゴロ・・・」というのは低い周波数の音が聞こえているんですね。

音というのは距離とともに減衰していきますが、周波数が高い方が減衰が大きいという特徴があります。

また、音が長い空間を伝搬する間には、減衰だけでなく、障害物による反射や屈折などの影響を受けます。

高い周波数の音は直進性が高いため、よりその影響を受けやすい(障害物の陰に回り込みにくい)という特徴もあります。

これらは雷の音に限った話ではなくて、一般的な音の性質です。

こうした性質により、遠くから伝わってきた雷鳴には低周波成分だけが残っていて、低い音として聞こえるのです。

————

均一な音でなく、なぜゴロゴロと響くの?しかも雷によって鳴り方が違うのはなぜ?

A.放電路は大小さまざまな長さ、方向の直線状放電路から成り、ジグザグに曲がったり、枝別れしたりしているからです。

短い点状の放電路だと、そこで発せられる衝撃音は指向性がなく、減衰しやすいのですが、その点が直線状につながった放電路から放射される音は直進性が高く、進行方向に対して減衰しにくいという特徴があります。

ですので、放電路がジグザグに曲がったり、枝分かれしたりすると、指向性の向きが不連続となり、観測者に聞こえる大きな音が不規則に到達します。

電子レンジにステンレス製のボウルやマグカップを入れても

電子レンジにステンレス製のボウルやマグカップを入れても大丈夫?

「ステンレス製のボウルやマグカップは電子レンジでチンしても大丈夫なのでしょうか?」

このような疑問を持っている方も少なくないようですが、結論からいってしまうと、

電子レンジはステンレスなどの金属類は使用することはできません。

電子レンジはマグネトロンからマイクロ波を照射することで調理物の水分子を振動させ熱を上昇させますが、マイクロ波は金属には吸収されず反射され、マグネトロンにマイクロ波が多く戻ってしまうため、マグネトロンの温度上昇が大きくなり、マグネトロンに負担がかかってしまいます。

またこれによって、スパークが発生して火花が散ったり、電子レンジが故障してしまう原因になってしまう可能性があるので、金属製のものは電子レンジに入れて加熱してはいけないのです。

————–

電子レンジにアルミホイルを入れると火花が出る理由!なぜ使えない?

先日、電子レンジにアルミホイルを入れてチンしていたら、庫内で火花らしきものが出ていたのですぐ電子レンジを止めた…ということがあったのですが、

「電子レンジにアルミホイルを入れてしまうとどうして火花が出てしまうのかしら?」

と疑問に思った私は、早速、この原因について調べてみたところ、

私と同じ疑問を持っている方も少なくないようだったので、今回は、電子レンジでアルミホイルを使うと火花が出る理由や、なぜアルミホイルは電子レンジで使えないのか?

電子レンジから出るマイクロ波は金属に吸収されず反射されてしまうため、スパークが起こってしまうからということになります。

なので、そもそも電子レンジは金属製のものを入れる事はできないのですが、アルミホイルも当然金属なので、電子レンジでは使用することができないというわけだったんですね

ちなみに、一部に金や銀の装飾がされている食器も電子レンジで加熱することができないので注意してください。

中国から英まで1万2000キロを日

中国から英まで1万2000キロ…貨物列車の第1便がロンドン到着
2017/01/19(木)
中国沿海部の浙江(Zhejiang)省と英ロンドン(London)を結ぶ国際貨物列車の第1便が18日、ロンドンに到着した。

中国が掲げる現代版シルクロード(Silk Road)構想「一帯一路」の一環として西欧との貿易関係の強化を図るもので、1万2000キロを18日間かけて走破した。

ドイツ鉄道(Deutsche Bahn)のロゴが入った黄色と赤の列車は、衣類などが入ったコンテナ24個を載せ、元日に浙江省の工業都市、義烏(Yiwu)を出発。

カザフスタン、ロシア、ベラルーシ、ポーランド、ドイツ、ベルギー、フランス、英仏海峡トンネル(Channel Tunnel)を経由し、ロンドン東部バーキング(Barking)に到着した。

中国から英国まで延びる国際鉄道輸送網は中国国営の鉄道運営企業、中国鉄路(China Railway)が構築した。
空路より安価、海路より速いという触れ込みで、ロンドンは接続された都市として15番目。

世界最大の貿易国である中国は2013年、アジアとロシア、欧州の貿易関係の強化などを目指し、陸上の「一帯」と海上の「一路」からなる現代版シルクロード構想を発表した。

タンカー攻撃、吸着機雷はなぜあの位置だったのか

タンカー攻撃、吸着機雷はなぜあの位置だったのか

2019/06/16

(数多 久遠:小説家・軍事評論家)

2019年6月13日、ホルムズ海峡付近で石油タンカー2隻が攻撃を受けました。

そのうちの1隻は日本の海運会社が運航するタンカーでした。

まだ情報は少ないものの、このタンカー攻撃についてかなりのことが判明してきました。

以下では、軍事的な観点をベースに、誰が、なぜこのようなことを行い、何を狙っていたのか、5つの疑問に答える形で考察してみたいと思います。

1】攻撃に使用された武器は?

当初、魚雷や砲撃という情報もありましたが、使用された4発(2隻に2発ずつ)の内の1発が不発となったことから、吸着機雷(リムペットマイン)であったことがほぼ確実です。

攻撃を受けた2隻とも、片舷の中央と艦尾付近という非常に計画的な攻撃を伺わせる位置であることからも、間違いありません。

ミサイルであれば、このような偶然が起きる可能性は、恐らく万に一つもありませんし、砲撃だったのなら、攻撃した船舶が発見されているでしょう。

吸着機雷は、ダイバーが停泊している船の船底に爆薬を取り付け、離れてから爆発させることで船を沈める水中兵器です。

ただし、今回は喫水線上に取り付けられました。

これは航行中では船底にダイバーが取り付けることが不可能であったことが1つの理由でしょう。

不発となった現物が回収されていれば、どのようなタイプの吸着機雷が使用されたのか明確になるところでしたが、事件発生日の夜に、何者かが回収してしまいました。

それでも、攻撃されたタンカーの写真を見ると、かなり大きな破口が生じていることが確認できますし、本来の攻撃態様である水中での爆破であれば、さらに大きな破口を生じさせることを考えれば、即席で製作されたものではなく、兵器としてしっかりと製造したものであろうと思われます。

この吸着機雷の設置は、その後何者かが不発したものを除去した時と同様に小型船舶で接近し、並行して航行しながら、磁力で取り付けたのでしょう。

ただし、ここで1つ疑問が生じます。

2隻とも吸着機雷がかなり上の位置に取り付けられているということです。

航行しているタンカーの喫水線下、つまり水中に仕掛けることはほぼ不可能ですが、水面近くに取り付けることはさほど難しくないはずです。

破口が喫水線付近に生じれば、タンカーには浸水が発生し、より大きな被害をもたらした可能性もあります。

大型タンカーのため、沈没にまで至った可能性は低いと思われますが、浸水が発生すれば、より大きな被害を与えることができたことは確実です。

それを行わなかったということは、攻撃を行った者の目的がデモンストレーションだったのだと思われます。

【2】米軍は不発弾回収ボートをなぜ撮影できたのか?

4発の吸着機雷の内、1発が不発となったことは、かなり早い時間帯で把握されたことでしょう。写真も残っています。

上で指摘したとおり、この不発弾を回収すればかなりの情報が判明するはずですが、吸着機雷は、原理的には非常に簡単な兵器です。

それなりの工業力があれば作ることはたやすいため、不発弾だけでは、攻撃者の特定には至らないかもしれません。

それを踏まえ、今回、米軍は罠を張った可能性があります。

付近に米軍艦艇を近づけないでおけば、攻撃者が、証拠を取られることを恐れて回収にくる可能性があると踏んだのでしょう。

米軍は、夜間監視能力のある無人機を滞空させ、監視体制を取りました。

結果的に、攻撃者はこの不発弾を小型ボートで回収に訪れ、それを米軍に撮影されました。

米軍が公開した映像から、専門家はイランの革命防衛隊が使用するボートと同じだと指摘しています。

また、偵察能力の露見となるため、米軍はそこまで公表していませんが、公開された映像のその後を、米軍が追いかけていないということはあり得ません。

回収を行った小型ボートを追跡し、どこの港、基地に向かったかまで確認したことは間違いないでしょう。

トランプ大統領は、イランの仕業だと発言していますが、この回収に使われたボートの追跡結果を踏まえての発言だと思われます。

イランがシラを切り続ければ、これらも公開されるかもしれません。

6月14日、シャナハン米国防長官代行は、関係国に機密情報の開示を行う可能性について言及しています。

また、産経新聞が掲載した元イラン革命防衛隊司令官であるホセイン氏のインタビューでは、ホセイン氏は、イラン南東部を根拠地とする反政府組織「ジェイシ・アドリ」などが攻撃した可能性を指摘していますが、これは不発弾を回収したボートがイランの港まで追跡されたことを認識した上での発言でしょう。

【3】攻撃者は誰か?

米軍による映像公開も含め、アメリカの陰謀だとする方もいますが、その可能性はまず考えられません。

であるならば、上記の不発弾回収を行ったボートが追跡されたことを踏まえ、攻撃者はイラン国内の誰かだと言えます。

相当の軍事能力を持つという点を踏まえれば、候補は、イラン軍、革命防衛隊、「ジェイシ・アドリ」などの反政府軍事組織しかありません。

イラン軍と革命防衛隊の違いを知らない読者もおられると思うので、簡単に解説しておきましょう。

イラン軍は、イランの正規軍であり、自衛隊や米軍などと同列の存在です。

特殊なのは、革命防衛隊です。

革命防衛隊は、正式にはイスラム革命防衛隊と呼ばれる軍事組織です。

革命防衛隊は、ホメイニ師らによるイラン革命の後に創設されました。

その目的は、パーレビ国王の影響が抜けていないイラン正規軍によるクーデターから革命後の体制を守るためでした。

他の国の内務省軍や軍警察のように国内の治安維持や他国からの干渉を防ぐ意図で国境警備なども行っていますが、正規軍のクーデターを防ぐという目的もあって、創設以後、拡大が続き、現在では正規軍と大差ない装備を持つようになっています。

ただし必ずしも戦力として強力というわけではありません。

報道では、「精鋭部隊」などと報じられることもありますが、ホメイニ師や、その弟子である現在のイランの最高指導者であるハメネイ師などに対して強い忠誠心を持っていることを指してそう呼ばれると捉えてよいでしょう。

戦闘方法も、強力な兵器で正面から戦うというよりも、今回のタンカー攻撃で使用された小型ボートのように、テロに近い不正規戦、非対称戦を得意とする組織です。

正規軍と革命防衛隊の能力的な違いを見ても、今回タンカーを攻撃したのはどちらの可能性が高いかと言えば、当然、革命防衛隊が怪しい、となるでしょう。

他方、「ジェイシ・アドリ」などの反政府軍事組織の可能性も、今に至っては低いと言えます。

今回のタンカーへの攻撃自体は、反政府組織でも実施可能でしょう。

小型ボートと高度な兵器とは言い難い吸着機雷、それに艦船の情報を手に入れるためのインターネット環境があれば実行可能です。

しかし、攻撃後に行われた不発弾の回収は、こうした反政府組織では困難です。

自衛隊でも、不発弾回収は高い能力を持った不発弾処理隊が行っていますし、何より、こうした武装組織程度では、タンカーの周囲に米軍艦艇などの脅威が存在しないことをレーダーなどで確認することができないためです。

つまり、消去法的にイスラム革命防衛隊による攻撃だったと推定できるのです。

ただし、革命防衛隊が組織的に行ったとは限りません。

革命防衛隊は、ハメネイ師の強い指導下にありますが、そのハメネイ師が安倍首相と会っている最中に攻撃を行うことを革命防衛隊の司令官が命じるとは考え難いためです。

ハメネイ師の指導下にあることから、革命防衛隊が実行したのではないと言う論者もいますが、総数12万人を越え、ハメネイ師などよりもさらに強硬な思想を持つ者も多い組織であるため、いわゆる跳ねっ返りが暴走する余地は十分にあります。

かなり昔の話ですが、筆者はこの革命防衛隊の影響を強く受けるテロ組織、ヒズボラの兵士たちに会ったことがあります。

筆者の印象としては、彼らは規律などの面で“軍隊”と呼ぶには疑問を持たざるを得ない兵士でした。

【4】動機は何か?

革命防衛隊の一部が今回の攻撃を行ったと考える場合、彼らに十分な動機があるかどうかは考慮する必要があるでしょう。

トランプ大統領は、イランへの批判を強め、今年(2019年)5月には、核合意から離脱し、イランに対する経済制裁の再開を宣言しています。

これは合意の一方的な破棄と言えるため、イランの穏健派であるロウハニ大統領もトランプ大統領に強く反発しました。

このアメリカの核合意離脱を発端として、アメリカ・イランの関係は急速に悪化し、現在ではアメリカによるイラン攻撃さえ噂される状況となっています。

この状況にあって、安倍首相が双方の仲介に乗り出したところです。

ハメネイ師がアメリカとの交渉を拒否したと報じられていますが、同時に核兵器を製造も保有も使用もしないと発言しており、イランとしては容易な妥協はできないものの、指導部が、これ以上のアメリカとの対立激化を望んでいないことは明らかです。

それは、安倍首相への熱烈な歓迎ぶりを見ても容易に理解できるでしょう。

イランの穏健派を中心として、安倍首相が双方の対立を収めてくれることを願っているのです。

しかし、それを良しとしない強硬派は存在します。

彼らが、安倍首相による仲介に対して、警告を与える意図で今回の攻撃を行ったことは、十分に考えられます。

そして、実際にそうした思想の持ち主が、革命防衛隊の構成員には多いのです。

吸着機雷が喫水線のかなり上に取り付けられていたのも、必要以上の被害は与えずに警告を与える目的だったと考えれば理解できます。

攻撃が行われたタイミングが安倍首相の訪問時だったことも、やはり警告として理解すべきでしょう。

【5】アメリカと日本はなぜ“様子見”なのか?

今回の攻撃に対して、日本政府はもとより アメリカもイランによるものだとして非難しています。

とはいえ、タンカー攻撃という非常に危険な軍事行動であるにもかかわらず、それほど強い調子で非難はしていません。

タンカー攻撃が革命防衛隊の一部強硬派による警告だったとしても、それはイラン指導部の考えとは言えません。

それどころか、この攻撃による国際的なイラン批判が、イラン国内の穏健派、強硬派の綱引きに影響を与える、それも良い方向に影響を与える可能性も考えられます。

現在は、証拠を小出しにしながら、イラン指導部の反応を伺いつつ、穏健派が強硬派を抑えることを期待しているのではないかと思われます。

しばらくは、情勢を注視する必要がありそうです。

————

魔法かな?

魔法かな?40種類の果物を実らせる木を作り上げた男性(アメリカ)

2018年07月06日

農家で産まれたサム・ヴァン・アクン博士は、現在、アメリカ・ニューヨーク州シラキュース大学の芸術学科教授を務めている。

彼の最も有名な高い功績は、農業経験を生かし、一本の木を芸術の域へと転化させえた「40種類の果物がなる木」だろう。

10年前、閉鎖予定の果樹園を買い取る

2008年頃、アクン博士はニューヨーク州農業研究所の果樹園が資金難により閉鎖することを知った。

果樹園では数多くの植物が育てられており、その中には樹齢150から200歳にも及ぶ長寿の木々もあったそうだ。

もし果樹園が閉鎖したら、これらの植物は失われてしまうかもしれない。

そう危惧したアクン博士は、果樹園を買い取りある計画を進めた。

彼は翌年、壮大なる計画をスタートさせた。

果樹園の植物を集め「全ての果実を一本の木で実らせる」という計画だ。

開花時期でグループ分けをして木々を移植

およそ250種類の果樹があった。

アクン博士はまず全ての木々を季節毎に分け、開花時期を計算して小さなグループで統合を始めた。

2年後、にある程度木々が育ってくると、「チッピング移植」という手法で木々を統合しはじめた。

チッピング移植は、親となる木に子となる木の枝を部分的に移植することで親の木に子となる木の果物が実るようにさせる技術だ。

テープで移植部分を固定し、冬を越させる事でチッピング移植は完成するのだという。

5年かけて40種の果実が実る木が完成

アクン博士は5年という時間をかけ、ついに40種類の果実が実る木を完成させたのである。

その魔法の木は一見すると他の木と変わらないが、春が来ると桃色・白色・赤色・紫色と数多くの色彩を魅せる。

実りの季節になると桃・スモモ、杏子、チェリーを実らせ、夏にはアーモンドも収穫できるという。

しかも、これらの果物は全て一般的ではない特殊な品種だそうだ。

特殊な種子を守る特別な木

美しいだけではなく、特殊な果物の種を守るという観点から、この魔法の木は高い評価を受けている。

基本的に果物の品種が世に回る時、果物の寿命、見た目、大きさ、味の順番に審査されるという。

この為、世に出回る果物の品種はごくわずかで、例え「とても美味しい果物」が出来ても、「とても栄養価の高い果物」が出来たとしても、全体的にバランスがとれていなければ世に出回る事はないのである。

アクン博士によると、この魔法の木は現在20種類近くあるそうで、アメリカ全土に点々と展示されているそうだ。

で、食べられるの?おいしいの?

と言う話になってくると思うが、アクン博士によると、この木になる40種の果実のすべてがおいしく食べられるという。

果実は異なる時期に実を結ぶので、取れすぎちゃって食べきれないなどということはないようだ。

前に1本の木に50種のリンゴを実らすことに成功した話をお伝えしたが、いろんな果物がいろんな時期に楽しめるこの木もいいな。

・なんと!1本の木に50種類のリンゴを実らすことに成功(イギリス) : カラパイア

バナナの食べ頃はいつ?

健康にもっとも良いバナナの食べ時期を科学的に検証。

ほとんどのバナナは輸入品で、植物検疫法の関係上、青く硬い状態で日本に輸入される。
人によってはまだ熟す前の青いバナナが好きだったり、適度に熟している方が好きだったり、完全に熟れきったバナナが好きだったりといろいろあると思う。

そういった好みはさておき、バナナは熟れるにつれて栄養価が変化するのをご存知だろうか?ここでは体に良いバナナの食べ頃ってやつを科学的見地から見ていこう。

バナナの中に含まれる酵素は、熟するにつれ、でんぷんを糖分に分解し続けている。

その為、完熟バナナはほとんどのでんぷんが糖分に分解されているので消化にもよい。

ただし、いくつかの研究によれば、バナナが熟れる過程でビタミンやミネラルは減少してしまうそうだ。

冷蔵庫に入れておいた方がいいのはそのためだ。

日本の研究者が最近面白い研究結果を発表した。

バナナは熟れるにつれて、抗酸化物質と抗がん特性が増加するのだそうだ。

黄色い皮の上に黒い斑点(シュガースポット)ができている完熟バナナには、異常な細胞と戦うTNF(腫瘍壊死因子)という物質が含まれている。

抗がん特性はシュガースポットの色が暗いほど強いらしい。

さらに完熟バナナは緑色のもぎたてバナナの8倍も免疫システムを高める効果があることも明らかとなっている。

結論として、一番体に良いバナナは完熟バナナということになる。

だが、もしあなたが2型糖尿病を患っていたり、血糖値の急激な上昇を避けたい事情があるのなら、完熟バナナにナッツバターを塗るといいだろう。

こうすることで脂肪が血流への糖分の吸収を抑えてくれるという。

もしくは、まだ緑がほんのり残っているハーフグリーン、ハーフイエローのバナナもお勧めだ。

偉そうな人を茶化して庶民の溜飲を下げさせろ!

偉そうな人を茶化して庶民の溜飲を下げさせろ!芸人を安倍批判の道具にする青木理と関口宏の発言に批判が殺到

2019/06/15(土)

9日放送のサンデーモーニング(TBS系)内で、ジャーナリストの青木理が、安倍総理大臣と面会した吉本興業所属芸人を批判し、物議を醸している。

番組では安倍総理が6日、西川きよしを筆頭とする吉本興業所属芸人と面会する様子を取り上げる。

その際、西川きよしが安倍総理に「衆参同日(選挙)あるのかい?」と冗談めかして話す模様が放送された。

これを見た青木は、

「お笑いタレントの方々が、ああいう形で首相に会うとかね。以前、新喜劇に首相を呼んだりとかね。最近、首相の動静を見てると、アイドルタレントの人達と食事されてるとかね、ご自由なんですけれども。

芸能とかお笑いの人達っていうのが、権力との距離の取り方っていうかね、本来は政治とか権力とか、偉そうな人とかってのを茶化してお笑いにするって、庶民が溜飲を下げるってのが、僕は芸能の本来の姿なんじゃないかと思ってるので、なんかちょっとその距離感も少しおかしいんじゃないですかって言う事を、小言みたいですけど一言だけ言いたいなと思いました」

などと、安倍総理と面会した西川きよしら吉本興業所属芸人や、5月に食事を共にしたTOKIOらについて猛批判を展開する。

これに関口宏も、

「笑いの原点は風刺でね。チャップリンって人がどう生きたかみたらわかるんだろうけど…」と同調した。

この発言に、一部ネットユーザーが激怒。

「安倍総理と仲良くしただけで批判されるのはおかしい」

「権力者と友好な関係を築くことがなぜいけないのか」

「会って話をしたくらいでそこまで言いますか?」

「総理大臣は芸能人と仲良くするなということですか?」など、批判が相次ぐ。

また、

「勝手に芸能の定義を決めるな」

「芸能にはいろいろな形がある」などとの声

「首相が誰と会おうと自由」という怒り

「安倍総理が本当に権力を濫用する人物ならあなたはメディアに出ることすら許されない」

「安倍総理も国民で憲法に定められた人権を持っている。誰々と会うなとは人権弾圧だ」
という過激な意見もあった。

批判の一方で、

安倍総理に批判的な人々からは「よく言ってくれた」

「安倍総理と会う芸能人って権力にすり寄ってるだけだよね」

「嬉しそうな顔をして不愉快だよね」など肯定的な声もあった。

青木は、その意見が度々「偏っている」と批判されている。

今回の発言内容については賛否両論で、安倍総理や芸人を批判する「精神」も論理ももっともなのだろうが、毎回青木の発言について、安倍総理の振る舞いと同等、もしくはそれ以上の批判がネット上で挙がっていることも事実であり、他人を批評する立場の人間がそれを無視することはできないだろう。

..ttps://news.livedoor.com/article/detail/16595381/

■参考サイト デイリー新潮

お笑いイコール風刺ではない

「お笑いは反権力であるべきだ」といった主張は茂木氏に限らず目にすることが多い。

こうした主張にたけしは一定の理解を示しながらも、こう語る。

ビートたけし

「でも、お笑いというのはもともとピエロなんだ。

ピエロのルーツは道化師で、中世ヨーロッパの宮廷に仕えて、王様のお抱えだった。

王様をネタにして笑いを取るんだけど、

一方で、媚を売っているところもある。

つまり笑いを取る=権力批判かというと、そうは単純じゃない。

芸人には、もともとそういった両義的な部分があって、ただ単に笑いのネタにすれば、立派な社会批判になるかというとそうではなくて、ネタにして笑い飛ばしながら、愛嬌振りまいているところがある。

そのことはまず押さえておいた方がいいと思う」

皇室批判は?

さらに、イギリスの公共放送であるBBCでは、王室も笑いのネタにしているが、果たして日本で同じことができるのか、と問う。

それを許容するのだろうか、と。

ビートたけし

「皇室をネタにするのはダメだけど、政府ならばいくらでもOKというのは、ダブルスタンダード。それだと不公平になる」

日本ではかつて皇室風刺の作品がもとで人が亡くなる不幸な事件が起きたことがある。

イスラム圏でも、同様の事件が起きている。

その是非は別として、それぞれのお国柄を考慮しないで、

単純に「権力をネタにしていない」と外野が批判するのは、「やっぱりちょっとおかしい」と言うのである。

千両みかん

「小原紅早生」1箱250万円!

2019/06/15(土)

国内で栽培される温州みかんのうち最も色が赤いと言われる香川特産のみかん「小原紅早生」の初競りが高松市で行われ、最も高いものは1箱で250万円の過去最高の値がつけられました。

小原紅早生は昭和48年に坂出市で見つかった、突然変異で皮が濃い赤色になったみかんを
接ぎ木によって増やしたもので、産地名が含まれた農産物などを国が登録・保護する
「地理的表示保護制度」の対象に県内で初めて登録されました。

県内では高松市などの6軒の農家がハウス栽培していて、14日朝、高松市中央卸売市場で、収穫されたばかりの小原紅早生が今年初めて競りにかけられました。

JA香川県によりますと、今年は晴れの日が多く湿度が低かった影響で、ハウスで収穫されたみかんの糖度が高いということで、競りでは一箱2.5キロ入りが3500円ほどで次々と競り落とされ、ご祝儀相場で250万円と過去最高の値がつくものもありました。

250万円で落札した青果卸売業者の山下賢也さんは「令和元年ということで、香川のオリジナルブランドを全国にアピールできればよいなと思い奮発して買いました」
と話していました。

ハウス栽培の小原紅早生は8月上旬までに28トン収穫され、高松や東京などの卸売市場に出荷される予定だということです。

首都機能停止!?

首都機能停止!? 今やスタンバイ状態の富士山が噴火するXデーは…

2019年06月14日

日本が世界に誇る名峰「富士山」。

ユネスコ世界文化遺産に登録され、国内外から多くの観光客が訪れる日本一高い山だが、かつて大噴火を何度も起こしてきた活火山であることは忘れられがちだ。

最後の1707年に発生した「宝永噴火」では、噴火が16日間も断続的に続き、火山灰は遠く房総半島にまで達した。

雪のようにも見える白い火山灰は10日以上も降り続き、外は昼間でも薄暗くなったそうだ。

そんな富士山が、宝永噴火から300年以上経った現在、いつ噴火してもおかしくない「スタンバイ状態」に入っているという。

そう警鐘を鳴らすのが、本稿で紹介する『富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸のマグマ(ブルーバックス)』(鎌田浩毅 /講談社)だ。

本書を読むと、火山学の第一人者として富士山を長年見続けてきた著者が、なぜ今のタイミングで、富士山の噴火を懸念しているのか理解することができる。

■東日本大震災で富士山の状況が一変

富士山は噴火を繰り返して現在の高さになった「活火山」だが、江戸時代から令和を迎えた現在まで300年以上にわたって平静を保ってきた。

しかし鎌田氏によると、2011年の東日本大震災によって、富士山の状況は一変したという。

東日本大震災の4日後には、富士山でも震度6強の直下型地震が発生した。

その影響で富士山のマグマだまり直上に、重大な異変が起きた可能性があり、火山学者は全員肝を冷やしたという。

鎌田氏は、この時に「もはや富士山はいつ噴火してもおかしくない『スタンバイ状態』に入った」と思ったそうだ。

さらに、火山学者の懸念材料となっているのが、2030年代に起こると予想されている南海トラフ巨大地震だ。

実は、宝永噴火の直前にも、南海トラフでマグニチュード9クラスの「宝永地震」が発生している。

富士山が噴火したのは、その49日後だった。

南海トラフ巨大地震が、300年マグマを貯め続けた富士山噴火の引き金になる可能性も大いにある。

■火山灰により都市機能が停止する

過去の歴史を見ても、富士山が噴火すれば被害が甚大となることは避けられないだろう。
本書冒頭には、現代社会で富士山が噴火した場合に想定されるシナリオを「20XX年 富士山噴火」と題してシミュレートしている。

それによると、富士山の麓では、噴石の直撃によって約1万3600人、また「泥流」と呼ばれる土砂の流れで、最大7200人が死傷するという。

さらに、富士山から約100km離れた首都圏でも、火山灰が停電やシステム障害を引き起こし、都市機能が停止する。

到達した火山灰が送電線に数ミリ積もるだけで、街灯や信号機は止まり、交通が麻痺してしまう。

また、飛行機は、火山灰がエンジンに入り込むと墜落の恐れがあるため、南関東の全空域で飛行停止になり、空港が閉鎖されるなどの被害が発生する。

現時点ではあくまでフィクションだが、実際に富士山が噴火すれば起こり得ることとして、火山学者は警戒している。

本書では、海外の噴火被害についても紹介している。

噴火した山は、火山灰や溶岩流、噴石などさまざまな噴出物を撒き散らす。

アメリカ・ワシントン州にある「セントヘレンズ火山」という活火山は、1980年に123年ぶりの噴火を起こし、火山灰を大量に降らせた。

風に乗って火山灰は遠く運ばれ、自動車やエアコンのフィルターを目詰まりさせたり、建物に侵入してコンピュータや精密機器を故障させたりした。

また、住民は何日もの間、外出時にマスクを着用しなければならなかったという。

本書が描くシミュレーションのような事態が実際に発生しているのだ。

■ハザードマップをチェックして来たる噴火に備える

富士山噴火が、私たちが生きているうちに起こると考えて、地震と同じように対策を考えておくべきだろう。

その助けになるのが、「ハザードマップ」だ。富士山用に作成された一般配布用マップには、住民がいつどのように行動をとるべきか書かれている。

また、富士山を訪れる人に向けた「観光客用マップ」も用意されているので、富士登山などを計画している人は事前にチェックしておこう。

最後に、鎌田氏は読者をいたずらに不安にさせたいわけではない。

「本書をきっかけに、富士山に関する最先端の科学を学び、富士山を正しく恐れる知識を身につけながら、人を惹きつけてやまないその魅力についても再認識していただきたい」
と述べている。

本稿では富士山の恐ろしい一面を紹介したが、活火山は元来、温泉や湧き水など多くの恵みをもたらしてくれる存在でもある。

100以上の活火山がある日本に住む私たちだからこそ、本書を通じて、さまざまな面に目を向けてみてはいかがだろうか。

文=逢沢凪